car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

三菱が次期RVR向けの直3 1.1Lターボ PHEVを開発中、発売時期は2015年の予測

次期RVRとしてConcept XR-PHEVを発表、三菱が小型車向けPHEVを開発中

三菱自動車は次期RVRを示唆するモデルとして、Concept XR-PHEVを東京モーターショー2013で発表した。

次期RVR コンセプトXR-PHEV

Concept XR-PHEVに搭載されるパワートレインは、1.1L直列3気筒の直噴ガソリンターボエンジンをメインに電気モーターとバッテリーが組み合わさるPHEVである。アウトランダーPHEVとして市販実績のある2.0Lのシステムがベースとなっているわけだが、小型車向けにダウンサイジングされリアモーターが省かれたFF仕様となっている。

次期RVR コンセプトカー 東京モーターショー

1.1Lという極端な小排気量ゆえ、いかにもコンセプトモデルらしいパワーユニットと感じたが、三菱は2015年の発売が待望される次期RVR向けPHEVシステムとして本気で開発を進めているという。

次世代RVR

次期RVRは全高を低く抑えたクーペスタイル、4WDモデルのエンジンにも注目したい

Concept XR-PHEVのエクステリアは最低地上高は確保しつつも全高を低く抑えたクーペ調のクロスオーバーSUVとなっている。サイドの直線的なキャラクターラインとレッド系のイメージカラーはレンジローバー・イヴォーグを連想させるが、次期RVRとしてこのままの市販化を望みたくなる挑戦的なデザインと感じた。

三菱 次期RVR コンセプト
サイドからは一見するとクーペスタイルだが、リアドアも備えられた5ドア仕様となっている。

ライバルは同じ東京モーターショーでデビューしたホンダ・ヴェゼル。そのボディサイズは現行RVRとほぼ同じとなった。

(写真はホンダ・ヴェゼル)
ヴェゼル 東京モーターショー

そして次期RVRもクロスオーバーSUVであるから、FFのPHEVだけでなく4WDモデルもラインアップされるはず。この4WDモデルが1.5Lクラスのパワーユニットで用意することができれば、多くのユーザーがヴェゼルの対抗として真剣に考えられるモデルとなるだろう。

コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント