car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

ホンダ・シビックセダン日本仕様は国内生産モデル、2017年秋より生産開始

新型シビックはセダンのみが日本発売される、生産は国内工場で行われる

ホンダは昨年から今年2016年にかけて北米と欧州でシビックのフルモデルチェンジ発表を行い、10代目モデルへの切り替えを進めてきた。日本市場向けにはタイプRを除きしばらくラインアップから外されていたシビックシリーズであるが、新型はセダンに限り日本発売されることが公言されている。

(写真は新型シビックセダン、パリモーターショー2016)
シビックセダン

そして、その生産計画も明らかになりつつある。シビックセダン日本仕様は、国内の狭山工場で2017年秋から生産される予定となっている。これまでシビックセダンの日本発売は2018年とされていたから、これは少し早まる可能性がある。

シビック セダン リアコンビネーションランプ シビックセダン パリモーターショー2016

新型シビックセダンは日本で販売台数を伸ばすことができるか、5ドアの追加発売にも期待

セダン離れと言われて久しい日本市場であるが、多くのセダンモデルが車種整理され競合モデルが減っている状況だ。セダンとは言え魅力的なモデルを投入することができれば手堅い販売台数を獲得できるチャンスでもある。

シビックセダン インテリア シビックセダン リアシート

シビックセダンの属するCセグメントセダンのカテゴリでは、トヨタ・カローラ、スバル・インプレッサ、マツダ・アクセラといったシリーズにセダンが設定されており主な競合モデルとなるだろう。ただし、これらの販売の主役は、どちらかと言えば5ドアハッチバック車の方である。

(写真はシビックハッチバック)
シビックハッチバック リアコンビネーションランプ

シビックはグローバルでは5ドアハッチバック車が用意されているが、日本市場に導入されるのはセダンのみ。あえて5ドアを日本導入しないのはフィットの販売に専念したいためと考えるが、ライバル車種がそうであるようにやはりユーザーのニーズは5ドアハッチバック車にあるのではと考える。

(写真はグレイス)
グレイス

実はホンダはフィットベースのセダンとしてグレイスを販売しているが、知らない人もいるのではないだろうか。このクラスでセダンのみで車名を持つとマイナー車種化してしまう恐れもある。

シビック5ドアの日本導入も期待したいところだが、今のところそういった動きは無い。

#1 匿名さん2016/11/07(Mon)22:43:16
こんばんは!
これがシビックセダンですか!?

ライバル車であるカローラも、いよいよ新型を開発して欲しいですが、HONDAでは来年(2017年)にアクティバンの後継モデルである「N-VAN」を、2019年にはアクティトラックの後継である「N-TRACK」を出して欲しいです!
#2 山田2016/11/09(Wed)14:15:53
このシビックのハッチバックを欲しがる人が
セダンしか無いならフィット買うわ~ってなるとは、とても思えん
この考え方で行くならグレイスあるし、セダンのシビックも不要だってなるでしょ

名前(任意)
コメント