car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

三菱自動車 eX Conceptが市販化へ向けて開発、RVRはフルモデルチェンジ延期

eX Conceptが三菱の登録車EVとして市販化へ、次期RVRよりも優先

eX Conceptは三菱自動車が東京モーターショー2015で発表したモデル。その市販時期は2019年頃になる見込みで現在開発中となっている。

(写真はeX Concept、東京モーターショー2015)
eXコンセプト

eX Conceptのボディサイズは、全長4240mm×全幅1780mm×全高1575mmということであった。三菱はRVR後継とされるコンセプトカー、Concept XR-PHEVⅡをこれまで公開してきており、こちらは全長4490mm×全幅1890mm×全高1620mm。eX ConceptはConcept XR-PHEVⅡよりも一回り小さいクロスオーバーSUVということになる。

eX Concept 東京モーターショー2015 eX コンセプト 三菱自動車

eX Conceptの市販時期は2017から2019年度、EVパワートレイン搭載のコンパクトクロスオーバーSUV

RVRシリーズはConcept XR-PHEVⅡをデザインコンセプトとして、2016年のフルモデルチェンジが計画されていた。しかし、これは開発が大幅に遅れており、新たな発売時期の目処としては2019年頃が挙げられている。この時期にきて3年も延期ということになると、次期RVRの存在自体があやふやな状況と言えるだろう。

(写真はConcept XR-PHEVⅡ)
次期RVR コンセプト XR PHEV II

そんな中、eX Conceptが次期RVRよりも市販化の可能性が高いモデルとして注目されつつある。

eX ConceptのパワートレインはEVということであった。販売不振が続く三菱自動車であるが、EVというカテゴリに限れば、i-MiEVの販売実績もあり国内主要メーカーの一つに挙げられる。次なるチャレンジとして登録車EVの市販を目標にすることは非常に現実的でもある。

eX Conceptの市販時期は2017年度から2019年度とされている。

コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント