car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

I.D. VIZZION 画像、フォルクスワーゲンが自動運転EVサルーンを提案

フォルクスワーゲンが2022年に自動運転機能付き上級EVを発売予定

フォルクスワーゲンは今月開催されたジュネーブモーターショー2018で、I.D. VIZZIONを公開した。

(写真はI.D. VIZZION)
I.D. VIZZION

未来の自動車を語るにあたって、自動運転とEVパワートレインの両技術は外せない要素となっている。各メーカーともこれらの技術競争が激しくなっており、これまでモーターショーでも多くのコンセプトカーによる出品があった。

(写真はI.D.)

なかでもフォルクスワーゲンはI.D.シリーズとして、次世代プラットフォームのMEB(Modular Electric Platform)採用のいくらかのモデルを提案している。最初に発表されたハッチバックカーのI.D.は現行ラインアップのゴルフを想定したボディサイズ。EVパワートレイン搭載で2020年の市販が予告されている。ドライバーズシートにはステアリングが装備されているが、2025年に完全自動運転の実現が目標となっている。

(写真はI.D. CROZZⅡ)
I.D. CROZZⅡ

さらに、I.D.シリーズはクーペSUVのI.D. CROZZⅡ、タイプ2ワーゲンバスのデザインコンセプトを引き継ぐI.D. BUZZが追加されており様々なボディスタイルに展開。そして、今回のI.D. VIZZIONの発表に至った。

(写真はI.D. BUZZ)
I.D. BUZZ

I.D. VIZZIONはフォルクスワーゲンの未来のフラグシップサルーンとなる、自動運転EV

I.D. VIZZIONのボディサイズは全長5110mmとなっている。かつてのフェートンを後継するフラグシップサルーンとしてのラインアップが期待され、2022年の市販化が予告された。近年の、フォルクスワーゲンの新型市販車のエクステリアはキープコンセプトな要素が多く、悪く言えば面白味に欠けた。これに対して、I.D. VIZZIONでは大胆な未来的デザインが表現されている。

(写真はI.D. VIZZION)
I.D. VIZZION ジュネーブ I.D. VIZZION ドア

ボディスタイルは近年のトレンドであるファストバックタイプのルーフラインが採用されているが、それでもルーフ後半の下がりは控えめで室内の居住性が保たれている。同じく4ドアクーペのボディスタイルを持つアルテオンの上位モデルとしてのポジションが与えられることになるだろう。

I.D. VIZZION フロントシート

荷室はアルテオンのようにハッチバック式のドアは設定されず、トランク式となる。こちらのほうがフォーマルな場面でより相応しく、フラグシップサルーンとしての役割を十分に果たしそうだ。

I.D. VIZZION リアコンビネーションランプ

インテリアは独立した4座が備わり、4人乗車での快適なツアラー性能が期待される。ステアリングが完全に無くなっているのも特徴で、これは自動運転を謳ってきたI.D.シリーズとしても初めてとなる。

I.D. VIZZION リアシート

EVパワートレインは前後2基のモーターによる4WD方式を採用で、最高出力は225kWとなる。最高速度は180km/hに達する。111kWhのリチウムイオンバッテリー搭載により、最大で650kmの航続を可能とする。

#1 匿名さん2018/03/23(Fri)11:10:29ID:M4MjNmYTTM
リチウムイオンでEVは一応できるが、普及となると無理ゲー
#2 匿名さん2018/03/23(Fri)18:16:58ID:NlMTgzYzGM
世界販売第1位のメーカーです。
技術力も世界一。
日本車メーカー全ての目標となる存在ですね。
スズキは惨めにもフラれてしまいました。
#3 匿名さん2018/03/23(Fri)18:20:17ID:NlMTgzYzGM
日独の自動車ジャーナリスト全員が評価するのですから、信頼感がありますよね。
評論家の意見は絶対です。
#4 匿名さん2018/03/24(Sat)00:15:12ID:YzZGE5NzjY
日本車は、一瞬のうちに追いつかれ追い越されてしまうのか・・・
そもそも、リード自体無いも同然だったんだが・・・
もう、ダメなのか・・・
#5 匿名さん2018/03/24(Sat)01:45:46ID:YzZGE5NzjY
エサ
#6 匿名さん2018/03/24(Sat)07:21:37ID:IzZjg0M2zN
2-4
何言ってんだ

排ガス検査を偽装してごまかせるほどの技術力だぞ

ジーゼル車をEVと偽装くらいできるだろw
#7 匿名さん2018/03/24(Sat)15:04:14ID:FiZGQ4ZDmZ
以前の日本車は、技術力で欧州ブランドに劣っても、販売台数は、トヨタが世界一だと言い訳ができた。
しかし、それも遥か昔のこと。

いまだドイツを始めとした欧州勢には、クルマのさまざまな質感について大きく劣るのは全く変わらない。
しかも、頼みの販売も不振だ。

昨年の世界販売台数は、VWが1位、ルノーが2位だ。トヨタは中国市場を軽視したのが大きな誤算で、3位に転落。
二度と首位を奪うことはできない、との試算がある。
#8 匿名さん2018/03/24(Sat)17:25:15ID:ZmYTI0OWDY
それがどうした
#9 匿名さん2018/03/24(Sat)17:33:41ID:IzZjg0M2zN
#7
またいつもの工作員の人ですね。自分の試算ですか。そんなもの誰か信じますか。

VWの売り上げのメインは中華人民共和国とヨーロッパで800万台、8割はその二つの市場で、アメリカ、日本、アジアではさっぱり売れません。1位になったのもチャイナでの現地生産・販売分の伸びです。

ルノーは単独2位じゃなくて、ルノー・日産・三菱連合ですよ。わかってますか。しかも売り上げは日産・三菱で7割近くを占め685万台ですよ。

相変わらずバカな欧州車信奉は(笑)ものですよ。技術力がないから排ガス偽装事件を起こすんでしょ。
米国の信頼度ランキングを見て御覧なさい。ウソをいくらいっても消費者の真実はそこにありますから。

#10 匿名さん2018/03/24(Sat)18:12:19ID:FiZGQ4ZDmZ
自分の行為を棚に上げて、工作員、とは。片腹痛いw
どこで売れようが、フォルクスワーゲングループがグローバル販売第1位なのば事実。
認めたくない人間もいるようだが、勝手に火病っていれば良いのだ。

フォルクスワーゲンがトップで都合の悪いことがあるのだろうか。不思議でならない。

また、ルノーグループを都合が良い時だけ、くっつけたり、分割させるのは
アンチ工作員の常套手段。
もはや、ルノーに統合されるのは時間の問題なのだが、情報不足のようだな。
#11 匿名さん2018/03/24(Sat)18:20:28ID:IzZjg0M2zN
#10
長文はウザいから要点だけまとめて書いてください。
いつもの一人よがりが始まりましたね。

毎日早朝から深夜までVW擁護工作に必死ですが、ベンツやBMWとは違う大衆車にすぎません。世間の評価とはそういうものです。

それから日産・ルノー・三菱アライアンスがどういうメーカーかよく調べてからお書きなさい。また間違い指摘されて逆上するだけですよ。

#12 匿名さん2018/04/30(Mon)23:48:04ID:QyYTQ3MjDO
ゴルフは日本の自動車メーカーの開発主査が絶賛しリスペクト。自動車工学教えてる教授が日本車と比較した結果、感激して自ら購入してしまった事実。
#13 匿名さん2018/05/01(Tue)21:45:11ID:AyZWY5YzGN
12
ほー、そうですか 5ちゃんでもお見かけしますね。
ステマのプロの方ですか?

では、どこの自動車メーカーの誰?、どこの大学の誰という先生ですか?

きちんと正確に答えてくださいね

まさかマガジンXに書いてあったなんて答えはないだろうな・・

名前(任意)
コメント