car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

三菱RVRのフルモデルチェンジは2016年秋、新開発1.8L PHEVを搭載

次期RVRのデザインはConcept XR-PHEVⅡがベース、三菱の次世代SUV

現行RVRは2010年に発売されたモデル。その4代目に向けたフルモデルチェンジが2016年秋に実施される見込みとなっている。

(写真はConcept XR-PHEVⅡ)
次期RVR コンセプト XR PHEV II

三菱はRVR後継を意図する次世代コンパクトクロスオーバーSUVとして、Concept XR-PHEVⅡを3月に開催されたジュネーブモーターショー2015で発表した。これは東京モーターショー2013で発表されたConcept XR-PHEVの続編ということで、エクステリアの細部がより完成されたものとなっていた。

三菱 コンセプト XR PHEV Ⅱ 三菱RVR コンセプト

一方で、ワンサイズ上のSUVであるアウトランダーについては、2015年4月のニューヨーク国際オートショーにてビッグマイナーチェンジを受けた2016年モデルが発表された。

(写真は北米アウトランダー2016年モデル)
アウトランダー 2016 アウトランダー 2016 北米

フェイスリフトされたアウトランダー後期モデルのデザインルールはConcept XR-PHEVと共通する部分があり、市販モデルとしての三菱次世代SUVのエクステリアを先取りして見ることができた。

次期RVRには新開発1.8L PHEVを搭載、1.1L ターボの次期モデル採用は断念か

次期RVRに搭載されるエンジンは、直4 1.8L NAガソリンと直4 1.8L NA PHEVの2タイプが用意される見込みだ。中でもPHEVモデルは新開発となり、アウトランダーPHEVの2.0Lユニットの技術をベースに排気量を1.8Lへダウンサイズしただけでなくコストダウンも図られ、手の届きやすい車両価格となることが目指されている。

(写真はConcept XR-PHEV、東京モーターショー2013)
次期RVR コンセプトカー 東京モーターショー

この他、東京モーターショー2013では直3 1.1L ターボが提案されたが、こちらの市販実現は難しいと考える。

コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント