car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

アーテオン

フォルクスワーゲン新型アーテオンがワールドプレミア、ジュネーブショー画像

投稿日:

VW新型アーテオンがジュネーブで発表、CC後継だが車格はアップ

フォルクスワーゲンは新型アーテオンを開催中のジュネーブモーターショー2017で初公開した。

(写真は新型アーテオン、ジュネーブモーターショー2017)
アーテオン

新型アーテオンは、2015年のジュネーブで発表されたスポーツクーペコンセプトGTEの市販モデルとなる。パサートベースのCCがラインアップされていた枠であるが、フォルクスワーゲンは新型アーテオンをCCよりも上のクラスとしている。やはりルーフライン後半が下がったファストバック形状が大きな特徴となっており、一般的なセダンモデルよりもスタイリッシュなイメージが与えられている。

アーテロン フロントグリル アーテオン ジュネーブ

新型アーテオンのボディサイズは全長4862mm×全幅1871mm×全高1427mm、ホイールベースは2841mmとなった。キャビンスペースがやや犠牲となるボディスタイルではあるが、大柄な車体のおかげで、後席ヘッドクリアランスおよびレッグスペースにはまだ余裕を感じる。

アーテオン リアシート アーテオン フォルクスワーゲン

新型アーテオンは大きなバックドアも魅力の一つ、半自動運転機能も備わる

5ドアクーペとも呼ばれる新型アーテオンであるが、その所以となるのがこの大きなリアハッチゲートである。見ての通り開口面積は大きく、ラゲッジルームへのアクセスが容易となっている。ラゲッジ容量は通常563Lから、後席を倒すことで1557Lまで拡大する。

アーテロン トランクルーム アーテオン リアコンビネーションランプ

新型アーテオンに搭載されるエンジンは、3タイプの直噴ガソリンターボと3タイプのディーゼルが用意される。各トップグレードは、2.0L TSIが最高出力280ps、2.0L TDIが240psというパフォーマンス。トランスミッションは7速DSGとなる。

アーテロン インテリア アーテオン シート

このほか、半自動運転機能も備わっており、その実力が楽しみである。

#1 匿名さん2017/03/12(Sun)15:02:41
すげぇ平べったいな。なんかこう山椒魚のような。
#2 匿名さん2017/03/13(Mon)15:44:16
エクステリアデザインかっこいいんですけどね、VWは企業としての信頼性『0』なので、購入候補から外れる。
#3 匿名さん2017/03/19(Sun)13:56:34
釣り行くから、このトランクいいな
CLAとかで真似してほしい

名前(任意)
コメント