car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

I.D.コンセプト、フォルクスワーゲンが次世代電気自動車をパリで提案

フォルクスワーゲンがディーゼルからEVへシフト、パリモーターショー2016

フォルクスワーゲンは、次世代EVコンセプトとして、新型I.D.をパリモーターショー2016で公開した。

(写真はI.D.新型コンセプト)
vw-id-concept

I.D.の見た目は非常にコンパクトで、ポロと同程度のサイズ感である。ただし、フロント・リアのオーバーハングは極端に小さく、キャビンスペース部分はゴルフを超えいているように感じる。

vw-id-concept-face vw-id-concept-side

実際に公表されているボディサイズは全長4100mm×全幅1800mm×全高1530mm、ホイールベースは2750mmとなる。ホイールベースに関してはゴルフの2637mmを大きく上回り、むしろパサートの2790mmに近い。

vw-id-concept-seat vw-id-concept-back

航続距離は400km~600kmが目標となっている。そして、ゴルフの上級グレード程度の車両価格になるとしており、広く普及するEVとして計画されている。

フォルクスワーゲンはEVのほか自動運転にも言及、日産と同じ方向性?

I.D.市販モデルの発売は2020年頃が目処となっている。フォルクスワーゲンはディーゼルエンジンの排ガス不正問題以降、環境対策技術に関する計画を大幅に見直す必要性が生じた。そういった意味では、このI.D.コンセプトは企業イメージ回復のための切り札になる得るモデルである。

vw-id-concept-interior vw-id-concept-mirror

さらに、2025年以降に完全自動運転を実現することについても言及している。前述のEV技術を含めて、これまで日産がやってきたことを数年遅れで後追いするような印象である。

vw-id-concept-sidecamera vw-id-concept-backcamera

一方で、ルノー日産アライアンスのCEO、カルロス・ゴーン氏は今回のパリで、今後10年で欧州市場におけるEVの販売がディーゼル車を上回ることは無い、と発言しておりフォルクスワーゲンの動きを牽制するような動きも見られた。

コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント
CC/ジェッタ/シャラン/トゥアレグ

過去記事(2016/09/18)

フォルクスワーゲンの新型EVコンセプト、新開発EVプラットフォームのMEB採用

新型EVコンセプトのティザー画像を公開、フォルクスワーゲンの次世代EV

フォルクスワーゲンは10月1日からの一般公開が予定されているパリモーターショー2016で新型EVコンセプトを発表する。これを予告するティザー画像3点が公開されている。

(写真は新型EVのティザー画像)
フォルクスワーゲン EVコンセプト 2016

公開された画像は新型EVの全体像をつかむにはまだ足りないが、ハッチバックスタイルの近未来的コンセプトカーであることがわかる。

フォルクスワーゲン EVコンセプト リアコンビネーションランプ フォルクスワーゲン EVコンセプト 2016パリ

新型EVコンセプトはフォルクスワーゲン次世代EVのMEB共通プラットフォームを採用

フォルクスワーゲンが最近発表したEVコンセプトとしてはBUDD-eがあった。

(写真はBUDD-e)
BUDD-e コンセプト

こちらはワーゲンバスを連想させるコンパクトミニバンのボディタイプであったが、今回発表される新型EVはそれよりかはルーフが低く設定されているように見え、ボディサイズ的にはゴルフに近いCセグメント近辺になると予想される。ヘッドランプデザインは現行ラインアップにありそうな形状が採用されており、コンセプトカーでありながらも比較的市販型に近い完成度であることが期待される。

BUDD-e BUDD-e フォルクスワーゲン

今回の新型EVコンセプトは、EVプラットフォームのMEBがBUDD-eと同じく採用される。床面にバッテリーパックを敷き詰めたMEBは、今後のフォルクスワーゲンから出されるEVの基本構造となる。

フォルクスワーゲンはディーゼル排出ガスの不正問題以降、EVの新規投入に力を入れてきている。2025年までに30車種にもおよぶEVを新規投入する計画が発表されており、その根幹となるのが共通EVプラットフォームのMEBというわけだ。BUDD-eコンセプトあるいは今回の新EVコンセプトが市販化される日もそう遠くはないだろう。

過去記事(2016/03/11)

フォルクスワーゲン・Tクロス ブリーズ画像、CX-3対抗小型クロスオーバーSUV

Tクロス ブリーズ、VWが新型のコンパクトクロスオーバーSUVを発売予定

フォルクスワーゲンは開催中のジュネーブモーターショー2016で、次世代のコンパクトクロスオーバーSUVを予告するコンセプトモデル、Tクロス ブリーズを発表した。

(写真はTクロス ブリーズ、ジュネーブモーターショー2016)
Tクロス ブリーズ

Tクロス ブリーズのボディサイスは全長4133mm×全幅1798mm×全高1563mm、ホイールベース2565mmとなる。ちょうどクロスポロの後継に相当するモデルである。

Tクロス ブリーズ リアコンビネーションランプ

従来のクロスポロは、ポロをベースにSUVテイストのアクセサリーパーツの装備と、いくらかの最低地上高アップが施されたものであった。Tクロス ブリーズが予告する市販型は、ポロとは全くの別モデルとなり、専用設計されたエクステリアデザインが与えられることになるだろう。

Tクロス ブリーズ フロントグリル

特にフロント部分ではレンジローバー・イヴォーク風の水平に細く流れる形状のヘッドライトが印象的。現行のフォルクスワーゲンのモデルと比較しても新しい試みであることがわかる。

T-CROSS BREEZE Tクロス ブリーズ フォルクスワーゲン

Tクロス ブリーズ市販型は5ドアハッチバックモデル、1.0L TSI搭載

Tクロス ブリーズのパワートレインは直3 1.0LターボのTSIエンジンと7速DSGの組み合わせとなる。そのスペックは最高出力110ps、最大トルク175Nmとしている。

フォルクスワーゲン T-CROSS BREEZE インテリア

Tクロス ブリーズ市販モデルの登場時期は近い。市販型はクーペカブリオレのスタイルではなく、5ドアハッチバックボディとなり、プジョー・2008、マツダ・CX-3、日産・ジュークあたりがライバルとなる。

過去記事(2015/08/11)

ゴルフ オールトラックが日本発売、1.8L TSI搭載で車両価格は347万円から

VWゴルフ オールトラックが日本発売、ヴァリアントベースのクロスオーバーSUV

フォルクスワーゲンは2015年7月21日にゴルフ オールトラックを日本発売した。

ゴルフ オールトラック

ゴルフ オールトラックは、昨年10月に開催されたパリモーターショー2014でワールドプレミアされたモデル。フォルクスワーゲンではこれまでに主力のゴルフをベースにした派生モデルとして、ゴルフ ヴァリアントをステーションワゴン車としてラインアップしてきた。ゴルフ オールトラックはこのヴァリアントのクロスオーバーSUV版となる。

フォルクスワーゲン ゴルフ オールトラック パリモーターショー2014 フォルクスワーゲン ゴルフ オールトラック

ヴァリアントに対して最低地上高のアップ、ルーフレールなどSUVアクセサリーが追加されているのが一見してわかるが、オールトラックのモデルネームからもわかるようにフルタイム4WDシステムを採用しているのが大きなポイントとなっている。

ゴルフオールトラック paris2014 VWゴルフ オールトラック インテリア

ゴルフ オールトラックは1.8L TSI搭載、最安輸入車SUVとして魅力ある価格設定

ゴルフ オールトラックに搭載されるエンジンは1.8LのTSIが採用される。1.2L TSIからラインアップされるゴルフ シリーズの中では比較的大きなエンジンということになるが、SUVモデルとしては小排気量。アイドリングストップ、エネルギー回生システムの装備など燃費性能も重視され、JC08モード燃費は14.7km/Lとなる。最高出力は180ps、最大トルクは28.6kgfmというパフォーマンスだ。

VW ゴルフ オールトラック フォルクスワーゲン ゴルフ オールトラック ラゲッジルーム

ゴルフ オールトラック日本仕様では2タイプのグレード設定となり、TSI 4MOTIONが347万円、TSI 4MOTION Upgrade Packageが367円に設定される。

これらの価格は輸入車SUVで最安値という水準になっており、コストパフォーマンスの高さを感じさせる設定となっている。

過去記事(2014/03/23)

フォルクスワーゲンのT-ROC画像、ティグアンよりコンパクトなSUVコンセプト

ティグアンより一回り小さいSUVコンセプト、T-ROCがワールドプレミア

フォルクスワーゲンはジュネーブモーターショー2014にて、新開発コンパクトSUVの市場投入をほのめかすコンセプトカー、T-ROC(Tロック)を発表した。

フォルクスワーゲン T-ROC

T-ROCコンセプトはプラットフォームとして、ゴルフと同じMQBモジュラーアーキテクチャーが採用されている。ゴルフベースのSUVということで、ボディサイズは全長4179mm × 全幅1831mm 全高1501mm、ホイールベースは2595mm。ティグアンよりワンサイズ下のSUVとしての市販化が待望される。日産・ジュークを代表とする4.2mクラスのコンパクトクロスオーバーSUVらがライバルとなるだろう。

T-ROC フォルクスワーゲン SUV

これまでフォルクスワーゲンはゴルフベースのSUVとしてクロスゴルフをラインアップすることもあったが、これはSUVティストの装飾パーツが装備される程度のモデルであった。今回のT-ROCコンセプトは、ゴルフと共通プラットフォームながらも、本格的なコンパクトクロスオーバーSUVとして専用設計されることになる。

T-ROCコンセプト

T-ROCは単なるコンパクトSUVではなく、タルガトップ構造のカブリオレボディが採用されているところも興味深い。

2.0L TDI

T-ROCに搭載されるのは2.0Lのターボディーゼルエンジンと7速DCT

T-ROCに搭載されるパワートレインはゴルフGTDのものが流用される。最高出力184ps、最大トルク38.7kgmの直4 2.0Lの直噴ターボディーゼルのTDIで、組み合わさるトランスミッションは7速DCT。車体重量は1420kgとなる。

SUVコンセプト T-ROC

3ドアモデルとなっているところもT-ROCの特徴である。ただし、実用車としての利便性も求められるSUVカテゴリーのクルマであることを考えると、市販モデルでは5ドアボディとなることを期待したい。

過去記事(2013/03/26)

VW・XL1 量産車燃費世界一のクルマが市販間近、ジュネーブモーターショー画像

フォルクスワーゲン新型XL1が世界最高燃費を達成する見込み

フォルクスワーゲンはXL1を今月2013年3月に開催されたジュネーブモーターショーで出展した。
XL1
今回公開したXL1は市販モデルとしており、量産車として燃費性能ナンバーワンの111km/Lを達成する見込みとなっている。ボディサイズは全長3888mm×全幅1665mm×全高1153mm。全長と全幅に関してはBセグメントサイズだが、空力特性を重視したせいか全高は極端に低くく、乗り降りがしやすいようガルウィングドアが採用されている。乗車定員は2名となる。
リアタイヤは空力特性向上のためボディ内側に収められており、これは初代インサイトを彷彿させる。
XL1 フォルクスワーゲン

XL1に搭載されるエンジンは800ccのディーゼルターボハイブリッド

XL1に採用されるエンジンは最高出力47psを発生する2気筒800ccのディーゼルターボで、これに27psの電気モーターが加わる。給電スタンドによる充電も可能なプラグインハイブリッド方式が採用される。電気モーターのみを使ったEV走行も可能で、その航続距離はフル充電状態で約50km程度になるとされている。
XL1 ディーゼルハイブリッド
2シーターとはいえ、47ps+27psのパワーユニットでは、その加速性能に不安を感じる人もいるだろう。しかしこのXL1は、シャシーを含めたボディの多くがカーボン樹脂で軽量化されており、車体重量はわずか795kg。トランスミッションには7速DSGが採用されており、ダイレクト感のある力強い加速を実現している。0-100km/h加速は12.7秒というスペックだ。

市販モデルとされるXL1は、生産拠点としてドイツのオスナブリュック工場があげられているなど具体的なことも決まっている。価格、発売時期については未定。ハンドメイド的に製造される部分が多くなるとされており、車両価格は高くなるだろう。