I.D. VIZZION 画像、フォルクスワーゲンが自動運転EVサルーンを提案

フォルクスワーゲンが2022年に自動運転機能付き上級EVを発売予定

フォルクスワーゲンは今月開催されたジュネーブモーターショー2018で、I.D. VIZZIONを公開した。

(写真はI.D. VIZZION)
I.D. VIZZION

未来の自動車を語るにあたって、自動運転とEVパワートレインの両技術は外せない要素となっている。各メーカーともこれらの技術競争が激しくなっており、これまでモーターショーでも多くのコンセプトカーによる出品があった。

(写真はI.D.)

なかでもフォルクスワーゲンはI.D.シリーズとして、次世代プラットフォームのMEB(Modular Electric Platform)採用のいくらかのモデルを提案している。最初に発表されたハッチバックカーのI.D.は現行ラインアップのゴルフを想定したボディサイズ。EVパワートレイン搭載で2020年の市販が予告されている。ドライバーズシートにはステアリングが装備されているが、2025年に完全自動運転の実現が目標となっている。

(写真はI.D. CROZZⅡ)
I.D. CROZZⅡ

さらに、I.D.シリーズはクーペSUVのI.D. CROZZⅡ、タイプ2ワーゲンバスのデザインコンセプトを引き継ぐI.D. BUZZが追加されており様々なボディスタイルに展開。そして、今回のI.D. VIZZIONの発表に至った。

(写真はI.D. BUZZ)
I.D. BUZZ

I.D. VIZZIONはフォルクスワーゲンの未来のフラグシップサルーンとなる、自動運転EV

I.D. VIZZIONのボディサイズは全長5110mmとなっている。かつてのフェートンを後継するフラグシップサルーンとしてのラインアップが期待され、2022年の市販化が予告された。近年の、フォルクスワーゲンの新型市販車のエクステリアはキープコンセプトな要素が多く、悪く言えば面白味に欠けた。これに対して、I.D. VIZZIONでは大胆な未来的デザインが表現されている。

(写真はI.D. VIZZION)
I.D. VIZZION ジュネーブ I.D. VIZZION ドア

ボディスタイルは近年のトレンドであるファストバックタイプのルーフラインが採用されているが、それでもルーフ後半の下がりは控えめで室内の居住性が保たれている。同じく4ドアクーペのボディスタイルを持つアルテオンの上位モデルとしてのポジションが与えられることになるだろう。

I.D. VIZZION フロントシート

荷室はアルテオンのようにハッチバック式のドアは設定されず、トランク式となる。こちらのほうがフォーマルな場面でより相応しく、フラグシップサルーンとしての役割を十分に果たしそうだ。

I.D. VIZZION リアコンビネーションランプ

インテリアは独立した4座が備わり、4人乗車での快適なツアラー性能が期待される。ステアリングが完全に無くなっているのも特徴で、これは自動運転を謳ってきたI.D.シリーズとしても初めてとなる。

I.D. VIZZION リアシート

EVパワートレインは前後2基のモーターによる4WD方式を採用で、最高出力は225kWとなる。最高速度は180km/hに達する。111kWhのリチウムイオンバッテリー搭載により、最大で650kmの航続を可能とする。

タイトルとURLをコピーしました