新型シビックは今夏発売のスケジュール、4ドアセダン、5ドアハッチバック、タイプR

ホンダ新型シビックの日本発売が7月に予定されている、通常ラインアップに復活

ホンダ新型シビックの日本発売が2017年7月にスケジュールされている。

(写真は新型シビック セダン)
シビック セダン

シビックシリーズは日本市場向けには長らく通常ラインアップから外されていたが、その間、欧州および米国の市場を中心に進化を遂げており、今回のフルモデルチェンジで10代目となる。日本導入されるのは4ドアセダン、5ドアハッチバック、そしてタイプRを含めた3モデルとなる。

シビック セダン リアコンビネーションランプ シビック セダン 東京オートサロン2017

新型シビックは1.5Lターボと2.0L NAの2タイプをラインアップ、タイプRは2.0Lターボ

新型シビック日本仕様に搭載されるエンジンは、セダンとハッチバックには1.5L VTEC-TURBOが採用されるとしてきた。さらに2.0L NAも加わる見込みとなっており、2タイプのエンジンラインアップとなる。欧州仕様は直3 1.0LのVTEC-TURBOもあるが、これは導入されないだろう。

(写真は新型シビック ハッチバック)
シビック ハッチバック

タイプRは先代型のブラッシュアップ版となる2.0L VTEC-TURBOを搭載し、最高出力は320psとなる。タイプRは2017年3月のジュネーブモーターショーで市販型が公開されたばかりで、日本仕様も欧州仕様と同時期の発売となる。

シビック ハッチバック リアコンビネーションランプ シビック ハッチバック 東京オートサロン2017

4ドアセダンは日本国内での生産となるが、5ドアハッチバックとタイプRは英国スウィンドン工場からの輸入販売となる。月販目標台数は合わせて2000台程度となるだろう。

(写真は新型シビック タイプR)
シビックタイプR ジュネーブ シビックタイプR インテリア

シビックの歴史は1972年の初代モデルから続くが、度重なるフルモデルチェンジを経てボディサイズは大きくなり過ぎた。今回の新型で、セダンが全長4630mm×全幅1800mm×全高1415mm、ハッチバックが全長4500mm×全幅1800mm×全高1420mmとなる見込み。シビック復活とはいえ、国内で多くの販売台数が見込めないのもこういったところに理由がありそうだ。

シビックタイプR チャンピオンシップホワイト シビックタイプR チャンピオンシップホワイト リアコンビネーションランプ

ホンダの2017年のフルモデルチェンジは、NSX、シビックに続き、N-BOXが予定されている。この内、台数が出そうなのが軽自動車のN-BOXだけということで、少しさみしい内容と言えるかもしれない。

関連するレポート

[ 2017/05/03 ]
#1 ぺぺめめ2017/05/03(Wed)17:00:24
セダンと5ドアが同じデザインに見えるが写真のためだろうか?
#2 匿名さん2017/05/03(Wed)20:29:41
>>1
横から見るとそっくりだが、後ろ姿をよく見ると
トランクとハッチの違いがわかる
#3 a2017/05/03(Wed)23:49:14
ハッチバックもいいけど、折角ならワゴン出せばいいのになぁ
#4 匿名さん2017/05/04(Thu)00:21:47
国内でのライバルは、インプレッサとアクセラあたり?
#5 匿名さん2017/05/05(Fri)22:00:00
ぶっちゃけいらんな
誰が買うんだ
教習車には良さそうだが
#6 匿名さん2017/05/07(Sun)07:37:42
インプ アクセラ は大絶賛で シビックはボロクソ
意味 わかんないっす
価格次第ですけどね あとターボは175PSでとんがってね
ラグジュアリーぽいのは いらねー
#7 匿名さん2017/05/09(Tue)09:20:39
“市民の車”シビックが、いずれ日本国内におけるホンダのフラグシップになるのか・・・誕生から45年、時代は進みすぎた
#8 匿名さん2017/05/13(Sat)01:39:23
タイプR以外はフィットと同じ排気量ならホンダは本気ではないと言うこと。
昔の様にし1.7~1.8Lでは無いしな…自動車税の改変で中間サイズのエンジンを搭載するよりターボの有無で差別化する風潮がある。
1.5L ターボ ジェイドRSのショート版と言う位置づけだろう…
#9 匿名さん2017/05/14(Sun)11:05:30
取り敢えずホンダのハッチバック車に選択肢が増えたのは良いことだ。
#10 匿名さん2017/05/15(Mon)20:22:41
日本に2.0NA導入なんて初めて聞いたぞw
#11 ホンダファン2017/05/21(Sun)22:45:05
シビックもメタボになってしまった…
ハンバーガーとポテトの食べ過ぎやめてダイエットしましょう。

名前(任意)
コメント
コメント投稿

マークXはカムリ発売後もしばらく販売継続、低価格V6 FRセダン最終モデル

ジュークのフルモデルチェンジは2017年、新開発シリーズ方式ハイブリッド搭載

レクサスRX450hLの発売は2018年まで延期か、3列シートクロスオーバーSUV

ホンダが10代目シビックを発表、発売日は9月29日、車両価格は265万320円から

スバル後期型レガシィの日本発表が9月4日に予定、マイナーモデルチェンジ

スズキ・ハスラーワイド計画中、オシャレなシティSUVの居住性が向上

トヨタNEWハイラックスが9月12日発売スケジュール、新型ピックアップトラック

ホンダ・アコードがフルモデルチェンジ、北米で今秋の先行発売がスケジュール

三菱・エクリプス クロス2018年1月発売見込み、新型クロスオーバーSUV

レヴォーグがマイナーモデルチェンジ、ツーリングアシストを搭載

カムリがフルモデルチェンジ日本発売、ハイブリッドのみで約329万円から

ホンダ・ステップワゴン後期型は8月予約受付開始、ハイブリッドモデル追加

N-BOXが8月31日に正式フルモデルチェンジ発売、プレオーダー好調

トヨタ、日産、ホンダ、マツダ、三菱、スバルのメーカーごとの特徴

スカイラインが地味にカッコイイ、東京オートサロン2017日産ブース

スズキ新型スイフトハイブリッド発売、JC08モード燃費32.0km/Lを達成

マツダ・CX-3 ガソリン車 7月21日発売、SKYACTIV-G 2.0を搭載

ホンダ・グレイスがマイナーモデルチェンジ、小型セダンはやっぱり売れない

フォルクスワーゲン車の弱点と選ばれる理由

レクサスCT200hが今夏のマイナーモデルチェンジで後期型へ、FMCは2019年以降

スイフトスポーツは新開発の1.4Lストロングハイブリッドを搭載、7月発売見込み

NX300h、NX300が後期型へマイナーモデルチェンジ、9月14日に日本発売

ジェイドに2列シート5人乗りモデルが追加予定、2017年マイナーモデルチェンジ

ホンダ・アコード次期モデルの日本発売は無し、Sport Hybrid i-MMDに貢献

ステップワゴン ハイブリッドの発売が予想より遅れる、2017年秋頃か

スペーシアが2018年春フルモデルチェンジ、マイルドハイブリッドも進化

ランドクルーザープラドが2017年秋マイナーモデルチェンジ予定、後期型へ

スズキ・SX4 S-CROSSがマイナーモデルチェンジ、新エクステリアで7月6日発売

レクサスUXは2018年秋のワールドプレミア予測、TNGA-C クロスオーバーSUV

ノア、ヴォクシー、エスクァイアが7月3日にマイナーモデルチェンジ

日産セレナe-POWER、2018年初頭発売へ延期、モーターは増強される可能性

フィットが予想以上の売れ行きで増産体制、派生セダン発売スケジュールに遅れ

ホンダ・フィットがマイナーモデルチェンジ、後期型はホンダセンシング採用

アルファロメオ・ジュリア、新型FRセダンの2017年内の日本発売が公式発表

ステップワゴン後期型にマイナーモデルチェンジ、10月東京モーターショー出品

オーリス廃止2018年、TNGA-Cプラットフォームの次期カローラシリーズに統合

次期フェアレディZコンセプトが東京モーターショー2017発表の可能性

V37スカイラインがデトロイトモーターショーで公開、フルモデルチェンジ近し

スイフト ストロングハイブリッド、スイスポが2017年終盤に発売される見込み

次期アテンザは2018年春フルモデルチェンジ、スカイアクティブ2搭載

メーカー/車種別

お問い合わせ
プライバシーポリシー
Copyright © 自動車リサーチ. All rights reserved.