car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

次期プリウスの車両価格は240万円前後の予測、ライバル不在で値上がりか

プリウスのフルモデルチェンジ発表が2015年秋に予定

トヨタ・プリウスのフルモデルチェンジ発表が遅くとも2015年秋には行われる見込みとなった。ただし、生産開始はこれよりもやや遅れ、2015年末か2016年初頭にも納車スタートとなるスケジュールとなっている。

(写真は現行プリウス ZVW30型)
プリウス 2014

次期プリウスは新開発のハイブリッドシステムであるTHSⅢが初導入され、駆動用バッテリーとしてリチウムイオンバッテリーが採用される。車体の軽量化も盛り込まれ、JC08モード燃費は少なくとも40.0km/Lを超えることが確実視されている。

次期プリウスの車両価格は現行モデル比で値上がり、240万円前後がスタート価格

そして、次期プリウスのスタート価格は240万円前後となる見方が強くなっている。現行モデルは223万2000円のグレードLが最安モデルとなっており、これより20万円程度値上がりすることになる。

ZVW30型の現行プリウスが発売された2009年当時を振り返ると、対抗モデルとしてホンダ・インサイトがあった。

(写真はホンダ・インサイト)
北米仕様 インサイト

インサイトはローコストなハイブリッドシステムであるため、車体価格を安くできるメリットがあった。しかし、プリウスもこれに負けじと200万円を切る廉価グレードを投入するなど、プリウスvsインサイトの価格競争が展開された。この対決の結果は販売台数の面ではプリウスの圧勝となり、不人気車に転落したインサイトは2014年に販売を停止。以後、インサイトの後継モデルが用意されておらず、今後もその予定は無い。

次期プリウスが強気の価格を設定してくるのも、実質的にはライバル不在の状況で販売されるという事情がありそうだ。

コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント