car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

スバル新型インプレッサG4/SPORT、発売一ヶ月後の受注が11050台で好調

新型インプレッサ発売初期受注が月間目標の4倍を獲得、全車アイサイト標準装備

スバルではインプレッサの受注が好調であることは前回のレポートでも報告した通り。その受注台数は発売後約一ヶ月で11050台となっていることが発表された。

(写真は新型インプレッサSPORT)
スバル インプレッサ スポーツ 5ドア

新型インプレッサは2016年10月13日にフルモデルチェンジ発売されたモデルである。9月1日から予約受付を開始しており、実質的には約2ヶ月半の期間に獲得できたオーダー数ということになる。月間目標台数はやや少なめの2500台であるが、その4倍を超える受注となった。

(写真は新型インプレッサG4)
スバル インプレッサ G4

新型インプレッサはスバルファン以外からも好評、SGP採用で車格アップ

新型インプレッサの受注内訳は、セダンのG4が2226台、ハッチバックのSPORTが8824台となり、SPORTが圧倒的に優勢となった。

インプレッサスポーツ リアコンビネーションランプ インプレッサ ヘッドライト

エンジン別では、G4は1.6Lエンジンが18%、2.0Lエンジンが82%の割合となり、同じくSPORTでは1.6Lが26%、2.0Lが74%となった。G4でより2.0Lエンジンが好まれる傾向が強く、スポーツ志向が強いユーザーに選ばれているようだ。

スバル インプレッサ G4 ニューヨーク国際オートショー2016 インプレッサG4

また、オーダーの51%がスバルオーナー以外によるものとしており、幅広い客層から支持されていることがわかる。このあたりは、アイサイトの標準装備化も大きく貢献している要素の一つだろう。さらに新開発プラットフォームのSGPが採用されたことで車格もアップしている。車両価格はエントリーモデルで192万2400円と従来からのインプレッサのイメージで捉えれば高いわけだが、見た目も大きさも装備も200万円クラスのクルマとしてしっかり成立しており、これがオーダー獲得に結びついていると考える。

#1 匿名さん2018/02/17(Sat)08:09:16
昔は、コメント欄が空白だったのか
#2 匿名さん2018/02/17(Sat)10:11:16
fin
#3 匿名さん2018/02/17(Sat)10:20:57
スバルがこの時点で精一杯がんばった「カッコ良さ」がこれ
スバルは、デザインと魅力の無いエンジンラインアップを何とかしてくれ
#4 匿名さん2018/03/02(Fri)13:06:29
デザインがダサいとか言われてるけど、よーく見るとじわじわくる。
#5 匿名さん2018/03/02(Fri)16:13:35
まだあの件が尾を引いているのか。
#6 匿名さん2018/03/02(Fri)16:40:31
G4目撃したことがない
#7 匿名さん2018/03/02(Fri)17:40:34
#6
見ないね。
アメリカ・中国に行けばたくさん走ってるはず。
#8 匿名さん2018/03/02(Fri)23:05:51
STI スポーツ 2018年9月?
エンジンに変更無い模様
#9 匿名さん2018/03/03(Sat)07:02:01
ブルーのボディーカラーにゴールドのアルミホイール。似合わないか。
#10 匿名さん2018/03/03(Sat)08:41:49
排ガスのデータ書き換えまでVWの真似しなくてよろし
#11 匿名さん2018/07/22(Sun)21:24:17ID:BjNjk3YWDO
そろそろガツンとしたテコ入れが欲しい。

名前(任意)
コメント

車名

インプレッサ

インプレッサ

代表グレード

WRX STI スペックC 17インチタイヤ仕様車

WRX STI スペックC 18インチタイヤ仕様車

発売日

2014年4月

2014年4月

型式

CBA-GVB

CBA-GRB

ボディ形状

4ドア セダン

5ドア ハッチバック

乗員定員

5名

5名

全長(mm)

4580

4415

全幅(mm)

1795

1795

全高(mm)

1470

1470

ホイールベース(mm)

2625

2625

トレッド 前(mm)/後(mm)

1530/1540

1530/1540

室内長(mm)

1985

1985

室内幅(mm)

1475

1475

室内高(mm)

1200

1200

車両重量(kg)

1420

1440

エンジン型式

EJ20

EJ20

シリンダー配列

水平対向4気筒

水平対向4気筒

排気量(cc)

1994

1994

シリンダー内径(mm)×行程(mm)

92.0×75.0

92.0×75.0

最高出力

308ps(227kW)/6400rpm

308ps(227kW)/6400rpm

最大トルク

43.8kg・m(430N・m)/3200rpm

43.8kg・m(430N・m)/3200rpm

圧縮比

8.0

8.0

過給機

ターボ

ターボ

燃料タンク容量(L)

60

60

使用燃料

ハイオクガゾリン

ハイオクガゾリン

JC08モード燃費(km/L)

9.4

9.4

サスペンション(フロント)

ストラット式

ストラット式

サスペンション(リア)

ダブルウィッシュボーン式

ダブルウィッシュボーン式

ブレーキ(フロント)

ベンチレーテッドディスク

ベンチレーテッドディスク

ブレーキ(リア)

ベンチレーテッドディスク

ベンチレーテッドディスク

タイヤサイズ(フロント)

235/45R17

245/40R18

タイヤサイズ(リア)

235/45R17

245/40R18

最小回転半径(m)

5.5

5.5

トランスミッション

6MT

6MT

駆動方式

フルタイム4WD

フルタイム4WD

消費税込み車両価格

3,423,600円

3,747,600円

車名

インプレッサ

インプレッサ

代表グレード

WRX STI

WRX STI Aライン

発売日

2014年4月

2014年4月

型式

CBA-GRB

CBA-GVF

ボディ形状

5ドア ハッチバック

4ドア セダン

乗員定員

5名

5名

全長(mm)

4415

4580

全幅(mm)

1795

1795

全高(mm)

1470

1470

ホイールベース(mm)

2625

2625

トレッド 前(mm)/後(mm)

1530/1540

1530/1540

室内長(mm)

1985

1985

室内幅(mm)

1475

1475

室内高(mm)

1200

1200

車両重量(kg)

1480

1490

エンジン型式

EJ20

EJ25

シリンダー配列

水平対向4気筒

水平対向4気筒

排気量(cc)

1994

2457

シリンダー内径(mm)×行程(mm)

92.0×75.0

99.5×79.0

最高出力

308ps(227kW)/6400rpm

300ps(221kW)/6200rpm

最大トルク

43.0kg・m(422N・m)/4400rpm

35.7kg・m(350N・m)/2800〜6000rpm

圧縮比

8.0

8.2

過給機

ターボ

ターボ

燃料タンク容量(L)

60

60

使用燃料

ハイオクガゾリン

ハイオクガゾリン

JC08モード燃費(km/L)

9.4

9.0

サスペンション(フロント)

ストラット式

ストラット式

サスペンション(リア)

ダブルウィッシュボーン式

ダブルウィッシュボーン式

ブレーキ(フロント)

ベンチレーテッドディスク

ベンチレーテッドディスク

ブレーキ(リア)

ベンチレーテッドディスク

ベンチレーテッドディスク

タイヤサイズ(フロント)

245/40R18

245/40R18

タイヤサイズ(リア)

245/40R18

245/40R18

最小回転半径(m)

5.5

5.5

トランスミッション

6MT

5AT

駆動方式

フルタイム4WD

フルタイム4WD

消費税込み車両価格

3,790,800円

3,240,000円

過去記事(2016/10/30)

スバル新型インプレッサの受注が好調、1.6Lモデルは少し遅れ2016年12月発売

新型インプレッサが販売好調、SGP採用とアイサイト標準装備で192万2400円から

スバル・インプレッサがフルモデルチェンジを果たし、5代目モデルの販売が始まっている。エンジンは2タイプ用意され、2.0Lモデルが10月25日より発売中となっている。残る1.6Lモデルは少し遅れるが2016年12月20日にも発売される見通しだ。

(写真はスバル新型インプレッサ北米仕様)
インプレッサG4

今回の新型インプレッサは、次期レガシィと共通となる新開発スバルグローバルプラットフォームが採用された。上位車種と主要コンポーネントが共通化されることで、大幅な基本性能アップが盛り込まれる。また、ステレオカメラによる安全運転支援システムのアイサイトが全車標準装備されたことも魅力となっている。

インプレッサB4 フロントグリル インプレッサ G4 リアコンビネーションランプ

新型インプレッサのエクステリアは先代モデルのデザインルールを踏襲

しかし、これだけの内容となれば、従来型と比較して車両価格も上がってしまった。消費税込み192万2400円というエントリー価格はインプレッサというモデル名としては従来の感覚では高すぎる。また、エクステリアデザインの基本ルールが大きく変えられておらず、見た目にはマイナーモデルチェンジ程度にしか感じさせない部分もある。こういった理由で販売台数としては伸び悩むのではとも予想していた。

インプレッサ 5ドア 新型インプレッサ5ドア

だが、このネガティブな予想は裏切られ、9月から始まったオーダー受付は活況となっている。今からのオーダーでは2017年に入ってからの納車となる見込みで、スバルでは増産対応に追われているという。

インプレッサスポーツ リアコンビネーションランプ インプレッサ インテリア

車格アップで人気となった新型インプレッサ。大型化で行き場を失っていたかつてのレガシィユーザーの心をきっちり抑えているのではないだろうか。

インプレッサスポーツ フロントシート インプレッサスポーツ リアシート

新型インプレッサのボディタイプは先代型同様にセダンのG4と、ハッチバックのスポーツが用意される。SUV派生モデルのスバルXVのフルモデルチェンジは、2017年になる見込みだ。

過去記事(2016/10/20)

スバル新型インプレッサ正式発売は2016年末、大幅値上げ192万2400円から

スバル新型インプレッサ、G4、SPORT予約受付中、正式発売は少し遅れる

スバル・インプレッサシリーズのフルモデルチェンジ発売が2016年末に実施されることが公式サイトで明らかとなっている。前回のレポートでは10月に発売されるということであったから、進捗は想定よりも少し遅れ気味となっているようだ。

(写真は新型インプレッサSPORT)
インプレッサ 5ドア

5代目となる新型インプレッサは、2016年3月のニューヨーク国際オートショーでワールドプレミアとなったモデル。日本でも販売店の発表会を通して既に完成車体が披露されている。

インプレッサスポーツ リアコンビネーションランプ 新型インプレッサ5ドア

新型インプレッサは装備充実でエントリー価格アップ、ハイブランド化戦略

新型インプレッサの車両価格は、1.6i-Lアイサイトの192万2400円がエントリー価格として設定される。

インプレッサスポーツ フロントシート インプレッサ インテリア

ほかに2.0L水平対向エンジンモデルとしては、2.0i-Lアイサイトが216万0000円、上級の2.0i-Sアイサイトが237万6000円とラインアップされる。

(写真は新型インプレッサG4)
インプレッサG4 インプレッサB4 フロントグリル

各4WDモデルは21万6000円高となる。セダンのG4と、5ドアのスポーツでグレード体系と価格に違いはない。

スバル インプレッサ B4 ニューヨーク国際オートショー2016 インプレッサ G4 リアコンビネーションランプ

160万円程度からラインアップされた従来型から大幅に値上げされることになる。ただし、新型インプレッサについては装備が充実されることになり、アイサイトおよび歩行者エアバッグが全グレードで標準装備となる。

インプレッサスポーツ リアシート

装備の簡略化されたモデルが廃止されたことで、スバルのハイブランド化が進められた印象である。また新型インプレッサで初採用されたプラットフォームのSGPは、次期レガシィとも共通化される。

過去記事(2016/09/10)

新型インプレッサ予約受付中、発売は10月13日、2.0Lモデルが先行納車の予定

インプレッサがフルモデルチェンジ、1.6Lモデルの納車は遅れそう

インプレッサの正式発表および発売の日程が2016年10月13日に計画されている。既に予約受注が始まっており、まずは2.0L NAエンジン搭載モデルが先行して納車スタートとなる。1.6L NAエンジン搭載モデルはやや遅れて2017年に入ってからの納車となる見込みだ。

(写真は新型インプレッサ北米仕様セダン)
インプレッサG4

新型インプレッサもセダンのG4とワゴンのSPORTの2つのボディタイプが用意される。

スバル インプレッサ B4 ニューヨーク国際オートショー2016 インプレッサ G4 リアコンビネーションランプ

新開発のスバルグローバルプラットフォーム(SGP)の採用で、ボディ剛性は40%アップとなる。SGPは今後レガシィなどの上級モデルにも採用されていく共通プラットフォーム。下位モデルであったインプレッサがSGP採用によって受ける恩恵は大きく、車格をワンランク上げてきた印象だ。

(写真は新型インプレッサ北米仕様5ドア)
インプレッサ 5ドア

新型インプレッサ、アイサイト標準装備で消費税込み車両価格192万2400円から

新型インプレッサSPORTの消費税込み車両価格は、1.6i-L アイサイトがFF192万2400円、AWD224万3700円。2.0i-L アイサイトがFF 216万円、AWD 248万1300円。2.0i-S アイサイトがFF 248万1300円、AWD 269万7300円に設定される予定となっている。

インプレッサスポーツ リアコンビネーションランプ 新型インプレッサ5ドア

従来型価格は1.6i-L アイサイトがAWD 208万4400円であったから、車両価格は16万円程度アップした印象がある。人気のアイサイトが標準装備化され、FFモデルにも採用されたことから、アイサイトモデルは手に届きやすくなった。ただし、従来型にあった廉価グレードは設定されないため、モデル全体のエントリー価格は大幅値上げとなる。

過去記事(2016/09/01)

インプレッサG4、インプレッサSPORT先行予約スタート、10月正式発表

新型インプレッサはボディサイズ拡大で車格アップ、既に予約受付中

スバルは、インプレッサシリーズのフルモデルチェンジを今秋に予定しており、準備を進めている。その正式発表の日程は2016年10月20日になる見込みであるが、これに先駆けて先行予約を9月1日にスタートしており、実質的な販売が始まっている。

(写真は新型インプレッサSPORT)
スバル インプレッサ スポーツ 5ドア

新型インプレッサのボディサイズは、セダンのG4が全長4625mm×全幅1775mm×全高1455mm、5ドアハッチバックのSPORTが全長4460mm×全幅1775mm×全高1480mm、ホイールベースはいずれも2670mmとなる。先代モデル比でホイールベースが25mm延長しており、全長、全幅とも拡大している。全高は近年のトレンドを受けて、低くスポーティーに仕上げられた。

(写真は新型インプレッサG4)
スバル インプレッサ G4

新型インプレッサはスバルグローバルプラットフォーム採用、ハイブリッドは次世代型を遅れて投入

また、新型インプレッサはスバルグローバルプラットフォーム初採用と言う意味でも期待度の高いモデルである。スバル ラインアップのメインストリームは、インプレッサとレガシィの2つの系統を主軸に構成されるが、これらは新開発の共通プラットフォームをベースに構成される。これによって必然的にインプレッサ系統モデルの車格、走行性能ともレガシィ側に引き寄せられることになる。

インプレッサG4 インプレッサ 5ドア

新型インプレッサに搭載されるパワートレインは、現行型のキャリーオーバーで1.6Lと2.0LのNA水平対向ガソリンエンジンの2タイプが用意される。従来型SPORTに設定されたハイブリッドはひとまずラインアップから外れることになるが、次世代ハイブリッドが開発中となっている。モデル中期からの採用が期待される。

過去記事(2016/08/28)

インプレッサG4、SPORTのフルモデルチェンジは2016年内、秋から予約スタート

インプレッサ2016年内発売、9月にも予約オーダーが開始される見込み

新型インプレッサがワールドプレミアされたのが2016年3月のニューヨーク国際オートショーであった。その日本仕様の正式発表が2016年10月20日に予定されており、2016年内に日本発売される見込みとなっている。

(写真は新型インプレッサSPORT、北米仕様)
インプレッサ 5ドア

インプレッサ発売に向けて、実際の販売現場では9月に予約受注を開始するとしている。購入を検討するファンは、納期の遅れを回避するために、もう動き出した方が良さそうだ。

インプレッサスポーツ リアコンビネーションランプ 新型インプレッサ5ドア

インプレッサG4、SPORTに続き、XVも2017年にフルモデルチェンジの見込み

次期インプレッサも4ドアセダンのG4と5ドアハッチバックのSPORTの2タイプのボディでラインアップされる見込みとなっている。

(写真は新型インプレッサG4、北米仕様)
インプレッサG4 インプレッサ G4 リアコンビネーションランプ

(写真はXVコンセプト)
XVコンセプト ジュネーブ2016 XVコンセプト スバル GENEVA

クロスオーバーSUVのXVも2017年にフルモデルチェンジし、新型に切り替わる見込み。XVは2016年3月のジュネーブモーターショーで次期モデルを示唆するコンセプトモデルが発表されており、インプレッサシリーズとはワンテンポ遅れたスケジュールでフルモデルチェンジの準備が進められている。

インプレッサ G4、SPORTそしてXVもスバルの新世代プラットフォームであるSGPが採用されることになり、軽量化と剛性アップによる正常進化を遂げることになる。

なお、パワートレインについては、これまでのハイブリッドシステムは採用が取りやめられ、通常の水平対向ガソリンエンジンである1.6L NAと2.0L NAが用意される見込み。現行の2.0Lハイブリッドは水平対向エンジンということとクラス唯一の4WDというアドバンテージがあったが、JC08モード燃費で20.4km/Lという数値は時代遅れ。新世代のボクサーハイブリッドも開発中となっており、2017年にはインプレッサシリーズかXVにおいての市販モデルへの搭載が想定される。

過去記事(2016/07/31)

インプレッサがフルモデルチェンジ、2016年9月1日より予約受付スタート

インプレッサ日本仕様の発売計画、MTモデルは設定されない

今秋はインプレッサのフルモデルチェンジが計画されている。2016年10月下旬にも正式発表され、翌11月に発売日を迎えるスケジュールとなっている。

(写真は新型インプレッサG4)
インプレッサB4

これに先駆けて、9月1日より予約受付がスタートされる見込みとなっており、新型インプレッサの実質的な販売が始まることになる。

(写真は新型インプレッサスポーツ)
インプレッサ 5ドア インプレッサスポーツ リアコンビネーションランプ

新型インプレッサに搭載されるエンジンは1.6L NAと2.0L NAの2タイプが初期モデルに採用される

新型インプレッサのボディタイプは従来型同様に、インプレッサG4としてセダンが、インプレッサスポーツとして5ドアハッチバックの2タイプがラインアップされる。

スバル インプレッサ ワールドプレミア

エンジンは水平対向の1.6L NAと2.0L NAの2タイプが選択可能となる。スバルの上級パワートレインは直噴ターボのDITエンジンがあるが、これはひとまず新型インプレッサには設定されない。ハイブリッドについてはフルモデルチェンジ時には間に合わないが、新開発したものが遅れて追加発売される見込みとなっている。

インプレッサ インテリア インプレッサスポーツ フロントシート

また、新型インプレッサからはMTモデルが廃止されるというのもトピックであった。トランスミッションはリニアトロニックCVTのみが設定されることになる。1992年に誕生したインプレッサシリーズは当初スポーツイメージの強いモデルであったが、代を経るにつれてボディサイズを拡大させ、コンフォートな仕様にシフトされてきた。もはや若者向けのスポーツ志向のクルマとは言い難く、さらに主力市場が日本と北米ということになれば、MTモデルが設定されないのも当然の流れか。

過去記事(2016/07/21)

次期インプレッサ日本仕様はMTモデル廃止、リニアトロニックCVTのみで10月発売

インプレッサがフルモデルチェンジ、MT廃止でCVTのみに

スバル・インプレッサの5代目に向けてのフルモデルチェンジが2016年10月に実施される。その予約受付が7月中にも始まる見込みで、各仕様が明らかとなってきた。

(写真は新型インプレッサ)
スバル インプレッサ ワールドプレミア

なかでもトランスミッションは、これまでラインアップされてきたMTモデルが廃止され、リニアトロニックCVTに一本化される見込み。インプレッサシリーズは、かつてのスポーツ志向の強いモデルであった名残りもあって、このクラスの国産モデルで唯一のマニュアルトランスミッションが選択できる4WD車であった。この流れも一つの区切りをつけることになる。

新型インプレッサ5ドア インプレッサスポーツ リアコンビネーションランプ

なお、現行型インプレッサスポーツおよびG4の5MTモデルは、7月24日を以って販売終了となるのでお早めに。

新型インプレッサのボディサイズは少し拡大、SGP採用第一弾モデル

インプレッサB4 インプレッサ B4 リアコンビネーションランプ

次期インプレッサ北米仕様の完成車体は、2016年春のニューヨーク国際オートショーにて発表済み。日本仕様も北米仕様とほぼ同じサイズで市販されることになり、セダンが全長4625mm×全幅1775mm×全高1455mm、5ドアが全長4460mm×全幅1775mm×全高1480mmとなる。ホイールベースはいずれも2670mmで従来型と比較して+25mm拡大している。

インプレッサ インテリア インプレッサスポーツ リアシート

また、次期インプレッサは、スバルグローバルプラットフォーム(SGP)採用の第一弾という位置付けでもある。SGPは次期レガシィにも採用される予定となっており、スバルの多くのモデルが一つのプラットフォームで統一されることになる。

新型インプレッサ日本仕様2016年10月フルモデルチェンジ、ハイブリッドは?

インプレッサ日本仕様フルモデルチェンジは2016年10月、SGPプラットフォーム

インプレッサ市販型がニューヨーク国際オートショーでワールドプレミア

次期インプレッサ市販型がニューヨーク国際オートショーでワールドプレミア

インプレッサのフルモデルチェンジ2016年秋のLAショー発表か、1.6L DIT搭載

次期インプレッサG4を予告、セダン コンセプトがLAオートショー2015で発表

インプレッサ 5ドア コンセプト発表、東京モーターショーで次期型を予告

東京モーターショー2015、見逃せないモデル(後編)

スバルが次期インプレッサのコンセプトモデルを東京モーターショーで発表

インプレッサ スポーツ ハイブリッドが7月10日発売、JC08モード燃費20.4km/L

スバル・インプレッサのフルモデルチェンジは2016年、春にNY発表、秋に発売か

インプレッサスポーツハイブリッドが5月19日から先行予約開始、ボクサーHV搭載

インプレッサスポーツ ハイブリッドが7月下旬に発売、2.0L ハイブリッド

インプレッサスポーツハイブリッドが2015年7月に発売、FB20型+1モーター

新型インプレッサ ツーリングワゴンが11月東京モーターショーでデビュー

スバルXVハイブリッドが6/24発売、アイサイト搭載グレードは約278万円

スバル XV ハイブリッド 価格は249万9千円から予約開始、発売日は6/24見込み

スバルXVハイブリッドのJC08モード燃費は20.0km/L、アイサイト制御で燃費向上

スバルXV クロストレック ハイブリッドが発表、インプレッサシリーズのHV化

インプレッサXVハイブリッドがニューヨーク国際オートショーで公開予定

次期WRX-STIはインプレッサ派生の新型ワゴン車がベース車両になる

インプレッサスポーツ ハイブリッドは延期、4WDで発売予測は2013年6月頃か

インプレッサG4ハイブリッドは2013年3月の発売予測、車両価格は安くなる

新型インプレッサXVが10月5日より発売開始、受注の8割以上がアイサイト装備

新型インプレッサ WRX STIの発売は延期、7月の改変でGR、GV型最終モデルへ

インプレッサXVの価格は219万4500円から、10月発売開始

インプレッサXVハイブリッドの発売が早まる、スバルの新型SUV

インプレッサXVの予約受付が開始される、スバルの新型SUV

水平対向ハイブリッド搭載インプレッサ2013年発売/がっちりマンデーにスバル社長出演

新型インプレッサのWRX STIはFA20直噴ターボエンジン搭載が有力

インプレッサG4ハイブリッドが2013年2月発売予定

スバル インプレッサ XVが今秋発売予定、車内&ラゲッジ写真

新型インプレッサが好受注、2.0L AWDの83.2%がアイサイト装備

スバルが新型SUV、XVクロストレックを発表、画像公開

インプレッサXVが6月に発売予定、スバルの小型SUV

新型インプレッサにハイブリッドが追加、2012年10月予定

新型インプレッサ スポーツ/G4が発売、燃費が大幅向上

インプレッサWRX STI S206、発売日は11/26、価格は540万7500円から

インプレッサXV、スバルの新型SUVが発売予定

新型インプレッサ、セダンのG4、ハッチバックのSPORTが来月デビュー

新型インプレッサ STIはNAの2.0L水平対向エンジンになる可能性大

スバル新型インプレッサが11月デビュー(画像あり)

スバルが全車種にアイサイトを装備すると発表

次期インプレッサが2011年内にデビュー

次期新型インプレッサは燃費性能がすごい

次期、新型インプレッサ今年秋にデビュー(写真画像)

次期インプレッサ2012年デビュー写真

 RSS

 自動車リサーチ お問い合わせ先