プリウスPHV価格は320万円、JC08モード燃費61プラグインハイブリッド

プリウスPHV(プラグインハイブリッド)の予約を受付中

(写真は、東京モーターショーに展示されたプリウス・プラグインハイブリッド)
プリウスプラグインハイブリッド
ハイブリッドカーに続く次世代環境車の開発競争が各社で行われているが、トヨタではプラグインハイブリッド方式をメインに進めていく方針。
そんな中、発売されたのがプリウスPHVである。
プリウスPHVは、これまで法人リース専用車種として実用化されていたが、今回はこれが一般向けに発売される。
この法人リース仕様のプリウスPHVは、バッテリーをある程度使いきるまでEV走行を続け、その後ハイブリッド走行に切り替わっていた。
新型では、ドライバーがEV走行とハイブリッド走行のどちらを選択するかをボタンを押して切り替える機能が加わる。

プリウスプラグインハイブリッドの予約受付は既に11/29より始まっており、発売は来年2012年1月30日の予定。

プリウスプラグインハイブリッドの実質負担金額は275万円

プリウスPHVの車体価格は320万円だが、政府からの補助金の45万円を差し引くと実質負担は275万円になる。
従来型のプリウスSとの価格差は43万円。
プラグインハイブリッドとしては数年前では考えられないほど手に届きやすい価格になったが、車両価格差の43万円をガソリン代の差額で取り返すのは、JC08モード燃費で61km/Lを達成したと言えど、一般的な走行では難しい。

プリウスPHVのボディデザインは従来型プリウスと共通

新型プリウスPHVのハイブリッドシステムは、エンジン出力やモーター出力など動力部分に関しては従来型プリウスと共通となる。
従来型プリウスでも2kmのEV走行が可能であったから、パワーユニットの大きな変更は必要無いというわけだ。
従来型プリウスに大容量のリチウムイオンバッテリーをトランクルーム床下に積載させたのがプリウスPHV。
ニッケル水素バッテリーからリチウムイオン電池へと大きく進化したが、車体重量を比較すると、従来型のプリウスGが1350kg、新型のプリウスPHVが1420kgで70kgの重量増となる。
トランクルームの圧迫や重量増で加速が悪くなることは通常のプリウスと比較して弱点になるだろう。
(写真は、プリウスPHVのバッテリー積載部分のカットモデル)
プリウスphv リチウムイオンバッテリー

この他に、電源設備の工事で9万5000円の追加費用が必要になり、設置場所の問題もあることもデメリット。
ボディサイズやデザインは従来型プリウスとほぼ共通でフレッシュさが無い。
これらのように、従来型プリウスと比較してプリウスPHVには弱点が多いのだ。
プラグインハイブリッド車が、従来型ハイブリッドを超える人気車種になるのは、あともう少し先になるのではと考える。

関連するレポート

[ 2011/12/20 ]
コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント
コメント投稿

VW新型アーテオンがジュネーブモーターショーでワールドプレミアされる予定

RVRにプラグインハイブリッドが追加

スズキ新型スイフトスポーツがデビュー

次期インプレッサ2012年デビュー写真

イース(e:S)軽自動車が9月末にもダイハツから発売

次期プリウスは2015年秋の発売予測、4WDモデルもラインアップされる

ホンダ・シビックタイプR量産型がジュネーブモーターショーで初公開予定

アルファード&ヴェルファイアのマイチェン後期型が東京モーターショー出展か

トヨタが新型i-TRILコンセプトをジュネーブモーターショーで発表予定

マツダ・CX-3にガソリンモデルを計画、低価格化でライバルSUVに対抗

トヨタ、日産、ホンダ、マツダ、三菱、スバルのメーカーごとの特徴

トヨタ S-FRコンセプトが東京モーターショー2015でワールドプレミア

マツダ・RX-VISION、ロータリーエンジンSKYACTIV-Rを開発中、RX-9コンセプト

レクサス・LS500hがジュネーブモーターショーでワールドプレミアされる予定

スバルXVの日本発売は4月6日、3月ジュネーブモーターショーで市販型公開

トヨタの軽自動車、ピクシススペースに続くOEM車種は何か?

レガシィB4ブリッツェン発売計画あり、東京オートサロンのコンセプト市販化

ステップワゴン ハイブリッドの発売が予想より遅れる、2017年秋頃か

三菱アウトランダーがマイナーモデルチェンジ、フェイスリフト画像

クラウン アスリート/ロイヤルのフルモデルチェンジは2018年に延期

CX-3にガソリンモデル追加、マツダがディーゼル補助金減額へ対策

三菱自動車、新型エクリプス クロスをジュネーブモーターショーで公開

トヨタ・プリウスPHVがフルモデルチェンジ発売、車両価格326万1600円から

レガシィがマイナーモデルチェンジ、フェイスリフトされた後期型を発表

スズキ新型スイフトは、Bセグメントハッチの中で完成度が高い

次期スープラ2018年、フェアレディZ、S2000、RX-9国産スポーツカー黄金期再来

S660 Bruno Leather Editionが2017年春に発売、東京オートサロンにも出品

三菱自動車がアスレジャー(仮名)をジュネーブモーターショーで公開予定

ステップワゴンハイブリッド、2017年秋のマイナーモデルチェンジで追加

マツダ次期アテンザは2018年春に発売される見込み、スカイアクティブ2へ進化

ノート e-POWERエアコン有りは195万9120円から、JC08モード燃費34.0km/L

次期ジムニーがフルモデルチェンジに向けて開発中、東京モーターショー公開か

三菱・新型アスレジャーは案外大きい、RVR以上アウトランダー未満の可能性

ホンダ・アコード次期モデルの日本発売は無し、Sport Hybrid i-MMDに貢献

日産E52新型エルグランド(2代目)ユーザー評価、トラブル、メンテナンス報告

ステップワゴンハイブリッド2017年10月東京モーターショー出展予想

ヴィッツハイブリッド2017年1月12日発売、後期型へマイナーチェンジ

ホンダ・バモスに19年ぶりのフルモデルチェンジ計画、ミッドシップ廃止でFF化

フィットのマイナーモデルチェンジ2017年春GW前に実施される見込み

マツダ新型CX-5がフルモデルチェンジ発売、プレオーダー数は9055台に到達

メーカー/車種別

お問い合わせ
プライバシーポリシー
Copyright © 自動車リサーチ. All rights reserved.