プリウスが100万台記念特別仕様車に新色追加

国内累計販売100万台達成記念、LEDエディションに専用色を追加

最近はプリウスと言えば、ワゴンタイプのプリウスαのシルエットを思い浮かべてしまうが、ハッチバックタイプの三代目プリウスもまだまだ人気があり受注台数の多い車種だ。
そんなプリウスだが、昨年2010/10よりS-LEDエディション、G-LEDエディションとして特別仕様車が販売されている。
これに新たな特別色が2色、ライトブールマイカメタリックとブロンズメタリック加わった。

S“LEDエディション”

特別に設定されている装備は、LEDヘッドランプ、本皮巻きステアリング、スエード調シート、ファブリック巻き大型コンソールボックスといったもので、車体価格は236万円からとなる。
個人的には、このエディションであれば、通常のLシリーズ(205万円~)で十分であると感じるし、30万円の価格差を見出すのが難しい。

G“LEDエディション”

S“LEDエディション”の装備に加え、ダークプレミアムメタリック塗装ホイールキャップやレザーシートが装備され、ゴールドの内装の装飾が加わる。
どうしてもプリウスで高級感のある室内を演出したいなら、G“LEDエディション”の選択もありえるだろう。
ただし、車体価格が276万円~となり、プリウスにここまでの金額を出せるかどうかは微妙なところだ。
高級なハイブリッドを選ぶなら、SAIやクラウンハイブリッド、レクサスCT200hの方が興味をもつユーザーが多いのではないだろうか。もちろん価格帯はもっと上になるのだが。

プリウスαの受注が5万台を突破

先月5/13に発売されたプリウスαであるが、発売から1ヶ月で販売台数が5万2000台となり、当初の目標を大きく上回ることができた。
ただし、納車の時期はかなり遅くなり、今からの予約では、来年の2012/4以降になる可能性が高い。
特にリチウムイオン電池が採用された3列シートモデルについては、バッテリーの供給状態が思わしくなく、納車までに多くの時間が必要となりそうだ。
この3列シートモデルは1万4000台を受注しており、全体の26%に留まっている。
発売前はコンパクトミニバンタイプの3列シートモデルに注目が集まっていたが、リチウムイオン電池採用による車体価格の高さや納車が遅くなる問題から、2列シートのワゴンタイプに受注台数が押されている。
2列シートモデルは3万8000台を受注しており、従来型のニッケル水素バッテリーを採用したことで車体価格を低くしたことが受注をより多く伸ばした。

関連するレポート

[ 2011/06/15 ]
コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント
コメント投稿

レクサスがスピンドルグリルに見切り、次期モデルから新型グリルデザインの可能性

次期スカイラインクーペ ハイブリッドのコンセプトモデルが発表、500ps超

アウディ・Q8スポーツコンセプトのワールドプレミア画像、新型クーペSUV提案

トヨタが新型コンパクトクロスオーバーSUVコンセプトをパリモーターショーで公開

アテンザ ハイブリッドがテスト中

トヨタが新型i-TRILをジュネーブモーターショーで発表、i-ROAD後継4輪

アルファード&ヴェルファイアのマイチェン後期型が東京モーターショー出展か

レクサスLS500hがワールドプレミア、ラグジュアリー内装のフラグシップセダン

トヨタ・ハリアーがマイナーモデルチェンジ、3列シート車追加の可能性

メルセデスAMG GTコンセプト画像、4ドアスポーツクーペをジュネーブで提案

スカイライン プロパイロットの発売日は近い、改良型インフィニティQ50発表

日産欧州キャシュカイが後期型へ、新Vモーショングリルとプロパイロット採用

マクラーレン新型720S ジュネーブショー画像、日本価格は3338万3000円から

トヨタ・ヤリスGRMNがジュネーブショーで発表、1.8Lスーパーチャージャー搭載

ボルボ新型XC60画像、ジュネーブモーターショーでワールドプレミア

フォルクスワーゲン新型アーテオンがワールドプレミア、ジュネーブショー画像

フィットがマイナーモデルチェンジ予定、RSで1.0L VTEC-TURBO導入の可能性

ホンダ・バモスに19年ぶりのフルモデルチェンジ計画、ミッドシップ廃止でFF化

三菱エクリプス クロスをワールドプレミア、ジュネーブモーターショー画像

ホンダ新型シビックタイプRの量産型が世界初公開、ジュネーブモーターショー

ホンダ新型NSX 米国生産モデルが横浜港到着、日本向け納車スタート

日産、可変圧縮比エンジン搭載のスカイラインクロスオーバーを開発中

NSX後継?ホンダの新型スポーツカー

スバルが新型レヴォーグのティザー画像を公開、インプレッサとの違いは?

ノア、ヴォクシー、エスクァイア三姉妹モデルがマイナーモデルチェンジを計画

新型スバルXVが世界発表、ジュネーブモーターショー2017画像

メルセデスベンツ CLA45 AMGを発表、Aクラス4ドアクーペの高性能モデル

QX50(スカイラインクロスオーバー)がNYショーでマイナーモデルチェンジ発表

トヨタ・ヴィッツハイブリッド発売、マイナーチェンジでフェイスリフト後期型

N-BOXのフルモデルチェンジが今夏予定、ホンダセンシングを軽自動車に初採用

新型V37 スカイラインは2013年発売予定

クラウン アスリート/ロイヤルのフルモデルチェンジは2018年に延期

シビック タイプRが1.6Lターボ搭載で2014年発売、日本導入の可能性高い

新型インプレッサ WRX STIの発売は延期、7月の改変でGR、GV型最終モデルへ

次期ノートは3ナンバーの可能性、8月下旬発売予定

スズキ新型スイフトは、Bセグメントハッチの中で完成度が高い

三菱アウトランダーがマイナーモデルチェンジ、フェイスリフト画像

ホンダ・シビックタイプR量産型がジュネーブモーターショーで初公開予定

VW新型アーテオンがジュネーブモーターショーでワールドプレミアされる予定

ステップワゴン ハイブリッドの発売が予想より遅れる、2017年秋頃か

メーカー/車種別

お問い合わせ
プライバシーポリシー
Copyright © 自動車リサーチ. All rights reserved.