プリウスZVW30(三代目)はトヨタZR系ハイブリッドエンジン2ZR-FXE搭載で実燃費が良い

プリウス ZVW30 (2009年~)
2010年12月現在、新車販売ランキング1位を独走中のハイブリッドカー三代目プリウスをレポートしました。
全ガソリン車の中で最高の燃費が特徴です。しかし、走行距離の少ないユーザーにとっては割高な買い物になるかもしれません。

三代目プリウスは燃費の良さが特徴

三代目となるTOYOTA PRIUSは10・15モード燃費で38.0(km/L)、JC08モード燃費で32.6(km/L)のカタログスペックを達成し、実燃費は20km/lぐらいとなっています。
エンジンは1.8LDOHC直列4気筒の2ZR-FXEを搭載しておりパワフルな走りを体感しました。

トヨタ製ハイブリッドエンジン搭載priusの長所とは

プリウスの長所は何と言っても、燃費の良さにあるでしょう。
燃料もハイオクは不要です。レギュラーガソリンで十分です。

プリウスの気になる短所、欠点をリストアップ

全体的に短所、欠点を感じることは少ないです。
ただ、最近は営業車にも多用され、斬新なスタイリングに見慣れてしまった感じがあります。
二代目プリウスよりも安っぽい内装は好みが分かれるところだと思います。
オプションのソーラーパネルは、あくまで自己満足のものです。費用対効果はありません。

プリウスの乗り心地は悪くは無いがいまいち

舗装が粗いとリアが激しく揺れます。
基本的に燃費以外は取り得が無いといってもいい車でしょう。しかし不満はありません。
ハンドリングも並で楽しさはありません。

プリウスの中古車はしっかりメンテナンスされたものを選びたい

トヨタ・ZR系エンジンは信頼性が高く、カローラシリーズをはじめ多くの車種に採用されており、メンテナンスや故障修理費用の心配が少なくて済みます。
ニッケル水素電池およびリチウムイオン電池は10万キロ程度ならほぼメンテナンスフリーと考えていいでしょう。
タイミングチェーン採用によりタイミングベルトの交換がありません。
また、ウォータポンプやサーモスタットなどの冷却系トラブルも報告が少ないです。
複雑なハイブリッドシステムは先代から非常に信頼性が高く、ほとんどノートラブルで乗りつづけることができます。

プリウスの基本的なスペックについておさらい

乗車定員は5人となっており、最近の7人乗りミニバンに慣れた方であれば狭く感じるかもしれません。
ボディタイプは5ドアハッチバックセダンなので、後席を倒せば大きな荷物も積載可能です。
モーターは3JM型の交流同期電動機となっています。
2ZR-FXEエンジンは73kw(99PS)/5,200rpmを発生することができ、これにモータ動力60kw(82PS)を追加すると必要十分な加速を得ることができます。
最大トルクはガソリンエンジン部分で142Nm(14.5kgm)/4,000rpm、モーター部分で207Nm(21.1kgm)となっており、街中でも峠でもオールマイティにこなすことができます。
変速機はCVT(電気式無段変速機)採用でさらに燃費に貢献できるしくみです。
駆動方式はFFで広いラゲッジルームが得られます。
サスペンション方式は前がストラット式コイルスプリング(スタビライザー付)に対し、後がトーションビーム式コイルスプリングとなっており、このクラス標準のハンドリング性能、乗り心地を実現しています。
全長は4,460mm、全幅は1,745mm、全高は1,490mmとなっております。
ホイールベースは2,700mmとなっており、車両重量は1,310 – 1,490kgです。
自動車重量税は37,800円となります。
ハイブリッド方式はHV(THS II)およびPHV(THS II Plug-in)であり、電池残量が十分な場合はモーターだけの走行が可能です。共にリダクション機能がついています。
動力用主電池としては、ニッケル水素電池(HV)とリチウムイオン電池(PHV)があります。
プラットフォームはトヨタ・新MCプラットフォームで十分な車体剛性を確保しています。

関連するレポート

[ 2010/12/21 ]
コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント
コメント投稿

ASPARK OWLがフランクフルトショーデビュー、新興日系スーパーEVメーカー

BMW コンセプトZ4がフランクフルトモーターショー2017で出品、画像

アウディAICON発表、レベル5完全自動運転を予告するコンセプトカー

ポロGTI新型、フォルクスワーゲンがフランクフルトモーターショーで車両公開

レクサスCT200hが今夏のマイナーモデルチェンジで後期型へ、FMCは2019年以降

スズキ・ハスラーワイド計画中、オシャレなシティSUVの居住性が向上

ホンダ・シャトルのマイナーモデルチェンジ9/15発売、ハイブリッド改良

次期カローラ2019年フルモデルチェンジ見込み、TNGA-Cプラットフォーム採用

ホンダ・URBAN EV CONCEPTをワールドプレミア、2019年欧州市場で発売

ホンダ・オデッセイが今秋マイナーモデルチェンジで後期型エクステリアに

BMWがコンセプト X7を発表、次世代型キドニーグリル採用で2018年市販化

LX570に2列シート5人乗り仕様追加、ラゲッジ拡大でアウトドアニーズに応える

新型CX-8にマツダ版アラウンドビューモニタが搭載、2017年内発売

三菱自動車D:5後継デリカD:6はエルグランドとプラットフォーム共用か

ホンダ・インサイト復活、3代目は居住性向上と新開発i-MMDハイブリッド搭載

ステップワゴンスパーダハイブリッド発売日は9月下旬、価格約314万円から

スイフトスポーツがフランクフルトモーターショーで公開、6MT車183万6000円~

日産・セレナ e-POWER 今秋東京モーターショーのミニバン商戦に間に合うか

トヨタ現行マークXを2019年に生産終了予定、後継モデル計画は白紙

WRC日本開催2020年誘致目指す、同年ヴィッツ廃止で次期ヤリスを発売か

コンセプトEQA発表、メルセデスのCセグメントハッチバック電気自動車

スズキ次期スペーシア市販プロト、東京モーターショー2017出品予想

スープラ コンセプトの東京モーターショー発表は無し、デトロイトまで持ち越し

アルファロメオ新型ジュリア446万円から、輸入セダンに新たな選択肢

ホンダ新型N-BOXフルモデルチェンジ発売開始、新開発VTECエンジン搭載

マツダ次期アテンザ コンセプトが東京モーターショーで発表される可能性あり

レクサスLSのフルモデルチェンジ発売、2017年10月19日スケジュール

レクサスRX450hLの発売は2018年まで延期か、3列シートクロスオーバーSUV

サンバーが生産終了、スバルが軽自動車生産から撤退

次期エスティマのフルモデルチェンジ2019年、EVミニバンの可能性も

マツダが次期ロードスターのエクステリアデザインを世界発表、脱KODOコンセプト

86オープン発売中止の真相は?一定の販売台数が見込めないことをトヨタが嫌気

セレナ新開発ハイブリッド搭載モデルが2017年2月に追加発売される見込み

ホンダが10代目シビックを発表、発売日は9月29日、車両価格は265万320円から

ヴィッツ現行型でモデル名を廃止する可能性、ヤリスの車名を日本導入か

マツダがSKYACTIV-Xの2019年導入を明言、HCCIエンジンはアクセラから採用か

プラドが後期型へマイナーモデルチェンジ、エントリー価格353万8080円に値上げ

ハイラックスが来月日本発売、ピックアップトラック復活326万7000円から

現行アクセラ最終型か、8月一部改良でセダンにも1.5Lディーゼル追加

BRZ/86次期型は高級化の可能性、2020年頃のフルモデルチェンジ発売を予想

メーカー/車種別

お問い合わせ
プライバシーポリシー
Copyright © 自動車リサーチ. All rights reserved.