car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

トヨタ・プリウス後期型はニッケル水素バッテリー廃止へ、12月マイチェン

プリウス後期型へマイナーモデルチェンジ、新型エクステリア採用

現行型プリウス(ZVW50、ZVW51、ZVW55)発売から早くも3年が経過するタイミングとなっている。2018年12月17日には、ビッグマイナーモデルチェンジに相当する改良モデルの導入が計画されており、これによりプリウスは後期型へ移行する。

(写真は現行型プリウス)
新型プリウス 東京モーターショー2015

後期型プリウスはリチウムイオンバッテリーに一本化へ

前期型プリウスのSグレードに設定されていたニッケル水素バッテリー搭載モデルは廃止となり、後期型プリウスは全車リチウムイオンバッテリーが採用される見込みとなっている。

プリウス ハイブリッドエンジン

一般的に、ニッケル水素バッテリーはコスト面で、リチウムイオンバッテリーは小型化と出力パフォーマンスでメリットがあるとされている。現在では技術的な進化により、プリウスが要求する程度の電力レベルでは両方式におけるメリットの差異は小さくなっている。発売から年月が経過したことで販売台数も落ち着いており、特に2WDモデルにおいてはニッケル水素バッテリーモデルを残す理由も無いというわけだろう。

プリウス ダブルウィッシュボーン

ただし、4WDモデルもリチウムイオンバッテリー化されるかどうかは現段階では不明。降雪地域で選択されるケースが多い4WD車は低温特性で実績のあるニッケル水素バッテリーが採用されてきた。

(写真はプリウスPHV)
プリウスPHV プリウスPHV ダブルバブルバックドアウィンドウ

後期型プリウスはフェイスリフトも実施され、プリウスPHVの影響を受けたスポーティな顔つきとなる。フロントグリルは押し出し感が与えられ、ヘッドランプは連灯式LEDが採用されることが予想される。それでもPHVのリアにあるダブルバブルウィンドウまでは採用されないだろう。

#1 匿名さん2018/10/16(Tue)21:15:53ID:E1NWVlNzzO
トヨタは来年4月を目処に系列販売店を統合して将来的に車種を半減させる計画らしいな。
これもパーツを統合して効率化を図る作戦かな?
#2 匿名さん2018/10/17(Wed)03:12:42ID:EyNjkwOTmN
リアが死ぬほどダサいから、何をどーやっても爆発的に売れることはないだろうな
#3 匿名さん2018/10/17(Wed)03:36:40ID:VlODU0ZTzZ
#2
もう既に売れてるぞアンチ君
#4 匿名さん2018/10/17(Wed)07:10:04ID:E1Mzc4ZGTY
物事を否定することしか出来ない人間って人としてとても小さいし、それを自ら露見してて#2はみっともないですね。
#5 本当はトヨタに乗りたい2018/10/17(Wed)07:45:39ID:NiMzAwNmDZ
確かにリアが残念だね。
しかし、トヨタブランドの力
燃費、性能で売れるのは間違いない。
#6 匿名さん2018/10/18(Thu)19:58:10ID:QwZjgzZWjZ
現行のフロントマスクは悪くない
リアだけを弄れば良いのに
#7 匿名さん2018/10/18(Thu)20:06:05ID:Y0MTY4OGTZ
王道とも言える、欧州各国のクルマのデザイン。
欧州車からデザイナーを次々引き抜き、独自の美しさを得ることができた韓国車。
それに対向するには、奇をてらうしか策のない日本車のデザイン。
非常に残念。

レクサスLCみたいなデザインができるんだから、やればできるはず。
(LCはアメリカ生まれのデザインだが)
#8 匿名さん2018/10/19(Fri)06:13:55ID:U5MTkxMTjY
コメント消した?
#9 匿名さん2018/11/04(Sun)07:48:43ID:RmNGQ5ZWjZ
コメント消すなよな。
#10 南 祐斗2019/07/27(Sat)18:15:14ID:lmZTk3NTzM
8.1は一部改良
パノラミックビューモニター標準装備
#11 匿名さん2019/09/03(Tue)21:25:36ID:BjYzNlZWzM
何故これ程までに運転マナーが悪いのか。

名前(任意)
コメント