car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

北米シビック2015年秋にフルモデルチェンジ、コンセプトモデルがNYショー出展

シビックコンセプトを発表、次期北米シビックは5ドアモデルもラインアップ

ホンダはシビックコンセプトを4月3日から12日まで一般公開されているニューヨーク国際オートショー2015で公開した。

(写真はシビックコンセプト)
シビックコンセプト 2015

今回、ワールドプレミアされたシビックコンセプトは、北米版シビックの通算10代目となる次世代型を予告するモデル。2015年の秋という具体的な市販時期が公表されている。現行モデルは2011年に発売であったから、その販売期間は約4年間ということになり、少し早いサイクルでモデルチェンジを受けることになる。

ホンダ シビック USA シビックコンセプト ニューヨーク2015

北米シビック次期モデルに1.5L VTEC TURBOを搭載、ダウンサイジングターボ採用

これまで北米シビックはセダンとクーペをメインにラインアップされてきた。今回のコンセプトモデルはクーペタイプのボディ形状であるが、市販型ではセダンに加えて5ドアモデルもラインアップされることが予告されている。

(写真は欧州シビックタイプR)
シビック TYPE R

5ドアのシビックについては、これまで欧州仕様としてラインアップされてきたが、北米仕様と欧州仕様の5ドアシビックは異なる車体になることが予想される。ホンダは先月の3月に開催されたジュネーブモーターショーにてシビックタイプR市販型を発表したばかりであり、通常モデルにおいてもしばらく現行型の販売が続くことが予想される。

(写真は1.5L VTEC TURBO)
VTEC TURBO

また、パワートレインとしては1.5L VTEC TURBOが採用される。従来の2.0L NAエンジンクラスのパフォーマンスを発揮しながらも優れた燃費性能を実現するダウンサイジングターボエンジンでホンダが新開発したもの。この北米シビックが日本販売される計画はおそらく無いだろうが、この1.5L VTEC TURBOエンジンは2015年4月23日に日本発売される新型ステップワゴンに搭載され、先行デビューすることになる。

コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント