car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

新型プリウス最高燃費40.8km/Lで正式発表、車両価格242万9018円から

新型プリウス正式発売、燃費性能は事前情報を超える

プリウスの4代目となるフルモデルチェンジが行われ、2015年12月9日に発売日を迎えた。

(写真は新型プリウス、東京モーターショー2015)
新型プリウス 東京モーターショー2015

新型プリウスのJC08モード燃費は40.8km/Lで、プラグイン車を除き世界最高レベル。事前の情報では40.0km/Lとされていたが実際にはこれを上回る数値となった。

プリウス トヨタ プリウス 東京モーターショー2015

なお40.8km/Lを達成するのは燃費特化モデルのEグレードのみ。この他のモデルも2WD車で37.2km/L、4WD車で34.0km/Lを達成する。

プリウス インテリア プリウス リアシート

新型プリウスのグレード構成はリチウムイオンバッテリーとニッケル水素バッテリーの混成

新型プリウスのグレード構成は、E、S、Sツーリングセレクション、A、Aツーリングセレクション、Aプレミアム、Aプレミアムツーリングセレクションとなる。

プリウス ハイブリッドエンジン

エントリーモデルのEグレード(2WD 242万9018円)は、リチウムイオンバッテリーを採用することで燃費性能は最も優れるが装備が大幅に省かれている。そのため販売のメインとなってくるのは基本的な装備が標準化されたSグレード(2WD 247万9091万円)となる。

プリウス

今回のプリウスから4WD車がラインアップされるということで、降雪地域からのオーダーも伸びているという。車両価格は2WD車から19万4400円のアップで、Eグレードを除き設定される。なお4WD車は全車ニッケル水素バッテリーの採用となる。

プリウス トランクルーム プリウス ダブルウィッシュボーン

新型プリウスでリチウムイオンバッテリーが導入されるのはEとA系統の各グレードの2WD車のみとなる。S系統の各グレードはニッケル水素バッテリーの採用となる。

コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント