car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

三菱・新型アスレジャーは案外大きい、RVR以上アウトランダー未満の可能性

三菱自動車の新型アスレジャーが、ジュネーブモーターショーで公開

三菱自動車の新型クロスオーバーSUVが3月7日にプレスデーが始まるジュネーブモーターショー2017で公開される。

(写真は新型クロスオーバーSUVのティザー画像)
アスレジャー

新型車の名称はアスレジャーとされるが、まだ確定的な情報ではない。ただ、三菱自動車が商標登録した中で最もクロスオーバーSUVとして相応しいものからの推定であり、採用される可能性は高いと考えられる。アスレジャーとは、運動の”ath”と余暇の”leisure”を組み合わせた元々はアパレル用語である。日本人の感覚では車名として使うには正直カッコイイとは思わないかもしれないが、グローバルではさほど違和感はないのか。昨今の三菱自動車に対する日本市場の冷たさを考慮しても、よりグローバルに目を向けた車種であることが想像される。

新型アスレジャーはConcept XR-PHEVⅡがベースか

新型アスレジャーについては、東京モーターショー2015で公開されたeXコンセプトが原型になっているのではという話であった。しかし、これはむしろ2015年のジュネーブモーターショーで公開されたConcept XR-PHEVⅡの市販モデルである可能性が高いだろう。

(写真はConcept XR-PHEVⅡ)
次期RVR コンセプト XR PHEV II 三菱RVR コンセプト

Concept XR-PHEVⅡについては、現行ラインアップとボディサイズの近いRVRの次期モデルではないかと考えられてきた。しかしRVRのフルモデルチェンジはまだ先ということで、コンセプトモデルが示されるタイミングとしては早すぎた。

三菱 コンセプト XR PHEV Ⅱ

三菱自動車の事業計画では、RVRよりも上のクラスに表記された新型のコンパクトクロスオーバーSUVが2017年にデビューするということであった。つまり、アスレジャーは現行のRVRとアウトランダーの間にポジショニングされる新型クロスオーバーSUVである可能性がある。新型アスレジャーのティザー画像で示された真紅のボディも、Concept XR-PHEVⅡと共通しており、これがイメージカラーとなっていると考えられる。

三菱 XR PHEV 2 フロントグリル Mitsubishi Concept XR PHEV 2

何れにせよ、三菱自動車としては久々の新型市販モデルということになり、3月のジュネーブモーターショーが楽しみである。

#1 匿名さん2017/02/05(Sun)17:44:19
ちっとも小型SUVじゃないじゃん
またしてもコンセプトカーでした
というオチだったりして
#2 匿名さん2017/02/05(Sun)18:36:11
だからダサダサな名前何とかしろって
#3 匿名さん2017/02/05(Sun)20:01:30
エアトレックじゃだめなんですか?
#4 南 貴仁2017/02/06(Mon)18:19:20
RVRより大きいのか
#5 匿名さん2017/02/06(Mon)19:04:30
日本で出す気はないんじゃないの?
#6 匿名さん2017/02/12(Sun)12:14:15
何?アスレジャー?
アパレル用語じゃん。汗臭くて酸っぱい匂いに鼻腔が覆われたって。
三菱自身、他にジオシーク(Geoseek)という名前も商標出願していると言われ、であるからにはそちらの方が100倍カッコいいと断言しておく!!!!
いっそ昔のスポーツクーペの車名「セレステ」なんて渋くて良いのでは。
ともあれ三菱久々の新型、それも2.2ディーゼルひいては1.5ガソリンターボ!まで設定される国際戦略車とあれば楽しみに待つ甲斐はあるのでは。
#7 匿名さん2017/02/28(Tue)21:57:02
むかし、アスパイアなんて車があったね。

名前(任意)
コメント