【カローラクロス】価格199.9万円から、正式発売、日本仕様の最新情報/燃費/内装

カローラ

トヨタは、新型カローラ クロスを2021年9月14日に発売した。

カローラクロス日本仕様

カローラクロス日本仕様

消費税込み車両本体価格は1.8L ガソリン車(FF)が199.9~264万円、1.8Lハイブリッド車(FF/E-Four)が259~319.9万円に設定された。

新型カローラクロスの価格とグレード構成、消費税込み199.9万円~

カローラクロス HYBRID Z インテリア

カローラクロス HYBRID Z

1.8L ガソリン NA(2ZR-FAE型)
FF G-X 1,999,000円
G 2,240,000円
S 2,400,000円
Z 2,640,000円
1.8L ハイブリッド(2ZR-FXE型)
FF G 2,590,000円
S 2,750,000円
Z 2,990,000円
E-Four G 2,799,000円
S 2,959,000円
Z 3,199,000円
新型車カローラ クロス

カローラクロス日本仕様のパワートレインは、1.8LのNAガソリンがFFのみ、1.8LハイブリッドはFFとE-Fourが用意される。

カローラクロス HYBRID Z 発売

カローラクロス HYBRID Z

グレード構成は、ベーシック「G」、装備充実「S」、最上級「Z」がそれぞれのエンジンと駆動方式に用意されるのが基本となる。さらに199.9万円のエントリーモデルとして「G-X」がガソリン車のみに設定される。

2019年より販売されてきたカローラツーリング G-Xグレードは、消費税込み車両本体価格201万3000円で設定されている。カローラクロスはSUV化されているわけで、値上がりとなるのが一般的であるが、むしろワゴンのカローラツーリングに対して安い価格設定となった。

カローラクロス HYBRID Z インテリア

カローラクロス HYBRID Z

カローラクロス日本仕様ハイブリッド車の価格はツーリングに対し僅かに値上がり

ハイブリッドの方はどうか。価格の基準となりそうなのが、カローラツーリング ハイブリッド S 2WDモデルの261万1000円である。カローラクロス ハイブリッド S 2WDモデルは275万0000円であるから、Sグレード同士の比較ではカローラクロスが高くなる。

カローラクロス北米仕様 2022

カローラクロス北米仕様

また、現行のCH-R ハイブリッドは274万5000円からラインアップされており、ボディサイズが少し大きいカローラクロスが259万円からというのは価格競争力を感じるところである。

カローラクロスの特徴

1. SUVならではの高いユーティリティ

① 背の高いボディスタイルを存分に生かした快適性

カローラクロス HYBRID S

カローラクロス HYBRID S

見晴らしのいい視界の高さを確保するとともに、頭上空間にもゆとりを設けることで、どの席に座っても、街乗りからロングドライブまであらゆるシーンで快適に過ごせる室内空間を実現。前席は、SUVならではの高いアイポイントに加え、細いフロントピラーとスッキリしたインストルメントパネルにより見切りが良く運転のしやすい空間とし、後席は、大きく開くリヤサイドドアで乗り降りがしやすく、加えてリクライニング機能をリヤシートにも設けることで、高い居住性・快適性が備えられた。また、解放感抜群のパノラマルーフを設定し、大きなガラス面でどの席からも空が眺められる解放的な視界が広がるほか、電動ロールシェードで日差しのコントロールも自由自在となる。

②多彩な荷室アレンジを実現し使い勝手の良いラゲージ

カローラクロス G ラゲッジ

カローラクロス G

ラゲージ容量は、5人乗車時でもクラストップレベルの487Lを実現。また後席を倒すとさらに広いスペースを確保でき、ロードバイクの搭載が可能となる。荷物の積み下ろしのしやすさにもこだわり、ラゲージ開口部は地面から720mmの高さに設定したことで小柄な方でもラクに荷物の積み下ろしができるほか、ハンズフリーパワーバックドアはカギを携帯した状態でリヤバンパーの下に足を出し入れするだけで、両手がふさがっていても簡単にバックドアを開閉できる。また、カローラ クロス専用設計の高機能収納ボックス「ラゲージアクティブボックス」を使用すると、荷物を車外から見えない状態で収納することができるほか、ふたを閉じるとラゲージの床面をフラットにして広い荷室空間を活用できるなど、多彩な荷室アレンジが可能となる。

2. 都会的な上質感と、SUVならではの躍動感を両立したデザイン

①堂々とした逞しさを表現したエクステリア

「アーバン・アクティブ」をデザインコンセプトとして、SUVらしいダイナミックで洗練されたエクステリアデザインが採用された。ガラス面やフロント・リヤのランプに伸びやかなデザインを施したアッパー部と、ワイドで安定感のあるバンパー部のデザインのコントラストにより、都会的かつ堂々としたプロポーションとなる。外板色には都会的で洗練された雰囲気を持つ全8色が設定された。

②上質で開放的なインテリア

カローラクロス HYBRID Z シート

カローラクロス HYBRID Z

インストルメントパネルからドアトリムにかけて連続性のあるデザインで室内空間に広がりが感じられるほか、室内照明は全てLEDを採用するなど、カジュアルな雰囲気の中に、上質かつ洗練された質感のインテリアを実現。フロントシートには、スリムな背面部と高いホールド性を両立したスポーティなシートが採用された。

3. クラストップレベルの低燃費と、アクティブでスムーズな走り

①気持ちの良い、意のままの走りを実現するパワートレーン

カローラクロス HYBRID

ハイブリッド車とガソリン車は、ともにカローラ クロスに最適化した1.8Lエンジンを採用。アクセル操作に対してクルマが素直に反応し、シームレスで気持ちの良い加速感が実現される。ハイブリッド車ではクラストップレベルの26.2km/Lを達成したほか、E-Fourを設定し、加速時や、雪道など滑りやすい路面での安心した走行を実現しつつ、低燃費にも貢献する。

②優れた操縦安定性をもたらす高剛性ボディとしなやかで快適な乗り心地を実現する足回り

TNGA-C
熟成を重ねたGA-Cプラットフォームと、軽量でありながら高い剛性を持つボディ骨格を採用し、車高の高さを感じさせない、軽快で安定した操縦性を備えた。またエンジン音やロードノイズを低減する吸音素材を最適配置したことで、静かで快適な車内空間が実現された。足回りでは、フロントサスペンションにマクファーソンストラット式を採用。リヤサスペンションは、2WD車に新開発のトーションビーム式を採用し、大型ゴムブッシュと合わせることで、凹凸した道でも路面をしっかりと捉えるしなやかで上質な走りが実現される。またE-Fourにはこれまでのカローラシリーズで熟成を重ねたダブルウィッシュボーン式を採用し、アーム類の取り付け位置を最適化したことで、安定性と応答性を高次元で両立しています。最小回転半径はクラス最小レベルの5.2mを実現し、狭い道や駐車場などでの取り回しも軽快に行える。

4. 先進の安全・安心機能

①最新の予防安全パッケージ

日常のあらゆるシーンでドライバーを支援する最新のToyota Safety Senseを全車標準装備。またパーキングサポートブレーキとバックガイドモニターをG“X”を除く全グレードに標準装備し、駐車場など狭い場所でも安心して運転できる。さらに、障害物の有無にかかわらずペダル踏み間違い時の急加速を抑制するプラスサポートが設定される。

②災害時など、万が一の時に役立つ給電機能

アクセサリーコンセント(AC100V・1500W)と非常時給電モードをハイブリッド車にオプション設定。停電など非常時には車両駐車時に「非常時給電モード」にすると、電気ポットやドライヤーなどの家電製品が使用可能な非常用電源として活用することができ、もしもの時に頼れる安心機能が備えられる。

また、ガソリン車・ハイブリッド車とも、普段の走行時には車内のUSB端子を通じてスマートフォンなどの電子機器の充電が可能となる。

カローラクロスのサイズと価格をトヨタのクロスオーバーSUVラインアップと比較

トヨタの販売中のクロスオーバーSUV群をサイズごとにおさらいしておく。

  • 「ライズ」ダイハツ生産のOEMモデル。消費税込み車両価格(以下同)167万9000円からのラインアップ。全長は3995mm。
  • 「ヤリスクロス」2020年8月に発売されたばかりで、TNGA-Bプラットフォームを採用。179万8000円から、全長4180mm。
  • 「C-HR」TNGA-Cプラットフォーム採用。238万2000円から、全長4360mm。
  • 「RAV4」さらにワンサイズ上のTNGA-Kプラットフォーム採用、274万3000円から、全長4600mm。
  • 「ハリアー」RAV4と同じくTNGA-Kプラットフォーム採用で、2020年6月にフルモデルチェンジを果たしたばかり。299万円から、全長4740mm

以上、小さい方から列挙したが、新型カローラクロスが割り込むのは、ヤリスクロスとCH-Rの間ということになる。

ヤリスクロス

ヤリスクロス

C-HR

C-HR

SUVだらけのトヨタラインアップでは「トヨタの敵はトヨタ」状態。詳しくは、
C-HR人気凋落はRAV4とハリアーが原因、ヤリスクロスではない
...

カローラクロスとC-HRは同クラスSUVながらも差別化される

カローラクロスは、プラットフォームにTNGA(GA-C)を採用したクロスオーバーSUVである。

このような車種は、既にトヨタブランドからC-HRとして2016年から販売されてきたが、特に2021年に入ってからは、販売が低迷しており、新たな車種の導入が望まれるところであった。

CH-Rは、ハイブリッドもあるが、1.2Lターボもラインアップされる。スポーティーなエクステリアと引き換えに、インテリアとラゲッジは狭く設定された。

カローラクロス タイ仕様 パッケージング

カローラクロス タイ仕様 パッケージング

一方で、カローラクロスは大きなボディサイズとパッケージングの良さが特徴となる。エクステリアはCH-Rほどのスタイリッシュさは感じないが、飽きの来ないオーソドックスなSUVスタイル。ラゲッジの広さはRAV4には及ばないものの、プラットフォームがワンサイズ上のハリアーを超えるほどになり、アウトドアでのレジャーに対応する。

カローラクロス タイ仕様 トランク

カローラクロス タイ仕様 トランク

カローラ派生のSUVとしては、欧州のカローラTREKを日本市場に導入するという説が先にあったわけだが、これはカローラクロスが日本発売されたことで収束しそう。

カローラTREK

カローラTREK 欧州仕様

カローラクロス北米仕様にはダイナミックフォースエンジン搭載

カローラクロスは、グローバルでの展開が先行してきた。これまでタイ工場で生産された車体が、台湾、インドネシア、フィリピンをはじめとするアジア地域で販売されてきた。その後、南米ブラジルでの現地生産と販売もスタートしており、さらに北米仕様向けモデルも発表済み。

カローラクロス北米仕様 リアコンビネーションランプ

カローラクロス北米仕様

カローラクロス北米仕様に搭載されるパワートレインは、169hp、2.0Lのダイナミックフォースエンジンで、トランスミッションは発進ギア付きのダイレクトシフトCVTと発表された。

カローラクロス北米仕様エンジン

カローラクロス北米仕様

M20A-FKS型と考えられるこのエンジンは、これまで日本国内のカローラツーリング 2000 LimitedやレクサスUXといったGA-Cプラットフォームのなかでも上級車種に搭載されてきたものである。

カローラクロス北米仕様 フロントグリル

カローラクロス北米仕様

ただし北米のラインアップでは、M20A-FKS型はGA-C車種で使われるエンジンとして一般的な扱いのようだ。既にカローラのセダン、ハッチバックの通常モデルでも搭載されており、カローラクロスという理由で特別にハイパフォーマンスなエンジンが与えられるというわけではない。

カローラクロス北米仕様 ヘッドランプ

カローラクロス北米仕様

カローラクロス北米仕様トランク

カローラクロス北米仕様

カローラクロス日本仕様は高岡工場で2021年8月生産スタートの見込み、遅れてM20A-FKS型搭載車

カローラクロス北米仕様とは異なり、日本仕様のエンジン選択肢としては、1.8Lのハイブリッド(2ZR-FXE型)とコンベンショナル(2ZR-FAE型)の2タイプが用意される。これら国内向けカローラシリーズで一般的に搭載されるエンジンが、流用されると考えていいだろう。

トヨタ カローラクロス北米仕様

カローラクロス北米仕様

駆動方式は、1.8Lハイブリッドの方はFFとE-Fourの設定があるが、1.8Lコンベンショナルの方はFFのみとなる。

1.8Lコンベンショナルガソリン車には価格を抑えたエントリーグレードも用意されるだろう。これを呼び水に、販売好調なヤリスクロスの購買層を巻き込むことで、販売台数が増えることが予想される。

2021年6月のカローラシリーズ全体の販売台数は9,189台であった。カローラクロス導入後は、これが15,000台程度になると言われている。カローラクロス単体の生産規模としては6,000台程度が見込まれる。

カローラクロス北米仕様 トヨタ

カローラクロス北米仕様

カローラクロスは国内生産、後追いでダイナミックフォースエンジンが発売される可能性

タイ工場からの輸入販売になるという説もあったが、愛知県豊田市の高岡工場での生産が計画されている。国内生産が実現したことで、グレード構成は装備別に3タイプしっかり用意されることになる。エンジン種別と駆動方式の違いを掛け合わせ、9種類の車両型式が設定される見込み。

カローラクロス北米仕様 インテリア

カローラクロス北米仕様

そして、今後の計画では、エンジンタイプがさらに1種類増やされることになっている。北米仕様で採用されるダイナミックフォースエンジンのM20A-FKS型を搭載する国内向けカローラクロスが、2022年にも発売される可能性がある。

従来型カローラシリーズが一部改良、新型カローラクロス追加に備えてきた

トヨタは、カローラ、カローラ ツーリング、カローラ スポーツの一部改良を実施し、2021年7月2日に発売した。

カローラ HYBRID S(2WD)(センシュアルレッドマイカ)

カローラ HYBRID S(2WD)(センシュアルレッドマイカ)

セダンのカローラ、ワゴンのツーリングには、ペダルの踏み間違いによる急加速を抑制するプラスサポートが販売店装着オプションとして採用された。また、ウイルスや菌の抑制に効果があるOHラジカルを含む微粒子イオンを「ナノイー」の10倍量放出する「ナノイーX」を助手席側エアコン吹き出し口に設置し、これはW×Bグレード、Sグレードにオプション採用となる。W×Bグレードの設定色としては、センシュアルレッドマイカが追加された。

カローラ ツーリング HYBRID W×B(2WD)(ブラックマイカ×プラチナホワイトパールマイカ)

カローラ ツーリング HYBRID W×B(2WD)(ブラックマイカ×プラチナホワイトパールマイカ)

ハッチバックのスポーツは、ボディカラーに新規開発色のエモーショナルレッドⅢが採用された。

カローラ スポーツ HYBRID G“Z”(アティチュードブラックマイカ×エモーショナルレッドⅢ)

カローラ スポーツ HYBRID G“Z”(アティチュードブラックマイカ×エモーショナルレッドⅢ)

消費税込み車両価格は、カローラが1,936,000円~2,948,000円、カローラ ツーリングが2,013,000円~2,997,500円、カローラ スポーツが2,169,000円~2,841,000円となる。

今回のカローラシリーズの一部改良は小規模に留まった。SUVモデル、新型カローラクロスの準備も着々と進められている。

TNGA採用カローラクロスと入れ替わり、アクシオ/フィールダーが生産終了へ

カローラクロス導入にあたり、先代型11代目カローラのアクシオ(セダン)とフィールダー(ワゴン)が近々生産終了となる見込み。

カローラ セダン アクシオ

カローラ アクシオ

アクシオとフィールダーは、現行型12代目カローラのフルモデルチェンジ発売後も全幅1.7m未満の5ナンバー車としてのニーズを満たすため販売が継続されてきたが、いよいよカタログ落ちとなる。

カローラフィールダー

カローラ フィールダー

現行型カローラシリーズはグローバルプラットフォームのTNGA-Cが採用され、全車3ナンバーサイズで、これまでスポーツ(5ドアハッチバック)、セダン、ツーリング(ワゴン)が発売されてきた。

カローラスポーツ

現行型カローラ スポーツ

新型カローラクロスも現行型カローラシリーズ同様にTNGA-Cが採用される。内装は現行型カローラシリーズと共通化される部分もありそうだが、外装はこれらとは一線を画す独自デザインが採用され、SUVらしい力強さが表現される。

カローラクロス

カローラクロス タイ仕様

カローラクロスが日本発売されるまで

カローラクロスは国内で商標登録済み

まずは、トヨタは「カローラクロス」のモデルネームを2018年に日本の特許庁に申請済みであった。ただ、とりあえず車名を押さえてはみたが、製品化されないことはよくある話。それでも商品企画の初期から日本発売の可能性を視野に入れていたことになる。

テスト車両が国内一般道で目撃される

そして、仮ナンバーで国内一般道を走行するテスト車両の画像が出回った。目撃場所が箱根付近であることから、市場導入という明確な目的を持ったテスト走行であったことが疑われる。

国内向けYoutubeアカウントでカローラクロスのPVを紹介

またトヨタ自動車のYoutube国内向け企業アカウントで、カローラクロスのプロモーション動画がアップされていることも国内発売を期待させる理由の一つであった。コンシューマ向けチャンネルではないが、海外専売車をこのチャンネルで紹介するのは珍しい。

カローラクロスについて地元新聞が報道

発売を裏付ける決定打として、中日新聞がトヨタがカローラクロスの国内発売することを報道していた。地元新聞が報じたとなると、今後、よほどの方針転換が行われない限り、発売となる。

カローラクロスも含まれる、トヨタ2021年度 国内販売320万台弱を目標

2020年度はコロナ禍ということで、トヨタは国内販売300万台の大台を割り込む見込みとなった。ただし、2021年度は大幅増に転じ、320万台弱が目標となっている。その内訳の中に、カローラクロスも入っていると中部経済新聞が報じている。

カローラクロス タイ仕様 リアコンビネーションランプ

カローラクロス タイ仕様

カローラクロスよりワンサイズ小さい、ヤリスクロスの販売が好調。詳しくは、
ヤリスとヤリスクロスの違い、トヨタの新世代小型SUV
...
自動車リサーチ 記事リスト
タイトルとURLをコピーしました