car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

三菱がパジェロミニの生産を6月に終了すると発表

パジェロミニがラストラン、最終特別仕様車を発表

三菱自動車は、パジェロミニの生産を今年2012年の6月を以って終了すると発表した。
また、パジェロミニの最終モデルとなる特別仕様車「Premium Selection ~Final Anniversary~ (プレミアムセレクション ファイナルアニバーサリー)」が販売される。

パジェロミニは、1994年12月に初代モデルの販売が開始され、翌年1995年には販売台数が10万台を突破するなど大ブレイク。その後、1998年には軽自動車規格の改訂に合わせてフルモデルチェンジを受けて大型化が行われた。以降マイナーチェンジでフェイスアップ等が行われるものの、大きく仕様を変えずに現行モデルに至る。
初代モデルと合わせた累計販売台数は、現在48万台に達している。

パジェロミニ、後継車の予定は無し

パジェロミニは、軽自動車という限られた規格内で、90年代のSUVブームのボトムを支えたわけだが、2011年の販売台数は8150台と、月間販売台数が1000台に大きく届かない状態が多く続いていた。最近ではSUVブームの沈静化とともに、軽自動車のトレンドはワゴンRやタントのような室内の広い、パッケージング優先のモデルが人気となっていた。
パジェロミニのフルモデルチェンジを待望する声も多かったが、三菱自動車の経営体力と国内販売力では実現は難しく、1998年の2代目デビュー以降はフルモデルチェンジされることなく、14年ものあいだ販売が継続された。

三菱の新型軽自動車としては、次期モデルのeKワゴンの計画があるが、パジェロミニの実質的な後継車となる新型SUV車種のデビュー予定は無い。

パジェロミニ 特別仕様車 プレミアムセレクション ファイナルアニバーサリー
(パジェロミニ、プレミアムセレクション ファイナルアニバーサリー)

今回発表されたパジェロミニの最終特別仕様車が、三菱の軽SUVを買える最後のチャンスになるかもしれない。
パジェロミニ、プレミアムセレクション ファイナルアニバーサリーの価格は168万円。
発売日は2012年3月26日となっている。

#1 匿名さん2019/08/10(Sat)20:31:15ID:g1Yjk2ZDzO
復活希望

名前(任意)
コメント