car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

プリウスPHVは月販3000台規模に拡大、ソーラーパネル装備で燃費性能向上

プリウスPHVの日本発売は2016年秋、プリウスとは別デザインで登場

プリウスPHVの次期モデルについては、既に2016年3月のニューヨーク国際オートショーでワールドプレミアされていた。そしてその日本発売は2016年秋になることが公式サイトで明らかとなっている。

(写真は新型プリウスPHV)
プリウスPHV

次期プリウスPHVの車体のベースになるのはやはり2015年にフルモデルチェンジした現行プリウスということになる。ただし、今回のプリウスPHVからは専用エクステリアデザインが与えられることになり、これまでよりも独自性をもって販売されることになる。

プリウス PHV ダブルバブルウィンドウ プリウスPHVインテリア

プリウスPHVにソーラーパネルシステムが装備される、CHAdeMO規格の急速充電対応

そして、新たな技術として、日本仕様にはソーラーパネルが一部グレードに装備される。プリウスにソーラーパネルが装備された例は先代モデルでもあったが、これによって得られた電力は、駐車時の車内の熱を排出するための空調システムに使われるだけであった。次期プリウスPHVのソーラー充電システムは、駆動エネルギーにも使われることになり、燃費性能の向上に貢献することになる。

プリウスPHV シート プリウスPHV フロントグリル

晴天で一日充電すれば最大で5km程度のEV走行が可能になるというから、災害時でも役立つ。ただし、日常のエネルギーコスト削減という意味では、ソーラーシステムのオプション価格分を取り返すのは難しくなりそうだ。

充電方式は200V、100Vの家庭用電源の他、CHAdeMO規格の急速充電に対応する。

プリウス PHV ニューヨーク国際オートショー

新型プリウスPHVの日本発売は2016年10月26日となる見込み。月間3000台規模の販売が計画されている。

コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント