car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

プリウスPHVは2016年秋にフルモデルチェンジ、専用エクステリア採用

次期プリウスPHVは2016年秋に日本発売、別デザインが与えられる

今月開催されたニューヨーク国際オートショー2016では、プリウス プライムとして日本市場でプリウスPHVの車名で販売されるモデルのワールドプレミアが行われた。そして、その日本発売が2016年秋に実施されることがホームページ上でも予告されている。

(写真はプリウス プライム、ニューヨーク国際オートショー2016)
プリウスPHV フロントグリル

先代型ではプリウスとプリウスPHVは共通エクステリアであったが、新型PHVでは専用エクステリアが与えられ存在感を示した。

プリウスPHV

フロント部分はグリルが大きく、通常プリウスよりもスポーティーな印象を受ける。これに合わせてヘッドランプについても全くの別デザインが採用された。

リア部分では左右に膨らみを持たせたリアウィンドウが注目となっている。CFRP(炭素繊維強化樹脂)の使用で軽量化するとともに、その加工性を生かした斬新なデザインを採用することで、プリウスPHVのアピールポイントとなっている。

プリウス PHV ダブルバブルウィンドウ

新型プリウスPHVはパワートレインも大幅進化、EV航続距離60km以上

新型プリウスPHVに搭載されるリチウムイオンバッテリーの容量は8.8kWhとなり、前モデルの4.4kWhから倍増となった。EVモードでの航続距離は60km以上としており、前モデルの26.4kmから2倍以上の延長である。

プリウスPHVインテリア プリウスPHV シート

パワートレイン部分では構造的な進化がある。これまでのTHSⅡは発電専用モーターを備えていたが、これを駆動用モーターとしても使えるように改良された。EVモードでの最高速度は、通常プリウスでは100km/hであるが、プリウスPHVでは135km/hに向上している。

プリウス PHV ニューヨーク国際オートショー

最近では原油価格の下落で、環境対策車が以前ほど売れない状況となっている。特に北米ではその動向が顕著で、販売の頼みの綱はハイブリッド信仰の強い日本市場ということになりそうだ。

コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント