car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

三菱・エクリプスクロスの日本発売は2018年初頭、2.2Lディーゼル搭載

新型エクリプスクロスはRVRより一回り大きい、クロスオーバーSUV

3月のジュネーブモーターショー2017では、三菱自動車から久しぶりのニューモデル、エクリプスクロスが発表されたが、その日本発売が2018年初頭のスケジュールで進められている。

(写真は新型エクリプスクロス、ジュネーブモーターショー2017)
エクリプスクロス

新型エクリプスクロスはクロスオーバーSUVのカテゴリに属するモデルとなる。ボディサイズは全長4405mm×全幅1805mm×全高1685mm、ホイールベースは2670mmとなる。三菱のラインアップでは、ホイールベースが同じクロスオーバーSUVとして、全長4295mmのRVRと全長4640mmのアウトランダーがあるが、エクリプスクロスはその間を埋めるボディサイズでラインアップされる。

新型エクリプスクロス日本仕様が東京モーターショーに出展、その後に日本発売

エクリプスクロスのメイン市場は欧州ということになる。ここでの全長4.4mクラスのクロスオーバーSUVといえば、日産・キャシュカイが有力なモデルであり、直接的なライバルとなる。

エクリプスクロス リアコンビネーションランプ 三菱自動車エクリプスクロス

キャシュカイが導入されていない日本市場では、販売が好調なトヨタ・C-HRとボディサイズが近くなる。現状の三菱のブランド力から考えればエクリプスクロスの販売台数はさほど多くなりそうにもない。ただし、エクリプスクロスは2.2Lディーゼルエンジン搭載モデルをラインアップするなどC-HRにはない要素もあり、一部のファンからは支持を得ることになるだろう。

エクリプスクロス インテリア エクリプスクロス リアシート

このほか、エクリプスクロスには1.5Lガソリンターボエンジン搭載モデルも用意される見込み。しかし、これは発売が遅れ、初期型には導入されない。

エクリプスクロス フロントグリル

まずは2017年10月の東京モーターショーでエクリプスクロス日本仕様が公開され、2018年の初頭あたりの発売が見込まれる。

#1 匿名さん2017/05/14(Sun)07:56:27
おはようございます!
三菱で、新たなSUVですね!

ミニバンの「デリカD5」のフルモデルチェンジも、楽しみにしています!
#2 匿名さん2017/05/15(Mon)13:21:41
SUVばかり、トヨタセダンばりにラインナップが被ってきてる気がするわ。
#3 匿名さん2017/05/15(Mon)14:31:04
#2
被ってるか?
三菱はサイズも形も違うけど、トヨタは名前変えただけの車とかもあるよね

三菱お得意のディーゼルと新型のダウンサイジングエンジンに期待だな

名前(任意)
コメント