car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

次期コルト(三菱)の画像と口コミ評価

次期コルトは超スモール

2012年の発売を目標に開発が進められている三菱のコンパクトカー(次期コルト)のコンセプトモデルが発表された。
5人乗り仕様ではあるものの、現行コルトより小型化されたボディはさらにコンパクトになり取りまわし性は抜群。
しかし、軽自動車規格を少し上回るサイズのクルマが日本で売れるのかは難しいところ。
販売先としては主にアジア新興国をメインターゲットとしているようだ。

軽自動車に近い車体サイズ

次期コルトの予想車体サイズは全長3400mm×全幅1600mmとされている。全高は1500mm前後になる。
一方で、軽自動車規格の車は全長3395mm×全幅1475mmが多い。
全長方向については軽自動車とほぼ同じで、全幅方向は12.5cm余裕がある。
5ナンバーサイズ車の全幅が1700mm未満であることを考えると次期コルトはかなり小さな車といった印象だ。

コンパクトカーとは呼べない

次期コルトは小型化されるわけだが、軽自動車に近い車体サイズでは、もはや「コンパクトカー」とは呼べないのではないか。
現行コルトはフィットやノートといったコンパクトカーの中でも少し大きいサイズをもつ車がライバルになっている。
登場から9年が経過するコルトは、販売台数的には他車に完全に人気を奪われており、存在感は薄い。
三菱には少し大きめのコンパクトカークラスからの撤退を余儀なくされている事情がある。
次期コルトは新型マーチやホンダのブリオ、トヨタのエティオスあたりがライバルになるだろう。
新型マーチは次期コルトのライバルとしてはやや車体サイズが大きいが、先代マーチに比べればダウンサイズさせて新興国向けに開発されている。日本でも発売されているが、メインターゲットはアジアに向けられている。
ホンダのブリオ、トヨタのエティオスについては初めて聞く人も多いはずだ。これらの車種は日本では一般発売されておらず、新興国のみで販売される。部品もなるべく現地で調達し車体価格を安く抑えたのが特徴だ。
こういったアジアンカーが次期コルトの直接的なライバルとなる。
次期コルトやコルト後継などと言われているが、現行コルトとは車サイズのコンセプトが大きく変わるため、車名がコルトとならない可能性も高い。
また、販売店ディーラーでも力を入れて販売するモデルにはならないだろう。
次期コルトの車体サイズなら日本市場では税金の安い軽自動車が圧倒的に売れてしまう。

軽自動車と新型次期コルトの税金の違いはどれぐらいか

次期コルトは排気量1.0L未満のいわゆるリッターカーとなる可能性が高い。
軽自動車の1年あたりの法定費用は21,190円。排気量1.0L未満、車体重量1.0t未満の1年あたりの法定費用は51,435円となる。(車検時の法定費用も年割換算している。)
軽自動車と次期コルトの法定費用の年間差額は30,245円となるわけだが、このクラスの車としては大きな差として感じる。
やはり、次期コルトは日本では誰も欲しいと思わないほとんど売れないモデルになりそうだ。
ただし、日本市場向けにはガソリンエンジン車に加えEV(電気自動車)モデルもラインアップしてくる可能性が高い。
EVモデルに関しては話題を集めそうだ。

コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント