car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

シビック今秋マイナーモデルチェンジ、スウィンドン工場閉鎖へ

ホンダシビック、10代目モデルが後期型へ

シビックが、現行型の生産終了まで約二年というタイミングで、後期型エクステリアに切り替わる。

シビックシリーズは2017年に国内発売され、セダンとハッチバック、タイプRが国内同時デビューした。販売期間2年のタイミングでの大幅改良が2019年秋に計画中で、これはフェイスリフトを含めたマイナーモデルチェンジ相当となる見込み。

シビックタイプR フロントグリル

現行シビックシリーズのハッチバックとタイプRは英国スウィンドン工場で生産されたモデルが日本で輸入販売されてきた。

このスウィンドン工場の閉鎖が決まっており、その時期は2021年。これは現行シビックシリーズの生産スケジュールと一致する。

ホンダは、このほかトルコ工場の閉鎖などにより、グローバル生産体制を現状の年間540万台から510万台に減らしていく方針である。

英国スウィンドン工場は、生産能力として年間25万台のところ、既に10万台分については休止中であった。ここで生産されたシビックシリーズも約55%が北米に輸出されていた。そもそも欧州で生産する必要性が、さほど高くない状況であったと考えられる。

シビックセダン

さらにブレグジットの動きもあり、英国から欧州市場への輸出関税がどうなるかも不透明である。スウィンドン工場を継続させることは、ホンダとしてはリスクが大きいだろう。

次期シビックシリーズは、中国生産になるという話もあったが、最近は中国との関係がよくなく、これもどうなるかはわからない状況である。

ホンダの欧州市場、HONDA e がブランドイメージを牽引

さて、欧州市場では電気自動車のニューモデルHONDA eの事前予約がスタートしている。これは埼玉県の寄居工場での生産で、欧州へ輸出販売される。今後、欧州市場でのホンダは、Honda eを中核としたブランドイメージになっていくだろう。

#1 匿名さん2019/06/04(Tue)20:32:20ID:IxYmQzMDWY
さて、国内市場ではフィット、N-WGNのFMCが控えてます。
#2 匿名さん2019/06/05(Wed)16:58:41ID:cxMzdiNmWZ
欧州で生産されるホンモノのクルマ。
#3 匿名さん2019/06/06(Thu)01:16:13ID:M1OTgwMTTY
埼玉で生産される正真正銘本物の車。
#4 南 祐斗2019/06/06(Thu)19:05:15ID:c5OWM5NTWN
WLTC
#5 匿名さん2019/06/11(Tue)01:36:00ID:NjMTJiOTWY
ホンダも直6エンジンを開発してFRにしてレジェンドやアコードに搭載して欲しい 
HBとタイプRも寄居で生産するなら価格を下げて欲しい
#6 匿名さん2019/06/17(Mon)14:49:20ID:MwZTQyYTDZ
国内生産のシビックセダンに比べ、英生産のHBはあらゆる点で初期不良が多かった。特に初期
それはSNSでも掲示板でも多量に指摘されたが、これをあえて買うのがホンダ好きであったために沈静化した
もしもこれがフィット等の、誰でも買う車種だったら、大問題になっていただろう
#7 匿名さん2019/06/17(Mon)20:11:59ID:RmYzQ2ZjjN
ハッチバックについては、欧州で生産されるホンモノのクルマとは言えなくなる。
#8 匿名さん2019/07/16(Tue)07:45:15ID:U2OTExMzzM
価格だけはホンモノのクルマと言える

名前(任意)
コメント