car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

トヨタは次期プリウスαを開発していない、新プリウスは通常版とPHVだけ

プリウスαに後継モデル無し、TNGAは採用されずカタログ落ち

トヨタ・プリウスαは現行型の販売を最後にカタログ落ちする公算が強まっている。

(写真は現行プリウスα)
プリウスα

トヨタではTNGAと名付けられた新プラットフォームを採用した各車種のフルモデルチェンジ計画が進められている。なかでも主力モデルであるプリウスは他モデルより先行して2015年にTNGAプラットフォームに切り替わっており、ハイブリッドシステムの1.8L THSⅡについても新開発型が採用された。

プリウスアルファ

そして従来型プリウスには派生モデルであるプリウスαが設定されていたが、通常プリウスのフルモデルチェンジから一年が過ぎる時期であるにもかかわらず次期型の開発が行われていない。プリウスαを直接後継するモデルは発売されない見込みとなっている。

プリウス派生はもはや必要ない、ハイブリッドワゴン、ハイブリッドミニバンは専用モデルへ

プリウスαは、5人乗りワゴンと、7人乗りミニバンというシート数の違いで2種類のスタイルが設定されたモデルであった。2011年のプリウスαの発売当時は、まだハイブリッドカーの選択肢も少ない状況であったため、プリウスの車体をベースにした派生モデルの存在意義は大きかった。ただし、現行のハイブリッドラインアップでは、ワゴン車としては低価格なカローラフィールダーがあり、ミニバンとしてはノア/ヴォクシー/エスクァイアやシエンタといった本格的な3列シートモデルが用意されている。

トヨタ プリウスα

こういったなかでは、プリウスαは中途半端な位置付けのモデルとなってしまい、フルモデルチェンジしても販売台数を維持するのが難しい状況となっている。

#1 ああ2017/01/07(Sat)17:59:40
ホンダジェイド・・
#2 ぺぺめめ2017/01/07(Sat)20:00:41
今のプリウスのデザインから派生させるならもう必要ないかもしれない・・・
#3 匿名さん2017/01/08(Sun)12:53:19
ジェイドは命拾いしたんだよ……、まだ生命維持装置は外せないが。
#4 匿名さん2017/01/08(Sun)18:46:55
トヨタは自社内に競合するモデルがあるしね。プリウスのバンを出すよりノア、VOXY…などのハイブリッド車に鞍替えしたんだよ。まさか、αを辞めてwishのハイブリッド車作るのかな。
#5 匿名さん2017/02/01(Wed)23:08:26
後期がブサイクになったから売れなくなった事を
トヨタは今ここで潔く認めないと、後々大変ですよね。

高速燃費でコレに勝る「多人数乗車可能な車」は無いんですから。

名前(任意)
コメント