car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

次期パジェロを予告するConcept GC-PHEVが東京モーターショー2013で発表予定

次期パジェロは2015年の市販化予想でプラグインハイブリッド搭載

東京モーターショー2013の開催が、いよいよ来月に迫った。そのなかで三菱自動車は、次期パジェロを予告するコンセプトモデルを出展するのではと、かねてから噂となっていたが、これについて公式に発表があった。

コンセプト GC PHEV 次期パジェロ

写真は三菱が今回発表した「MITSUBISHI Concept GC-PHEV」と名付けられたモデルで、東京モーターショー2013への出展が正式に決まった。次期パジェロを意図するコンセプトカーである。

次期パジェロへの搭載が予想されるパワートレイン、ディーゼルHVも有りか?

次期パジェロに搭載されるパワートレインはプラグインハイブリッドとなる。既にアウトランダーPHEVで市販化されている直4 2.0Lのガソリンユニットを中心としたシステムをベースに、排気量やモーター出力、バッテリー容量をアップさせた新開発プラグインハイブリッドシステムの搭載が予想される。

(写真はアウトランダーPHEV)
アウトランダー PHEV

次期パジェロの全長は5m前後になることが予想され、PHEVという上級パワートレインを搭載させることで、レンジローバーイヴォークのようなハイブランドSUVをライバルとするようなモデルが想定される。

(写真はレンジローバーイヴォーク)
イヴォーク 2013フランクフルト

また今年2013年3月に開催されたジュネーブモーターショーで、三菱はConcept GR-HEVとしてディーゼルハイブリッドシステムを提案していた。これは次世代ピックアップトラックのボディに、2.5Lディーゼルエンジン+1モーターによるハイブリッドシステムを搭載させたモデルであったが、当然このパワートレインが次期パジェロへ採用されることも期待される。

(写真はConcept GR-HEV)
GR-HEV ディーゼルハイブリッド

次期パジェロの想定される市販時期は2015年。現行パジェロは2006年から発売されており、9年でフルモデルチェンジを迎えることになるだろう。

コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント