car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

新型アウトランダーが発売、衝突被害軽減ブレーキシステム装備、室内写真

新型アウトランダー、初期投入はガソリンエンジンモデルのみ

アウトランダーが2012年10月29日にフルモデルチェンジを果たした。
車両価格は242万7000円からとなっており、エントリーグレードから装備が充実しているのがポイントである。
新型アウトランダー 2012
新型アウトランダーは、高張力鋼板の多用を主とする軽量化に相当力を入れてきており、先代比100kg前後のウェイトダウンに成功した。最軽量モデルの重量は1440kgとなっており、7人乗りSUVながらも、5人乗りSUVであるマツダ・CX-5並の重量に抑えてきたのは評価したいところだ。

新型アウトランダーとして、今回発売となったのは2.0Lと2.4Lの2タイプのガソリンエンジンモデルのみ。国内向け本命は2013年1月販売のPHEVにあると三菱は考えており、この他にディーゼルエンジンモデルも遅れての発売が計画されている。

また、衝突被害軽減ブレーキシステムのe-Assistがこの新型アウトランダーに三菱車で初めて装備することができるようになる。三菱としてはe-Assistの装備率を国内受注台数の6割を見込んでいる。これはミリ波レーダーを使用したシステムとなっており、雨天や夜間などの悪環境下でも安全運転をサポートできるということだ。

環境面では、前述の軽量化に加えて、アイドリングストップや新開発MIVECエンジンを採用してきており、JC08モード燃費は2.0Lモデルで15.2km/L、2.4Lモデルで14.4km/Lを達成している。

2012年度末までの目標販売台数は、日本国内市場で5000台、世界市場で70000台としている。

新型アウトランダーの各シート&ラゲッジ写真

機能的シンプルにまとまったドライバーズシート周辺。
アウトランダー ドライバーズシート
アウトランダー 内装

2列目シートはシンプルながら、座面はしっかり機能的。
リアシート 新型アウトランダー

3列目シート使用時でもラゲッジスペースは確保されている。ただし三列目は相当窮屈で常用レベルではない。
新型アウトランダー ラゲッジ写真
新型アウトランダー 3列目シート

コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント