car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

ホンダ・シビックハイブリッド復活、セダンに1.5L Sport Hybrid i-DCD搭載

シビックハイブリッド復活へ、2018年終盤に日本市場で復活

ホンダ・シビックハイブリッドがラインアップに復活するかもしれない。現行シビックセダンをベースにしたハイブリッドパワートレイン搭載モデルの追加発売が検討されている。

(写真は現行シビック セダン)
シビックセダン

シビックシリーズの販売が意外にも好調、英国生産の輸入モデルがリード

シビックは昨年2017年にフルモデルチェンジを受けて、日本仕様のラインアップ復活を果たした。

シビックセダン リアコンビネーションランプ

ボディタイプはセダンとハッチバックが用意され、そのハッチバックをベースとしたタイプRも用意される。果たして日本市場で売れるのかが疑問視されていたが、初期受注は発売2ヶ月の時点で1万2千台を達成しており意外にも好調である。モデルごとの販売比率は英国工場から輸入されるハッチバックが約50%、タイプRが約25%、日本生産のセダンが約25%となっている。このあたりは、生産国とボディタイプがミスマッチしているが、日本市場はオマケのようなものなのでしょうがないか。

(写真は現行シビック ハッチバック)
シビックハッチバック シビックハッチバック リアコンビネーションランプ

このうちシビックセダンについては、1.5L Sport Hybrid i-DCDを搭載するハイブリッドモデルが2018年終盤にも発売される予定となっている。トランスミッションは7速DCTが採用され、基本構造はフィットハイブリッドやヴェゼルハイブリッドなどと大きく違わないだろう。

(写真は現行シビック タイプR)
シビックタイプR チャンピオンシップホワイト シビックタイプR チャンピオンシップホワイト リアコンビネーションランプ

シビックハイブリッドはかつて8代目のセダンをベースにしたモデルが日本販売されていたが2010年にカタログ落ちしている。今回もセダンのハイブリッドが8年ぶりにラインアップに復活することになる。

#23 匿名さん2018/01/09(Tue)13:10:26
♯22
シャトル、ラゲッジスペースが広いし使いやすそうで羨ましい!
以前所有していたアウディA3の「Sトロニック」でも同様に感じた
低速域のギャクシャク感は「DCT」に特有の現象で、ホンダだけの問題ではない
i-MMDは、オデッセイに乗る機会があったが、素晴らしく滑かな加速感だったな

♯22が希望するスペックは、インサイト登場まで待たなくてはならないそのために、シビックは「i-DCD」にとどめるのだから
ちなみに、次期インサイトは「ハッチバック」ではなく、「4ドアセダン」であることに注意が必要だ
リアハッチが開きそうで開かないデザインということ
荷物はあまり積めないが、大丈夫だろうか?
#24 匿名さん2018/01/09(Tue)13:14:09
ちなみにDCTの「ギャクシャク感」は人によって全く感じない人もいる
あくまでも、トルコン式のATに較べると、と解釈して欲しい・・・
ホンダの7速DCTも基本はスムーズな加速感のはずだ
#25 #222018/01/09(Tue)13:38:04
#23
シャトルは使い勝手には非常に満足してる。
初期型なんだけど最初からセンシング付けてくれてたらなぁ。(現行も渋滞追従は無いけど)
4ドアセダンでもトランクに大きいスーツケースが2個積めるのと、トランクスルーが付いてれば問題ないかな。
基本的には2人しか乗らないから、最悪後部座席にも荷物置けるし。

i-DCDは低速域を除けばとても楽しい!MTに乗ってるかのような
音とリンクした加速感は最高!
なんだけどバッテリーレベルが低下した時の尋常じゃないギクシャクっぷり…これには辟易してる。
#26 匿名さん2018/01/09(Tue)14:29:30
♯25
なるほどな
トランクスルーは現行シビックセダンにも装備されてので、次期インサイトも同様だろう
低速域ギクシャクの件は、状態が悪いようなら販売店で確認いただいたほうが良いのではないか

なお、ホンダセンシングについてお伝えしよう
昨日ヴェゼル(ホンダセンシング標準装備車)を運転する機会を得たのだが・・・ヴェゼルのACCは渋滞追従機能は無いらしい、もともと使うつもりはなかったが
LKAS(車線維持支援システム)をONにして走行すると、積極的にステアリング操作に介入してくる いわゆる「お節介な違和感」という感じだろうか
これはかなり慣れが必要だと思った
嫌なら、機能をOFFにもできるのだがな・・・
いずれこういった機能も、装備が義務化されてくるだろう
なお、ヴェゼルは、貴殿のシャトルよりチューンされたエンジンのため、パワー感は十分 
燃費は高速中心に85㌔走行で18.8㎞/Lだった
次期モデル選定の参考までに
#27 匿名さん2018/01/09(Tue)19:27:49
i-DCDはむしろ長所だと思って試乗に行ったけど
余りの意識とのズレや、似た状況で同じように操作しても同じ反応をしてくれない事にビックリした

癖があるだけなら我慢を続ければ多少慣れるが、同じ運転でもまるでランダムかのように
反応や挙動が変わってしまうのは、本当に危険。
HONDAも仕様としてたのを欠陥認めて改善繰り返したけど、ここは直ってない

室内空間、特にラゲッジやトランクの広さフラットさは本当に評価してる。魅力だ。でも
その一点だけで買えないし、家族や友人にはお勧めできない
#28 匿名さん2018/01/10(Wed)21:05:33
いくらクラッチを使っても、1モーターで充電と加速をしている以上、急加速を繰り返せば…ギクシャクするだろうな。だから、ジェイドRSはターボにしたんだろ。
グレースの上位モデルだけど、ボディサイズが輸入モデルだから心配だな。
#29 匿名さん2018/01/11(Thu)01:31:17
ホンダに、2モーター式のPHVは出んのかね?
#30 匿名さん2018/01/11(Thu)05:44:10
♯28
モーターの問題ではない
DCT特有の現象だ
リコールも出ている
#31 匿名さん2018/01/11(Thu)05:50:57
♯29
現行アコードで既にリリースされている
「アコード プラグインハイブリッド」
日本では2013年12月発売 2016年3月販売終了
リース販売だったため、日本での販売台数は極めて少ない
2~3回しか見たことがない
#32 ♯312018/01/11(Thu)05:55:19
♯29
詳しい情報だ
http://www.honda.co.jp/auto-archive/accord/phev2016/
2013年6月発表だったな・・・
#33 匿名さん2018/01/11(Thu)16:46:40
#29だけど、コメありがとう。すぐには無さそうだぬ。
とりあえず、トヨタのプリPHVにしようと思う。
#34 匿名さん2018/01/12(Fri)12:59:13
※16
先ほどアメリカで新型のインサイトの発表があり、1.5Lの2モーター式のハイブリッドで発売されるそうです。
ということは、1.5L i-MMDということですよね。
#35 匿名さん2018/01/12(Fri)16:41:07
♯34
確認させていただいた
ホンダの正式発表は、あと数日待たなくてはならないが、
各種記事を拝読する限り「1.5L i-MMD」だろう
このようなコメント欄ではあるが、間違った情報を流布してしまい、大変申し訳ない
「営業マン情報」とも書いてしまったので心よりお詫び申し上げます

サイト運営者様
どうやら、i-DCDではないようだ
#36 匿名さん2018/01/12(Fri)21:44:44
#35
#34ですが、あまり気にしなくても良いと思います。

私は4年ほど、FIT3HVの初期型に乗ってますが、約300kg重いであろうシビックベースのインサイトに搭載することに疑問を感じていたので、突っ込んでしまった次第です。
こちらこそ、申し訳ないです。
#37 匿名さん2018/01/14(Sun)19:24:12
まとめると、インサイトが新型のi-MMDで、シビックは旧型のi-DCDか
どっちも1.5Lで
#38 匿名さん2018/01/15(Mon)11:18:05
ホンダはメカニズム的には素晴らしい技術を持っているのだが、デザインがいかんせん…
特にシビックについては、ゴテゴテと盛り過ぎ。もっと素のデザインで勝負して欲しい。
#39 匿名さん2018/01/15(Mon)14:27:55
デザインの好みなんて千差万別
ホンダ車を買うつもりはないが、現行シビックは超カッコイイ!
TYPE-Rのゴテゴテ感なんて、GT-Rと同じく「ザッツ日本車」だよ
海外で「クール!」と評価されるのも良くわかる

そもそも「素のデザイン」てなんだろ
仮にそれをやって、マツダにデザインで勝てるかな?
#40 匿名さん2018/01/15(Mon)15:47:09
マツダのデザインは、現行アテンザがデビューした頃は「はっ」とさせられたが、もう食傷気味。あと、下位のアクセラと見分けが付かない。
マツダでいいのはロードスターだけ。

懐古主義だと批判されるの承知で、シビックとしてデザインが良かったのはEK9まで。

あと、R32、S13、Z32は今でも見かけると目で追ってしまう。日産の黄金期だが、今のデザインは…(泣)
#41 匿名さん2018/01/15(Mon)15:58:19
マツダデザインの見分けが付かない、ということはマツダの作戦通り
欧州市場では見分けが付かないことがとても重要だからだ
メルセデス・BMW・アウディ・ジャガー・ポルシェ・ボルボetc.・・・
例えば、CクラスとEクラス、X3とX5、XEとXF・・・
「この程度を見分けがつかない美的感覚の持ち主はお断り」というブランドをマツダは目指しているのだ
#42 匿名さん2018/01/15(Mon)16:16:37
とにかく昔を持ち上げ、現在を否定したがる存在が「懐古厨」
「老害」とも性質は似ているといえる
時代は刻々と移り変わっていく
ついていけないのなら、それはそれ
そもそも、昔を懐かしむ行為は悪くはないのだし

#43 匿名さん2018/01/15(Mon)16:47:41
#41
そういうことですか!マツダは国内市場を見限ったという事で納得しました!(シビックのコメ欄なのに話題があさってに行ってしまいましたね)
#44 匿名さん2018/01/15(Mon)17:05:28
♯43
マジレスが必要か迷うな。

マツダは国内市場を見捨ててはいない。昨年末にリリースされた「CX-8」は当面「日本市場専売」のクルマだ。
マツダは生産台数の85%を海外で販売している。しかも国内生産の80%は輸出向けという、海外依存度の高いメーカーだ。
よって、海外顧客のニーズを優先的に取り入れるのは企業として当然の結果だろう。
#45 匿名さん2018/01/25(Thu)12:04:24
新型シビックが今度の日曜のカーグラフィックTVで紹介されます。どう評価されたのかチェックしてみます。
#46 匿名さん2018/01/25(Thu)12:10:15
♯45
BS朝日のページを確認したよ
シビックセダン、ハッチバック、TYPE-Rの乗り比べみたいだね

この番組、ゴルフなどの欧州車と日本車を乗り比べると、やんわりと
国産車はあと一歩、的な表現でまとめる傾向があるので、今週はどうかな
まあ、自動車マスコミはどこも欧州車が「最高」なんだけどね
#47 匿名さん2018/01/25(Thu)15:06:24
やっぱり「欧州車マンセー」か・・・。
#48 匿名さん2018/01/25(Thu)17:10:19
「欧州車マンセー」の何が悪いのか
マスコミは、当たり前の評価をしてくれているだけじゃないか
#49 匿名さん2018/01/25(Thu)17:17:34
シビックハッチバックは確かイギリス生産だから、コレについては「日本車マンセー」かも!(笑)
#50 匿名さん2018/01/25(Thu)17:27:02
シビックセダンは埼玉の「寄居工場製」
シビックハッチバックとTYPE-Rは、「英国スウィンドン工場製」
よって、日本車vs欧州車のガチンコバトルが実現だ!
#51 匿名さん2018/01/30(Tue)14:10:59
CAR GRAPHICが新型シビックを絶賛。日本車マンセーの先駆けとなるか?
#52 匿名さん2018/01/30(Tue)14:50:32
嬉しいことですね!
某「国産車マンセー」の自動車評論家先生(K氏)は各所で、
「こんなの日本では絶対売れない!」とおっしゃっておられたことを思い出します。
現状、生産が需要に追い付かない状況、とか。
デザインは好みが分かれますが、日本車で最も購入したいクルマの1台です
#53 匿名さん2018/01/30(Tue)15:40:27
タイプRも安泰じゃない
最大のライバルである、メガーヌR.S.が今年発売になる
タイプRのように、ごちゃごちゃ空力パーツを取り付けないエクステリア、排気量を1.8Lに縮小、4WSが搭載される、そしてMTじゃなくなる!
これでニュルのタイムをタイプRより上回れば⁈

これが出たら、評論家先生はメガーヌマンセーに宗旨替えするんだろうな
#54 匿名さん2018/01/30(Tue)15:45:04
タイプRのごちゃごちゃしたデザイン大好き!
意味があって取り付けてるんでしょ、あれ?
だれが見ても只者ではない感を醸し出す良デザイン
洗練、とは対極の機能美!
#55 匿名さん2018/01/30(Tue)20:30:09
メガーヌR.Sに負けじとシビックタイプRも改良を重ねてくるでしょうね。
ちょっと前のインプvsランエボみたいに、切磋琢磨してお互い良くなればいい。
#56 調べてみたシリーズ ニュルのタイムを競う無駄な楽しみ!2018/01/30(Tue)23:45:16
ニュルブルクリンクにおける市販車の走破タイム一覧(一部)

●現行シビックTYPE-R:7分43秒(市販FF車至上最速!)
●現行VWゴルフGTI:7分49秒(限定車のクラブスポーツSのタイム)
●先代シビックTYPE-R:7分50秒
●先代ルノーメガーヌR.S. :7分54秒
新型のメガーヌR.S.はどこまでタイムを縮めてくるのか楽しみですね。

なお、上に上がいるわけで・・・
■歴代1位 現行ウラカン ペルフォルマンテ 6分52秒!!
■3位 現行アヴェンタドールSV 6分59秒
■4位 現行GT-R NISMO  7分8秒(日本車最速!)
■5位 レクサスLFA 7分14秒(見たことありません!)
などなど

世界は広く、壁は高いです
そして、スピードを追求する自動車は絶対に無くなることはありません
#57 ♯562018/01/30(Tue)23:46:34
×至上最速
○史上最速
の間違い、です
#58 匿名さん2018/01/31(Wed)06:47:17
NSXはタイプRで思い切って軽量化しないと、この土俵に上がれないでしょうね。
#59 調べてみたシリーズ ニュルのNSX2018/01/31(Wed)19:48:53
#58さん
先代NSX TYPE-Rのニュルのラップは
「8分03秒」でした。歴代24~26位のようです。

現行NSXが、「TYPE-R」を追加し、7分台前半を目指すor 7分を切るためには、以下の条件が必要かも・・
●軽量化→現状「1,800kg」 (1位ウラカン:1,382kg!)
●モアパワー現状「581ps」(1位ウラカン:640PS)
●能動的な空力性能(可変式スポイラー等)

ちなみにウラカンペルフォルマンテの能動的な空力デバイスの名称は
「ALA(アエロディナミカ・ランボルギーニ・アッティーヴァ)」
英訳すると「ランボルギーニ・アクティブ・エアロダイナミクス」です
ネーミングだけで、胸が躍る語感です・・・
#60 匿名さん2018/01/31(Wed)20:42:02
ミドリ色のランボのことね
#61 匿名さん2018/02/01(Thu)16:17:01
NSXもタイプR系も、速いことをアイデンティティにしてる以上、永遠に続くいたちごっこは避けられない
そこで負けても価値を失うし、厳しいからと降りたら根底から揺らぐ

残された道はF1で確実な結果を残し続けスポーツイメージを揺るぎないものにするか、スポーツや性能に頼らず顧客に寄り添う車造りを徹底するか
#62 匿名さん2018/02/01(Thu)16:28:15
ミニバンばっかり作ってるから、レースでの勝ち方を忘れたんだろ
ミニバンはホントに迷惑だな
#63 匿名さん2018/02/01(Thu)16:31:34
♯14
う〜ん、部品メーカー出されてもな

ホンダとして売ってんだから、ホンダが無能なだけだわな

あと、その表現は良くないね
相手の気持ちも考えなきゃ、さ
#64 匿名さん2018/02/01(Thu)17:33:47
ミニバン乗り
ミニバン海苔
ミニバン糊
外来種は、駆除すべき
#65 匿名さん2018/02/01(Thu)20:15:58
マクラーレンからボロクソ言われ、見放されたホンダ。
今年はトロロッソだが、コンストラクターズでマクラーレンの上に行けたら万々歳でしょう。
#66 匿名さん2018/02/01(Thu)20:52:52
日本の恥だから、早いとこ、撤退して欲しい
走るシケイン!
トロロッソが、かわいそう!
#67 匿名さん2018/02/01(Thu)22:29:28
トロロッソは今年コンストラクターズ4位が目標とのこと。
メルセデス、フェラーリ、レッドブルの3強には勝てないが、上記の目標が達成されれば次へ向けてのステップが踏めると思う。簡単なことではないが。
#68 匿名さん2018/02/01(Thu)22:53:06
ホンダの恥部をいじっててもつまらん
ここはシビックスレ
#69 匿名さん2018/02/02(Fri)06:38:38
MTが設定されているので嬉しい。
#70 匿名さん2018/02/02(Fri)10:21:49
同感!
でもカミさんがMTの運転が苦手だから、MT車は買えない
TYPE-R欲しい残念
#71 匿名さん2018/02/02(Fri)20:12:04
ぜひコーチしてMTの楽しさを味合わせてあげて下さい。勿体ない。
お節介すみませんm(_ _)m
#72 匿名さん2018/02/03(Sat)08:15:16
パーキングブレーキが電動化されているのがいい。
スイッチをONにしておけば停車時にホールド、発進すると自動解除されるので、MTでも急な坂道発進が楽だから助かる。

名前(任意)
コメント

ホンダ・シビックハイブリッド復活、セダンに1.5L Sport Hybrid i-DCD搭載

ホンダが10代目シビックを発表、発売日は9月29日、車両価格は265万320円から

新型シビックは今夏発売のスケジュール、4ドアセダン、5ドアハッチバック、タイプR

シビックタイプR、ゴルフGTIクラブスポーツSのニュルブルクタイムを更新か

ホンダ新型シビックタイプRの量産型が世界初公開、ジュネーブモーターショー

ホンダ・シビックタイプR量産型がジュネーブモーターショーで初公開予定

ホンダ新型シビック、セダン、ハッチバック、タイプRが2017年夏に日本発売

ホンダ新型シビック日本仕様は、セダン、ハッチバック、タイプRの3種類あり

次期シビックタイプR量産型がジュネーブモーターショー2017で公開予定

ホンダ・シビッククーペSiプロトタイプがロサンゼルスオートショーで公開

シビックタイプR市販型がジュネーブモーターショーでワールドプレミアの予測

ホンダ・シビックセダン日本仕様は国内生産モデル、2017年秋より生産開始

新型シビック欧州仕様には直3 1.0L VTEC-TURBOを搭載、パリモーターショー

次期シビックタイプRはセダンではなくハッチバック、プロトタイプがパリで発表

10代目シビック欧州仕様は1.0L、1.5Lの2種類のVTEC-TURBOがラインアップ

ホンダ10代目シビックハッチバック、米国市場の次は欧州に向けて準備

新型シビックハッチバックがパリモーターショーでワールドプレミアの予定

シビックタイプRコンセプトがパリモーターショーで発表か、次期型はセダン

新型シビックハッチバックを2016年秋に米国で発売、英国生産の輸入モデル

シビックタイプRの次期型はセダン、2.0L VTEC-TURBO搭載で開発中

シビック復活、北米の新型セダンが日本でも販売される、2018年の発売見込み

シビック ハッチバック プロトタイプがワールドプレミア、ジュネーブ画像

新型シビックハッチバックがワールドプレミア、ジュネーブモーターショー2016

ホンダ・無限シビックタイプRコンセプト画像、アフターパーツが発売予定

東京モーターショー2015、見逃せないモデル(前編)

ホンダ・シビックタイプRは限定750台428万円、東京モーターショー2015で発表

ホンダ シビックTYPE Rが10月28日に日本発売、約500万円予測、東京MS出展

ホンダ・シビック タイプRが英国スウィンドン工場で生産、日本向け1000台限定

シビックタイプR、英国価格2万9995ポンド(日本円換算約584万円)で7月欧州発売

新型シビック タイプRの欧州発売が迫る、新色画像を公開、VTEC-TURBO搭載

シビックタイプRが日本発売、ホンダが東京モーターショー2015で発表か

北米シビック2015年秋にフルモデルチェンジ、コンセプトモデルがNYショー出展

市販型シビック タイプRは最高出力310ps、ジュネーブモーターショー2015画像

ホンダシビックタイプR市販モデルがジュネーブモーターショーで発表

新型シビックタイプRが英国で予約受注開始、日本発売も限定台数で計画中

ホンダがシビックタイプRコンセプトをパリモーターショー2014で出展

シビックタイプRが2014年度内の発表予測、日本発売の可能性はあるか?

ホンダの新型5ドアハッチバック ハイブリッドカー、コンセプトBを北京で発表

シビック タイプR コンセプトがジュネーブモーターショーで発表される

シビックツアラーのフランクフルトモーターショー画像、欧州向けステーションワゴン

シビックツアラー市販モデルがフランクフルトモーターショーでワールドプレミア

シビック タイプRの日本発売実現に一歩前進、円安で自動車業界の環境が改善

次期シビックではなかった、コンセプトCは新車種クライダー、6月中国発売

シビックツアラー コンセプト、ホンダが新型ステーションワゴン車を発売計画

シビック タイプRが1.6Lターボ搭載で2014年発売、日本導入の可能性高い

シビック・タイプRが復活、2.0L直噴ターボ搭載で欧州仕様をベースに開発中

次期シビックとされるホンダ・コンセプトCの日本発売はあるのか?

シビック ハッチバックが9/15に一般公開

新型シビックハイブリッドはリチウムイオンバッテリー採用

ハイブリッドカー実用燃費ランキング1位~5位

次期、新型シビックが2012年デビュー 写真画像あり

国産ハイブリッドカー全一覧リスト

シビックハイブリッドのリコール(ホンダFD3)口コミ評価とトラブル