car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

ホンダ シビックTYPE Rが10月28日に日本発売、約500万円予測、東京MS出展

新型シビックTYPE Rが間もなく発売、欧州から限定台数の輸入販売

欧州にて先行発売される新型シビックTYPE Rの日本発売が2015年10月28日になる見込みとなった。

(写真は新型シビックTYPE R、フランクフルトモーターショー2015)
ホンダ シビック TYPE R フランクフルト

シビックシリーズは1972年に初代型が発売された。その後モデルチェンジを繰り返し、北米ではセダンを、欧州ではハッチバックを主力に販売されてきた歴史を持つ。ただし、日本仕様については2012年に4ドアセダンタイプのシビックTYPE Rを最後にラインアップから姿を消していた。

ホンダ シビック TYPE R リアコンビネーションランプ フランクフルト

今回、シビック復活として日本発売されることになるのは、欧州仕様シビック5ドアをベースに開発されたTYPE Rモデルとなる。英国工場で生産され、限定数1000台が日本で輸入販売されることになる。

HONDA シビック TYPE R フランクフルト

シビックTYPE Rは新開発2.0L直噴ターボエンジンを搭載、最高出力310ps

新型シビックTYPE Rに搭載されるエンジンは直4 2.0L VTEC-TURBOとなる。ホンダは新世代直噴ターボエンジンとしてVTEC-TURBOを開発してきた。エンジンサイズは直3 1.0L、直4 1.5L、直4 2.0Lと3タイプが用意されるが、なかでも新型シビックTYPE Rに搭載される直4 2.0L VTEC-TURBOはハイパフォーマンス仕様となっており、最高出力310ps、最大トルク40.8kgmといったスペックとなる。

ホンダVTEC TURBO 2.0L

新型シビックTYPE Rの英国価格は2万9995ポンドとなった。日本仕様は約500万円となる見通しだ。

ホンダ シビック TYPE R フロントグリル フランクフルト

新型シビックTYPE Rの車体は、10月28日にプレスデーを迎える東京モーターショー2015で出展され、同日に発表・発売となる。

コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント