car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

ホンダ・シビックタイプRは限定750台428万円、東京モーターショー2015で発表

シビックタイプRが日本発売、欧州からの輸入販売が実現

10月28日、東京モーターショー2015が開幕した。ホンダはシビックタイプRを出展し、日本発売を正式に発表した。

(写真は新型シビックタイプR)
シビックタイプR

新型シビックタイプRの日本向けに割り当てられた限定台数はわずか750台。これまでの予測では約1000台というものが多かったが、これよりも少ない台数となった。

ホンダ シビックタイプR シビックタイプR ホンダ

ベースとなっているのは欧州仕様シビック5ドアモデル。このベースモデルからして日本で正規販売されておらず、このタイプRが抜群の存在感を放つことになるのは間違いない。

シビックタイプR 東京モーターショー2015

新型シビックタイプRは2.0L VTEC-TURBO搭載でニュルブルクリンク7分50秒63、FF車最速

シビックタイプRに搭載されるエンジンはVTEC-TURBOの2.0Lタイプ。そのパフォーマンスは最高出力310ps/6500rpm、最大トルク40.8kgm/2500rpm。車体重量は1380kgとなる。

CIVIC TYPE R

ボディサイズは全長4390mm×全幅1880mm×全高1460mm、ホイールベースは2600mmと、まさに欧州Cセグメントハッチバックカーど真ん中。ニュルブルクリンクサーキットでは7分50秒63というレコードを保持し、これはFF車で最速となる。

リアには大型のスポイラーが装備される。

シビックタイプR シート

シートはレカロではなくホンダオリジナルとのこと。

シビックタイプR インテリア

コックピットの+Rボタンを押すことでエンジン特性とハンドリングがサーキットモードへとスイッチされる。

トランスミッションは6速MTとなる。タイヤはコンチネンタル235/35ZR19を装着。

車両価格は消費税込み428万円ということで、即完売は確実と見ていいだろう。ホンダ英国工場からの輸入販売となる。

コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント