i(アイ)三菱HA1W型の評価と口コミ

三菱の軽自動車i(アイ)は先進的なエクステリアで人気がある。エンジンをリアシート下付近に設置したMR(ミッドシップエンジン・リアドライブ)方式を採用しており、ユーティリテイー性や走りの質感も独特だ。
最近のエコカーブームで軽自動車に乗り換えたいという人が多い。そんな中、皆と同じハイトワゴン車では物足りないという人にお薦めできる車種だ。

ガソリン車のアイと同一車体の電気自動車i-MiEV(アイミーブ)も有名だ。電気自動車の方は補助金を使っても実質負担金は300万円以上もかかってしまう。i-MiEVは購入後のガソリン代が掛からないとはいえ、軽自動車としては高価すぎて手が届かないのが実際だ。

アイの口コミと評価

デザイン(外装) ★★★★★
デザイン(内装) ★★
ハンドリング ★★★
乗り心地(前席) ★★★★
乗り心地(後席) ★★★
荷室
加速 ★★★
燃費 ★★★
お買い得 ★★★
総合 ★★★

外観デザインが気に入ったら買い

三菱アイは特徴的な外観デザインに人気がある。特に普通車からのダウンサイジングで軽自動車に乗る人は、軽自動車の安っぽいエクステリアに抵抗がある。アイの先進的な外観はそういった人からも注目されている車種だ。
室内は居住空間優先の設計がされており、乗った感じは広々。大きなフロントガラスは室内を開放的な雰囲気にしてくれる。最初に乗った印象は、軽自動車に乗り込んだというよりも、遊園地のアトラクションに乗ったような楽しい雰囲気があった。
三菱i三菱アイ

短所、欠点

アイは独特の外観とMR(ミッドシップエンジン・リアドライブ)方式の採用となっていることで、普通の軽自動車とは少し違う短所や欠点がある。
まず、極端に大きいフロントガラスは外から見ると中が丸見えになるが口コミで挙げられている不満要素の一つだ。特に昼間は車内が明るくなりすぎ、はっきりと中の様子が良く見え、車内が散らかっていたりすると恥ずかしい気分になってしまう。
リアウィンドウはプライバシーガラスになっているので問題ないが、フロントウィンドウは透明ガラスなのでそうはいかない。
アイは見られても恥ずかしくない服装で車内も綺麗にして乗らないといけない車である。

エンジンが後に積んであることも何かと不便なことが多い。軽自動車はそもそもトランクルームが狭いのだが、アイはさらに狭くなってしまった。荷室のすぐ下にエンジンがあるので、熱がこもりやすいのも気を付けたい。要冷蔵の食品を買った場合などはトランクに入れることができない。
ミッドシップエンジンになったことでエンジン音の入り込みが少なくなると言うメリットもあるが、最近の軽自動車は通常のFF車であってもしっかりと防音対策された車が多く、さほどメリットは感じなかった。

乗り心地とハンドリング

アイのホイールベースは2550mmとなっている。この数値はフィットやそのステーションワゴン版のフィットシャトルの2500mmを超えるものだ。
ロングホイールベースのおかげか高速道路の直進安定性は抜群で軽自動車とは思えない安心感がある。
ただし、コーナリングは苦手と感じた。フロントに重いエンジンを乗せている感覚でハンドルを切ると不安感を覚えずにはいられなかった。また、横風の影響も受けやすく、運転がしずらい。
論評では何かとアイの持つロングホイールベースにこじつけて、乗り心地のよさや走行安定性に対し「軽自動車らしからぬ」という表現がよく使われるが、イマドキの出来いい軽自動車はアイでなくても良く出来ている。
例を挙げれば、ワゴンRのような、それなりにコストがかけられ熟成が進んだハイトワゴン車の方が、ハンドリング、乗り心地の面だけでもやや上に感じた。

実燃費

アイは軽自動車としては重い900kgを超える車体重量とトランスミッションにCVTが使われていないせいで、最新モデルの軽自動車と比較すると燃費が良くない。
ターボ車は、街乗り10~13km/L、14~15km/Lぐらい。NA車は、街乗り12~15km/L、15~18km/Lぐらいの口コミによる実燃費評価が多い。

三菱i スペック表

メーカー 三菱 三菱
モデル i(アイ) i(アイ)
グレード Vivace T
メーカー希望小売価格 1224000 1476000
年式 2011 2011
型式 DBA-HA1W CBA-HA1W
駆動方式 MR MR
全長(mm) 3395 3395
全幅(mm) 1475 1475
全高(mm) 1600 1600
ホイールベース(mm) 2550 2550
室内長(mm) 1790 1790
室内幅(mm) 1270 1270
室内高(mm) 1250 1250
車両重量 900kg 910kg
最小回転半径 4.5m 4.5m
サスペンション前 マクファーソンストラット式 マクファーソンストラット式
サスペンション後 3リンク ド・ディオン式 3リンク ド・ディオン式
エンジン 3B20 MIVEC 3B20 MIVEC
3気筒 3気筒
DOHC DOHC
ターボ
トランスミッション 4AT 4AT
10・15モード燃費 21.0km/L 19.8km/L
JC08モード燃費 19.0km/L 18.4km/L

アイの中古車相場

  業者向けカーオークション落札相場
価格帯の中心
4年落ち 58万円
3年落ち 60万円
2年落ち 63万円

カーオークション落札結果の実例

2011年01月開催 ミツビシ アイ L パール 2007年式 走行17,000km HA1W 評価点5 – すごくきれい 61万円
2011年01月開催 ミツビシ アイ Mターボ ブルー 2006年式 走行54,000km HA1W 評価点4 – きれい 53万円
2011年01月開催 ミツビシ アイ M シルバー 2007年式 走行37,000km HA1W 評価点4 – きれい 56万円

中古車相場では不人気車

アイはエクステリアに人気があるものの中古車価格となると低迷している。注目はされるものの買われるのは広くて機能性の良いハイトワゴン車が多くなるのが実際だ。
同じ三菱の軽自動車の中で比較すると、トッポとeKワゴンの中間の価格帯で取引されている。
年式が古くなることによる値下がり幅は小さい。中古車を買うなら2~3年落ちの高年式車がお薦めだ。

関連するレポート

[ 2011/03/01 ]
#1 アイヤー(笑)!?2017/04/09(Sun)02:26:27
確かに、横風の影響は受けやすいけど、アイが「コーナリングは苦手」って・・・。
運転が下手くそなだけでしょ!w

名前(任意)
コメント
コメント投稿

マークXはカムリ発売後もしばらく販売継続、低価格V6 FRセダン最終モデル

ジュークのフルモデルチェンジは2017年、新開発シリーズ方式ハイブリッド搭載

レクサスRX450hLの発売は2018年まで延期か、3列シートクロスオーバーSUV

ホンダが10代目シビックを発表、発売日は9月29日、車両価格は265万320円から

スバル後期型レガシィの日本発表が9月4日に予定、マイナーモデルチェンジ

スズキ・ハスラーワイド計画中、オシャレなシティSUVの居住性が向上

トヨタNEWハイラックスが9月12日発売スケジュール、新型ピックアップトラック

ホンダ・アコードがフルモデルチェンジ、北米で今秋の先行発売がスケジュール

三菱・エクリプス クロス2018年1月発売見込み、新型クロスオーバーSUV

レヴォーグがマイナーモデルチェンジ、ツーリングアシストを搭載

カムリがフルモデルチェンジ日本発売、ハイブリッドのみで約329万円から

ホンダ・ステップワゴン後期型は8月予約受付開始、ハイブリッドモデル追加

N-BOXが8月31日に正式フルモデルチェンジ発売、プレオーダー好調

トヨタ、日産、ホンダ、マツダ、三菱、スバルのメーカーごとの特徴

スカイラインが地味にカッコイイ、東京オートサロン2017日産ブース

スズキ新型スイフトハイブリッド発売、JC08モード燃費32.0km/Lを達成

マツダ・CX-3 ガソリン車 7月21日発売、SKYACTIV-G 2.0を搭載

ホンダ・グレイスがマイナーモデルチェンジ、小型セダンはやっぱり売れない

フォルクスワーゲン車の弱点と選ばれる理由

レクサスCT200hが今夏のマイナーモデルチェンジで後期型へ、FMCは2019年以降

スイフトスポーツは新開発の1.4Lストロングハイブリッドを搭載、7月発売見込み

NX300h、NX300が後期型へマイナーモデルチェンジ、9月14日に日本発売

ジェイドに2列シート5人乗りモデルが追加予定、2017年マイナーモデルチェンジ

ホンダ・アコード次期モデルの日本発売は無し、Sport Hybrid i-MMDに貢献

ステップワゴン ハイブリッドの発売が予想より遅れる、2017年秋頃か

スペーシアが2018年春フルモデルチェンジ、マイルドハイブリッドも進化

ランドクルーザープラドが2017年秋マイナーモデルチェンジ予定、後期型へ

スズキ・SX4 S-CROSSがマイナーモデルチェンジ、新エクステリアで7月6日発売

レクサスUXは2018年秋のワールドプレミア予測、TNGA-C クロスオーバーSUV

ノア、ヴォクシー、エスクァイアが7月3日にマイナーモデルチェンジ

日産セレナe-POWER、2018年初頭発売へ延期、モーターは増強される可能性

フィットが予想以上の売れ行きで増産体制、派生セダン発売スケジュールに遅れ

ホンダ・フィットがマイナーモデルチェンジ、後期型はホンダセンシング採用

アルファロメオ・ジュリア、新型FRセダンの2017年内の日本発売が公式発表

ステップワゴン後期型にマイナーモデルチェンジ、10月東京モーターショー出品

オーリス廃止2018年、TNGA-Cプラットフォームの次期カローラシリーズに統合

次期フェアレディZコンセプトが東京モーターショー2017発表の可能性

V37スカイラインがデトロイトモーターショーで公開、フルモデルチェンジ近し

スイフト ストロングハイブリッド、スイスポが2017年終盤に発売される見込み

次期アテンザは2018年春フルモデルチェンジ、スカイアクティブ2搭載

メーカー/車種別

お問い合わせ
プライバシーポリシー
Copyright © 自動車リサーチ. All rights reserved.