car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

シビック ハッチバック プロトタイプがワールドプレミア、ジュネーブ画像

ホンダがCIVIC HATCHBACK PROTOTYPEを発表、次期欧州向けシビック

ホンダはシビック ハッチバック プロトタイプをジュネーブモーターショー2016で発表した。

(写真はCIVIC HATCHBACK PROTOTYPE)
シビック ハッチバック プロトタイプ

ホンダの次世代型シビックとしては、北米シビック セダンの市販型が2015年秋に発表されていた。これに続く今回のシビックハッチバックプロトタイプは欧州市場向けの次世代型を予告するものであり、発売時期としては2017年の初頭頃が計画されている。

次期シビック コンセプト

次期5ドア シビックには1.0L VTEC-TURBOを搭載、ホンダのダウンサイジングターボエンジン

シビック ハッチバックに搭載されるパワートレインとしては、1.0Lの直噴ガソリンターボエンジンが採用される見込み。この1.0L VTEC-TURBOと呼ばれるユニットは、日本市場向けの次期フリードなどへの搭載が噂されていた。しかしこれは延期されたとのことで、市販車への搭載はしばらく果たせそうにない。日本向けモデルを差し置いて、欧州向けシビックが最初の1.0L VTEC-TURBO搭載車となる可能性があるだろう。

この他に、日本のステップワゴンで搭載実績のある1.5L VTEC-TURBO、新世代ディーゼルの1.6L i-DTECも用意される見込みである。

CIVIC ハッチバック プロトタイプ

ハッチバックのシビックは、日本市場ではフィットに需要を奪われる形で2005年に販売を終了させている。以降はタイプRのみが限定台数で販売された。

HONDA CIVIC 5DOOR ホンダ シビック HATCHBACK プロトタイプ

一方でセダンのシビックに関しては、2005~2011年に日本での販売実績があり、さらに新型北米モデルの日本発売が計画されている。

(写真は新型シビック セダン、北米モデル)
北米 シビック セダン シビックセダン リアコンビネーションランプ

新型シビックハッチバックが日本発売されることは無さそうだが、セダンのみのラインアップでシビック復活となりそうだ。

コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント