新型シビックハイブリッドはリチウムイオンバッテリー採用

ワンモーションフォルムが美しいハイブリッドセダン

ハイブリッドモデルはフロントグリルの開口部が小さい専用デザインで、ガソリンエンジンの存在を主張しない近未来的なエクステリアになっている。
トランクには控えめなスポイラーが装着されアクセントになっているほか、ハイブリッド車専用のアルミホイールも設定され、ハイブリッドモデルは見た目にも差別化される。
ボディサイズの全長×全幅×全高のディメンションは従来モデルと大差はないのだか、Aピラーが極端に傾き、まるでクーペのようなスタイリッシュさがある。

フロアの空力特性も向上

これもハイブリッド専用の採用となるが、リアフロアカバー、タンクカバー、大型エンジンアンダーカバー、フロントロアスポイラーといった、床下の空力特性を向上させる装備が標準化される。
これらの目立たない部分に使われているエアロパーツだが、燃費特性の向上はもちろん、高速巡航時の騒音を低減してくれ、静かで快適な車内が実現されるのは嬉しい。

リチウムイオンバッテリーが採用

新型シビックハイブリッドが技術的に大きく進歩したポイントの一つは、バッテリーとしてリチウムイオン電池が採用された点にある。
従来型のニッケル水素バッテリーと比較して、小型化され重量も軽くなった。
このバッテリーの変更によって、出力は従来の15kWから20kWに向上し、9kgの軽量化がされる。
これまでリチウムイオンバッテリーは安全性とコストの問題で、特性が優れているにも関わらず採用が見送られるケースが多かった。
ここにきて、この新型シビックハイブリッドのほか、トヨタでもプリウスαの一部車種にも採用されはじめ、リチウムイオン電池の採用が一気に加速しそうだ。

一般発売デビューは来年2012年4月

既にニューヨークオートショーで完成形に近いモデルの発表があった新型シビックであるが、一般発売は2012年の4月を予定している。
2ドアクーペと4ドアセダンの2種類のボディタイプが発表され、パワーソースはハイブリッドエンジン、ガソリンエンジン、天然ガスエンジンがラインアップされる予定。
残念ながら日本市場ではこのサイズのセダン、クーペーが売れないトレンドが続いており、日本導入に関してはホンダは消極的のようだ。
ハイブリッドモデルだけでも日本へ導入されれば、一定の支持を得られそうな気もするが。

関連するレポート

[ 2011/07/30 ]
コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント
コメント投稿

次期インプレッサ2012年デビュー写真

イース(e:S)軽自動車が9月末にもダイハツから発売

次期プリウスは2015年秋の発売予測、4WDモデルもラインアップされる

ホンダ・シビックタイプR量産型がジュネーブモーターショーで初公開予定

アルファード&ヴェルファイアのマイチェン後期型が東京モーターショー出展か

トヨタが新型i-TRILコンセプトをジュネーブモーターショーで発表予定

マツダ・CX-3にガソリンモデルを計画、低価格化でライバルSUVに対抗

トヨタ、日産、ホンダ、マツダ、三菱、スバルのメーカーごとの特徴

トヨタ S-FRコンセプトが東京モーターショー2015でワールドプレミア

マツダ・RX-VISION、ロータリーエンジンSKYACTIV-Rを開発中、RX-9コンセプト

レクサス・LS500hがジュネーブモーターショーでワールドプレミアされる予定

VW新型アーテオンがジュネーブモーターショーでワールドプレミアされる予定

スバルXVの日本発売は4月6日、3月ジュネーブモーターショーで市販型公開

トヨタの軽自動車、ピクシススペースに続くOEM車種は何か?

レガシィB4ブリッツェン発売計画あり、東京オートサロンのコンセプト市販化

ステップワゴン ハイブリッドの発売が予想より遅れる、2017年秋頃か

三菱アウトランダーがマイナーモデルチェンジ、フェイスリフト画像

クラウン アスリート/ロイヤルのフルモデルチェンジは2018年に延期

CX-3にガソリンモデル追加、マツダがディーゼル補助金減額へ対策

三菱自動車、新型エクリプス クロスをジュネーブモーターショーで公開

トヨタ・プリウスPHVがフルモデルチェンジ発売、車両価格326万1600円から

レガシィがマイナーモデルチェンジ、フェイスリフトされた後期型を発表

スズキ新型スイフトは、Bセグメントハッチの中で完成度が高い

次期スープラ2018年、フェアレディZ、S2000、RX-9国産スポーツカー黄金期再来

S660 Bruno Leather Editionが2017年春に発売、東京オートサロンにも出品

三菱自動車がアスレジャー(仮名)をジュネーブモーターショーで公開予定

ステップワゴンハイブリッド、2017年秋のマイナーモデルチェンジで追加

マツダ次期アテンザは2018年春に発売される見込み、スカイアクティブ2へ進化

ノート e-POWERエアコン有りは195万9120円から、JC08モード燃費34.0km/L

次期ジムニーがフルモデルチェンジに向けて開発中、東京モーターショー公開か

三菱・新型アスレジャーは案外大きい、RVR以上アウトランダー未満の可能性

ホンダ・アコード次期モデルの日本発売は無し、Sport Hybrid i-MMDに貢献

日産E52新型エルグランド(2代目)ユーザー評価、トラブル、メンテナンス報告

ステップワゴンハイブリッド2017年10月東京モーターショー出展予想

ヴィッツハイブリッド2017年1月12日発売、後期型へマイナーチェンジ

ホンダ・バモスに19年ぶりのフルモデルチェンジ計画、ミッドシップ廃止でFF化

フィットのマイナーモデルチェンジ2017年春GW前に実施される見込み

マツダ新型CX-5がフルモデルチェンジ発売、プレオーダー数は9055台に到達

ホンダ新型シビック、セダン、ハッチバック、タイプRが2017年夏に日本発売

新型ワゴンRが2月1日に発売、スティングレーを含め3タイプのエクステリア

メーカー/車種別

お問い合わせ
プライバシーポリシー
Copyright © 自動車リサーチ. All rights reserved.