car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

トヨタ・プリウスPHVがフルモデルチェンジ発売、車両価格326万1600円から

投稿日:2017/02/15 更新日:

プリウスPHVが日本発売、月間販売目標2500台

プリウスPHVが2017年2月15日にフルモデルチェンジし発売日を迎えた。

(写真は新型プリウスPHV)
プリウスPHV

通常プリウスから約14ヶ月遅れで実現されたプリウスPHVのフルモデルチェンジ。実は昨年2016年秋から受注を受付けていたが、発売自体が延期となったことで、結果として大量の未納車オーダーを抱えてしまっている。発売日以降のオーダーでは、納車は5月以降と大変遅くなることが予想され、これが今後の受注の足かせになるだろう。

(写真は新型プリウスPHV欧州仕様)
プリウスPHV リアコンビネーションランプ プリウスPHV ダブルバブルバックドアウィンドウ パリ2016

月販3500台とも言われた販売目標は、発売日のプレス発表では2500台となっており、このあたりの状況を見て下方修正されたのかもしれない。

プリウスPHVは独自エクステリア、通常プリウスと見た目は大きく変わる

これまでのプリウスPHVは通常版プリウスに準じたエクステリアであったが、今回の新型からは、フロントおよびリア部分において通常プリウスとは異なる全く独立したデザインが採用されているのが特徴となる。

プリウスPHV ハイブリッドエンジン プリウスPHV インテリア

新型プリウスPHVは、EV走行よる航続距離が従来比約2倍の68.2kmとなった。より多くの通勤ユーザーがガソリン無しでウィークデーを乗り切ることができるだろう。バッテリー放電後のハイブリッド走行によるJC08モード燃費は37.2km/Lで、これも優れる。

プリウスPHV フロントグリル プリウスPHV パリモーターショー2016

グレードと車両価格のラインアップは、Sが326万1600円、Sナビパッケージが366万6600円、Aが380万7000円、Aレザーパッケージが406万6200円、Aプレミアムが422万2800円となる。通常版プリウスとの比較では80~100万円程度高くなる。

プリウスPHV トランク

高い車両価格、そして大容量バッテリー搭載によるトランク圧迫も考えると、まだまだ通常ハイブリッドモデルにトータルバランスで勝つのは難しいか。

#1 匿名さん2017/02/19(Sun)19:17:23
プリウスの形に拘らなくてもよくない?プリウスSUVにしたほうが新鮮味がありそうだけどなぁ。……アウトランダーを殺してしまうか。

名前(任意)
コメント

トヨタ・プリウスPHVがフルモデルチェンジ発売、車両価格326万1600円から

トヨタ・プリウスPHVが2月15日発売、独自デザインで326万1600円から

トヨタは次期プリウスαを開発していない、新プリウスは通常版とPHVだけ

トヨタ新型プリウスPHVは326万1600円から、2017年2月に発売延期

トヨタ・プリウスPHVがパリモーターショーに出展、欧州仕様もソーラーパネル有

プリウスに特別仕様車Sセーフティプラスを追加、PHVは2016年冬に発売が延期

プリウスPHVは後席2人掛けシート4人乗り、JC08モード燃費は37km/L、9月予約

新型プリウスPHVの車両価格は330万円前後を予想、2016年10月下旬発売

プリウスPHVは月販3000台規模に拡大、ソーラーパネル装備で燃費性能向上

プリウスPHVが2016年10月26日フルモデルチェンジ、北米版プライムを導入

プリウスPHVは2016年秋にフルモデルチェンジ、専用エクステリア採用

プリウスPHVがワールドプレミア、ニューヨーク国際オートショー2016

新型プリウス最高燃費40.8km/Lで正式発表、車両価格242万9018円から

プリウスの発売前初期受注は5万台、今からのオーダーであれば納車は春頃

プリウスのフルモデルチェンジは2015年12月9日、車両価格242万9018円から

東京モーターショー2015、見逃せないモデル(後編)

新型プリウスは10月28日東京MS発表、11月予約開始、12月9日正式発売の見込み

新型プリウス画像、フランクフルトモーターショー2015、日本発売は12月

新型プリウスがフルモデルチェンジ発表、ニッケル水素バッテリーは採用継続

新型プリウス、ラスベガスでワールドプレミア予定、市販モデル公開

次期プリウスが9月のフランクフルトモーターショーでワールドプレミア

次期プリウスの車両価格は240万円前後の予測、ライバル不在で値上がりか

次期プリウスは大型化でキャビン&ラゲッジスペース拡大、燃費は40km/L超か

プリウスPHVが6月29日の一部改良で実質値下げ、モデル末期でグレード整理

次期プリウスはTNGAとTHSⅢでJC08モード燃費は40km/Lへ向上、2015年11月

プリウスのフルモデルチェンジは2015年8月、リチウムイオンバッテリー搭載

次期プリウスは2015年秋の発売予測、4WDモデルもラインアップされる

プリウスαが2014年秋にマイナーチェンジ、後期モデルは新型フロントデザイン

プリウスのFMCは2015年に計画、リチウムイオンバッテリー採用で軽量&高出力化

プリウスのリコールは国内約100万台が対象、ハイブリッドシステムに不具合

次期プリウスは4WDあり、燃費性能は1割向上と控えめな目標設定はTHSⅡ継続か

次期プリウスは2015年発売に向けて開発中、ニッケル水素バッテリー継続か?

次期プリウスは居住性が向上、早くて2014年末のフルモデルチェンジ発売を予測

次期プリウス2014年末発表予測、リチウムイオンバッテリー搭載で軽量化

次期プリウスが2014年末の発売に向けて開発、樹脂製リアハッチで軽量化

プリウスの2013年モデルはカラーバリエーションが増える

プリウスPHV価格は320万円、JC08モード燃費61プラグインハイブリッド

プリウス プラグインハイブリッド、発売日は2012/1/30、実質価格は275万円から

プリウスが2012年型へマイナーチェンジ、燃費は更に良くなるのか?

プリウスが100万台記念特別仕様車に新色追加

ハイブリッドカー実用燃費ランキング1位~5位

プリウスのリコール情報ステアリングギアボックス、対象10万6000台

二代目プリウスNHW20の中古車価格相場を分析

国産ハイブリッドカー全一覧リスト

すぐに乗りたい!三代目プリウスZVW30の中古車相場情報

プリウスZVW30(三代目)はトヨタZR系ハイブリッドエンジン2ZR-FXE搭載で実燃費が良い