car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

プリウスPHVがワールドプレミア、ニューヨーク国際オートショー2016

プリウスPHVがフルモデルチェンジ発表、通常プリウスとは別デザイン

トヨタは新型プリウスプライムをニューヨーク国際オートショー2016にて世界初公開した。

(写真は新型プリウス プライム)
プリウスPHV

プリウスプライムと発表された新型車は、日本市場でプリウスPHVの車名で販売されるモデルの次期型である。

プリウスPHVはリチウムイオンバッテリーの増強によりEV走行距離を60km以上に延長

新型プリウスPHVのボディサイズは全長4645mm×全幅1760mm×全高1470mm、ホイールベースは2700mm。ベースとなっているのは2015年にフルモデルチェンジした新型プリウスである。先代のプリウスとプリウスPHVは、エクステリアデザインの大部分が共通化されていたが、新型はそれぞれに別エクステリアが与えられた。

プリウスPHV フロントグリル

新型プリウスPHVのフロントデザインはブラックにペイントされた大きなシングルフレームグリルによって表情が大きく変えられた。片側4灯のLEDを採用したヘッドランプも新しく全くの別車種といった印象だ。

プリウス PHV ダブルバブルウィンドウ

リアも特徴的なデザインに仕上げられた。テールゲートはCFRP(炭素繊維強化プラスチック)を採用することで軽量化されている。またその加工性を活かし、グラス中央にくぼみがあるダブルバブルウィンドウが採用された。リアオーバーハングは通常プリウス比で+80mmとなる。

プリウスPHVインテリア プリウスPHV シート

パワートレインは、通常プリウスをベースにリチウムイオンバッテリーが増強されたものになり、EV走行での航続距離は60km以上としている。給電方式は家庭用200Vと急速充電に対応する。

(写真は通常プリウス)
プリウス プリウス ダブルウィッシュボーン

新型プリウスPHVの日本発売は2016年11月頃が見込まれる。

コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント