car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

三菱自動車エクスパンダー、インドネシア国際オートショーでワールプレミア

投稿日:

新型エクスパンダー、小型3列シートクロスオーバーSUVをアセアン向けに発売

三菱自動車は8月10日より開催のインドネシア国際オートショー2017で新型エクスパンダーをワールプレミアさせた。

(写真は新型エクスパンダー)
エクスパンダー

新型エクスパンダーは、全長4475×全幅1750×全高1700mmのボディサイズに3列シートを装備する小型ミニバン。クロスオーバーSUVテイストのエクステリアは、近年の三菱自動車が力を入れているSUVラインアップの横に並んでも違和感のない仕上がりとなっており、特にフロントフェイスはダイナミックシールドと名付けられた共通デザインが採用され、三菱ブランドが主張される。

エクスパンダー リアコンビネーションランプ エクスパンダー 三菱自動車

パワートレインは1.5L NAガソリンエンジンと、5MTあるいは4ATの組み合わせとなる。

エクスパンダー インテリア

新型エクスパンダーの発売日は、インドネシアでは今秋、アセアン各国では2018年初春が計画されている。

三菱新型エクスパンダーの日本発売はあるのか、パワートレインの強化が必要

(写真は新型エクリプスクロス)
エクリプスクロス

新型エクスパンダーの日本発売の可能性は今のところほぼ無いと考えている。ただし、パワートレインを強化すれば日本市場でも魅力的な商品として仕上がるのではないか。三菱自動車は日本市場向けに新型エクリプスクロスをこれから発売していく段階でもあるが、これに採用予定の1.5Lターボエンジンあるいは2.2Lディーゼルエンジンを新型エクスパンダーに搭載することができれば、トヨタ・シエンタやホンダ・フリードと対抗できるモデルとして存在価値が見い出せるかもしれない。

(写真はマツダ新型CX-8)
CX-8

マツダも3列シートクロスオーバーSUVのCX-8が今秋デビューとなる。ミニバンブーム終焉により、シェア下位メーカは同カテゴリからの撤退を余儀なくされた。ただし、SUVテイストを取り入れた差別化により、新たな3列シート車種を設定するスタイルが確立されつつある。

#1 匿名さん2017/08/18(Fri)06:02:18
日本ではスライドドアではないパッソセッテが大コケをした経緯を知っていて書いてる記事なんだろうか
「シエンタやフリードと対抗できるモデルとして存在価値が見い出せるかもしれない」って本気で思ってんの?
#2 匿名さん2017/08/18(Fri)08:30:17
適当な記事でしょうね。
みんな楽したいですからね。
#3 匿名さん2017/08/18(Fri)12:10:59
顔怖いわ
嘗てのディオンも大概ブサイクだったけど、これは輪かけて酷い
日本に持ってきても珍車で終わりそう
#4 匿名さん2017/08/18(Fri)12:28:52
4ATのままでは日本で発売できんだろw
#5 匿名さん2017/08/18(Fri)12:32:08
ミニバンブーム終焉って、このエクスパンダーのようなワゴン型ミニバンのブームが終焉ってことだよねw
シエンタやフリード、ヴォクシー3兄弟やセレナなんか売れまくってる状態だよねw
#6 匿名さん2017/08/18(Fri)14:09:35
そんなにダメか、これ
1.5Lターボ+CVTでフリードの1/4ぐらいは売れるだろ
#7 南 貴仁2017/08/18(Fri)16:42:30
このエクスパンダーは日本にも導入するかもしれない1・5ℓNAエンジン搭載する場合もあるが4WD車の設定も有り得る
#8 匿名さん2017/08/20(Sun)12:39:08
今の三菱にガチで対向車種出して売っていくポテンシャルはないからね。隙間狙いは仕方ないね。
#9 匿名さん2017/08/20(Sun)15:52:30
それは三菱どころか、マツダですら無理。
だからCXなんちゃらのスキマ商品。
#10 匿名さん2017/08/20(Sun)20:16:54
5MTで日本販売してください。
もうMTで乗りたい車が日本に無いです。
#11 匿名さん2017/08/20(Sun)21:06:18
>#1
三菱という時点でガチ台数勝負はムリムリ。
第三第四の選択肢に何か変わったのあるぞみたいなのは、消費者にはアリでしょう。
洋服感覚で人と同じのは嫌ってひとは一定数いる。

名前(任意)
コメント