car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

三菱・RVRが2017年2月9日にマイナーモデルチェンジ、新型フロントグリル採用

日本仕様RVRに海外ASXの新型フロントグリルを適用、2月16日発売

RVRがマイナーモデルチェンジを受けて、フェイスリフトされることになった。2017年2月9日発表、2月16日発売のスケジュールで進められている。

(写真は新型ASX、パリモーターショー2016)
RVR ASX

RVRは三菱自動車のクロスオーバーSUVとしてラインアップされるモデル。アウトランダーの弟分として現行型は2010年に発売された。今年2017年で販売8年目に差し掛かっており、フルモデルチェンジといきたいところであるが、これはマイナーモデルチェンジによって延命される。

ASX リアコンビネーションランプ RVR

RVR PHEVはラインアップされず、パワートレインは従来型を踏襲

RVRは海外市場ではASXの車名で販売される。グローバルでは既にマイナーモデルチェンジ後のフェイスリフトモデルが販売されており、これが日本市場へ導入されることになる。写真の欧州仕様とは多少の違いは生じる可能性はあるが、概ねこのエクステリアが導入されることになるだろう。従来型RVRはシンプルな台形のシングルフレームグリルが象徴的であったが、これはマイナーモデルチェンジにより大きく変えられる。

(写真はASX GEOSEEK CONCEPT、ジュネーブモーターショー2016)
三菱RVR ASXコンセプト ASXジオシークコンセプト リアコンビネーションランプ

また、今回のマイナーモデルチェンジでは、PHEVモデルの導入が噂されていた。アウトランダーのシステムか、あるいはそのダウンサイジング版が新型RVRに搭載されるという話であったが、これは実現されない見込み。パワートレインに関しては従来型のキャリーオーバーとなり、ブラッシュアップによる燃費性能アップも盛り込まれない。

三菱ASXジオシークコンセプト

特に国内向けでは、三菱自動車は開店休業とも言える状況であったが、ようやく動きが見えてきた。3月のジュネーブモーターショー2017で発表予定となっている、RVRより小さい新型のコンパクトクロスオーバーSUVも楽しみである。

#1 匿名さん2017/01/28(Sat)21:50:44
こんばんは!
三菱で、RVRもMCですか!?

そしてデリカD:2が、ハイブリッドをフルで搭載しましたね!
20000台売れて欲しいです!

名前(任意)
コメント