car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

シビック

シビックタイプR、ゴルフGTIクラブスポーツSのニュルブルクタイムを更新か

投稿日:

シビックタイプR量産型が公開、ニュルブルクリンクFF車最速を奪還できるのか

ホンダの新型シビックタイプRの量産型がジュネーブモーターショー2017で発表された。

(写真は新型シビックタイプR、ジュネーブモーターショー2017)
シビックタイプR チャンピオンシップホワイト

新型シビックタイプRは、新たなボディとブラッシュアップされた2.0L VTEC-TURBOエンジンを搭載し、先代型からの進化を感じさせるものとなった。

シビックタイプR チャンピオンシップホワイト フロントグリル シビックタイプR チャンピオンシップホワイト マフラー

新型シビックタイプRはライバルのゴルフGTIクラブスポーツSを超えることができるか

ただし、進化したのはシビックタイプRだけではない。ライバルのフォルクスワーゲンは2016年にゴルフGTIクラブスポーツSを発売。これはニュルブルクリンク北コースのラップタイムで7分47秒19というレコードを叩き出し、先代型シビックタイプRの7分50秒63という記録を更新している。

シビックタイプR チャンピオンシップホワイト リアコンビネーションランプ シビックタイプR チャンピオンシップホワイト ジュネーブ

そんななか新型シビックタイプRに期待されるのは、ゴルフGTIクラブスポーツSからニュルブルクリンクFF車トップの座を奪還することとなる。

シビックタイプR フロントグリル シビックタイプR リアウィング

ジュネーブでの市販型ワールドプレミアを終え、今夏の発売を控えた段階となった現在ではあるが、新型シビックタイプRのニュルブルクリンクタイムの結果がまだ公表されていない。

シビックタイプR エンジン VTEC-TURBO シビックタイプR インテリア

改良を受けた2.0L VTEC-TURBOエンジンは最高出力320psというスペックが発表されており、これは先代型タイプRあるいはゴルフGTIクラブスポーツSの310psという数値と比較してもアドバンテージとなっていることは確かである。

シビックタイプR シート シビックタイプR ホイール

しかし、タイムで結果が出なければファンは納得しないはず。発売日までには、先代モデルから約3.5秒以上のタイムを短縮させたFF車最速レコードを出してくるのではと予想する。

#1 匿名さん2017/04/11(Tue)16:59:40
最強最速のホンダであれ。

名前(任意)
コメント