フォルクスワーゲン車の弱点と選ばれる理由

フォルクスワーゲン車の弱点

日本車の設計コンセプト

近距離の移動メイン、100km/hの速度制限、渋滞の多さ、湿度の多さが日本の道路環境の特徴だ。
渋滞の多さから日本車は冷却系統の信頼性を高めて、オーバーヒートが起こりえないような設計を行ってきた。
さらに、日本は湿度の多い気候なので、電気系統の絶縁もコストや手間をかけて万全に行われてきた。
年式が極端に古い車でなければ、電気系統のトラブルが起こる頻度は少ない。
一方で走行性能については、コストカットの対象となってきた。
ドイツ車のような強化された足回りやハンドリング性能は100km/h制限の日本の道路では実用的というよりも趣味の領域だ。

ドイツ車の設計コンセプト

ドイツでは速度無制限のアウトバーンがある。
日本車では趣味のものと軽視されてきた足回りやハンドリングの良さが実用性能として求められる。
高速域では、車の基本性能の高さは命に関わる重要な問題になってくるからだ。
ただし、エンジン周りに樹脂パーツが多用されている割合が日本車より多く、ウォーターポンプやサーモスタットなんかも車種によってはプラスチックで出来ており、日本車の部品レベルに及ばない。
オーバーヒートや電気系統の故障の発生頻度は改善がされつつはあるものの日本車には及ばない。
最近の日本に輸入されるVW車はメキシコ製と南アフリカ製がほとんどだ。

やっぱりVWは故障が多い

残念ながら、100km/h制限の日本の道路であればフォルクスワーゲン車を選ぶ合理的な理由はほとんどないのが実情だ。
走行性能が良くても日本では活かしきれる道路や道路交通法がないし、故障頻度の高さだけがデメリットとして浮かび上がってくる。

フォルクスワーゲンが選ばれる理由

フォルクスワーゲン車はしっかりした足回りとハンドリングの素晴らしさで定評がある。
走りにこだわるユーザーに人気が高いが、決して加速性能が優れているという意味ではなく、常用域での曲がる止まるのコントロールがしやすくセッティングされているのが特徴だ。
ただし、車が止まっている時の快適さや便利さは、日本車の方が優れていると感じることが多い。
収納の数や使い勝手の細かい工夫を日本車と比較していけば、フォルクスワーゲンは質素で物足りなく感じるだろう。

安全装備を含めると意外と安い車体価格

エアバッグ類の安全装備がエントリーグレードで省略されることがないのは、フォルクスワーゲン車の特徴。
例えば、フォルクスワーゲンのエントリーカーであるPolo TSI Comfortlineは、\2,130,000の車体価格だ。
サイズ的にはフィットと変わらない車に213万円は高すぎるという考え方もできる。
しかし、ポロは標準でも足回りやボディがフィットよりも強化されており、車のキャラクターは異なるがFIT RSに相当すると考えてもいいのではないだろうか。
FIT RSに、サイドエアバッグやカーテンエアバッグ、横滑り防止装置等の安全装備のオプションを追加すれば、Polo TSI Comfortlineの価格に近いものになってくる。
安全装備を充実させたい客層に対して、十分な説得力をもった価格設定がフォルクスワーゲンの車にはある。

ディーラーの多さはメリットの一つ

フォルクスワーゲンが選ばれるのは、ディーラーが全国にあり、メンテナンスで困る事が少ないことも理由の一つだ。
価格も輸入車の中ではエントリークラスで、修理整備費用も日本車の2割増しぐらいにおさまる。
ピットインする機会が多い輸入車は、後々のメンテナンスまで考えて購入する必要があるので、ディーラー数の少ないプジョーなどのフランス車は日本では余り人気がない結果になっている。

関連するレポート

[ 2011/04/08 ]
#1 袋 義和2017/03/27(Mon)22:58:25
実際に所有してからの記事ですか?何をどの位所有していたのですが?
今現在、VWを所有していてのコメントですか?
ネット情報やクチコミでの情報、ピックアップしての情報、ならやめて頂きたい。
#2 元ワーゲンオーナー2017/04/02(Sun)00:55:31
2台で14年乗りました。記事内容はかなり率直で正確と思います。故障が多いこともハッキリ書いてあるので(笑)。カー雑誌などではゴルフは素晴らしいとかスタンダードとか提灯記事ばかり書いて、欠点を何も言わない自動車ジャーナリストが多いので注意が必要です(笑)。故障もかなり多いですし、パーツ類が日本車よりコストダウンされていることもほとんど書いてあるとおり。最初の車検までの3年はいいのですが、その後には日本車では考えられないことがいろいろ起ります。私はディーラーが自宅から徒歩10分くらいだったので助かりましたが、遠いと大変と思います。また高速安定性についても20年以上前の日本車は確かに足回りが低速セッティングでしたのでゴルフとはかなり違いましたが、今の日本車はけっこう高速セッティグとなり、逆ワーゲンも乗り心地を重視するようになったのでそれほど違いはなくなってきたように思います。加えるとワーゲンの高速性能といっても真っ直ぐ走ることだけであって、決してコーナリング性能が高いわけではありませんので、その気になってコーナーに突っ込むと曲がらなかったして怖いです(笑)。
#3 現GOLF乗り2017/04/03(Mon)16:37:54
この記事で「ウォーターポンプやサーモスタットなんかも車種によってはプラスチックで出来ており、日本車の部品レベルに及ばない」とある部分は根拠があるのか疑問です。
ヨーロッパでは樹脂化が進んでいるし、樹脂の単価はスチールよりもずっと高く、樹脂だから部品レベルが低いという理解は正しくないでしょう。 日本車でもエンジン廻り部品の樹脂化はここ数年で結構進んでます。
また「南アフリカ製とメキシコ製がほとんど」と言うのも同意出来かねます。 GOLFはドイツ製が多いと思いますよ。
現在GOLF VIIのコンフォートライン(1200cc)に乗ってますが、#2さんの情報と違ってとてもよく曲がります。 リアはトーションビームですが、高速道路のR小さめのカーブでも、日光いろは坂のつづら折りでも、XDSの効果もあって前車のアクセラよりよっぽど曲がります。
記事では触れられていませんが、GOLFに関して言えば静粛性と乗り心地の良さもメリットだと思います。
#4 現 GTI乗り2017/05/02(Tue)22:55:21
各国産車からレクサス→BMW→VW
この手の問題は車に対する価値観に偏るので一概には言えませんが.....車の運転が好きな方なら国産車はどうなんでしょうね
私が考えるにはカタログ馬力や出だしの加速感は国産車が◎ 但し燃費が悪い
剛性からくるハンドリング・ブレーキでは国産車では× 但し交換サイクルが速い
まあ買い物・足がわりにしか考えない方にはVWと言えどオーバースペックですね
車を使用していてタイヤ・バッテリーしかメンテナンスとしか思わない人には国産車でもよくあるオルタやディスクブレーキ交換でも故障だって騒ぐんでしょうなぁ~
   
#5 匿名さん2017/05/05(Fri)22:08:12
パーツがずっとあるから20年ぐらい乗れるよね
中古車安いし20年落ちまで乗るとすれば国産車よりコストパフォーマンス良かったりする
#6 匿名希望2017/05/07(Sun)02:45:08
いい車であることは間違いないが、やはり部品の品質はいかがなものと言わざる負えない。
エンジンカバーを取ると、高熱にさらされる部分の設計や材料は長く乗ることを考えているのか疑問である。また、エアコンのガス漏れ、レギュレーター、タイミングチェーンなどは発生頻度の高い故障ではないか。特に、オイル管理が悪いと起こるのがタイミングチェーンがのびてエンジントラブルが起きているのようである。やはり、日本での15000キロ交換は無理があるのか?直線での安定性は非常に優れており、トラヴィックと比較しても遜色はない。日頃のメンテナンスが大切であり、きっちり行えば素晴らしい車には違いない。
#7 えーーー2017/07/16(Sun)19:38:20
私は五年乗ってますが故障は一度もありません。日本車乗ってる方のほうがしょっちゅう故障してますよ。とくにトヨタ。
全く問題ないですし、ブレーキをしょっちゅう使う乗り方はしてません。デイーラーでも大変喜ばれましたよ、丁寧に乗ってると。
#8 匿名さん2017/07/16(Sun)20:11:13
さすがに5年ぐらいでは壊れないことの方が多い

名前(任意)
コメント
コメント投稿

マークXはカムリ発売後もしばらく販売継続、低価格V6 FRセダン最終モデル

ジュークのフルモデルチェンジは2017年、新開発シリーズ方式ハイブリッド搭載

レクサスRX450hLの発売は2018年まで延期か、3列シートクロスオーバーSUV

ホンダが10代目シビックを発表、発売日は9月29日、車両価格は265万320円から

スバル後期型レガシィの日本発表が9月4日に予定、マイナーモデルチェンジ

スズキ・ハスラーワイド計画中、オシャレなシティSUVの居住性が向上

トヨタNEWハイラックスが9月12日発売スケジュール、新型ピックアップトラック

ホンダ・アコードがフルモデルチェンジ、北米で今秋の先行発売がスケジュール

三菱・エクリプス クロス2018年1月発売見込み、新型クロスオーバーSUV

レヴォーグがマイナーモデルチェンジ、ツーリングアシストを搭載

カムリがフルモデルチェンジ日本発売、ハイブリッドのみで約329万円から

ホンダ・ステップワゴン後期型は8月予約受付開始、ハイブリッドモデル追加

N-BOXが8月31日に正式フルモデルチェンジ発売、プレオーダー好調

トヨタ、日産、ホンダ、マツダ、三菱、スバルのメーカーごとの特徴

スカイラインが地味にカッコイイ、東京オートサロン2017日産ブース

スズキ新型スイフトハイブリッド発売、JC08モード燃費32.0km/Lを達成

マツダ・CX-3 ガソリン車 7月21日発売、SKYACTIV-G 2.0を搭載

ホンダ・グレイスがマイナーモデルチェンジ、小型セダンはやっぱり売れない

フォルクスワーゲン車の弱点と選ばれる理由

レクサスCT200hが今夏のマイナーモデルチェンジで後期型へ、FMCは2019年以降

スイフトスポーツは新開発の1.4Lストロングハイブリッドを搭載、7月発売見込み

NX300h、NX300が後期型へマイナーモデルチェンジ、9月14日に日本発売

ジェイドに2列シート5人乗りモデルが追加予定、2017年マイナーモデルチェンジ

ホンダ・アコード次期モデルの日本発売は無し、Sport Hybrid i-MMDに貢献

ステップワゴン ハイブリッドの発売が予想より遅れる、2017年秋頃か

スペーシアが2018年春フルモデルチェンジ、マイルドハイブリッドも進化

ランドクルーザープラドが2017年秋マイナーモデルチェンジ予定、後期型へ

スズキ・SX4 S-CROSSがマイナーモデルチェンジ、新エクステリアで7月6日発売

レクサスUXは2018年秋のワールドプレミア予測、TNGA-C クロスオーバーSUV

ノア、ヴォクシー、エスクァイアが7月3日にマイナーモデルチェンジ

日産セレナe-POWER、2018年初頭発売へ延期、モーターは増強される可能性

フィットが予想以上の売れ行きで増産体制、派生セダン発売スケジュールに遅れ

ホンダ・フィットがマイナーモデルチェンジ、後期型はホンダセンシング採用

アルファロメオ・ジュリア、新型FRセダンの2017年内の日本発売が公式発表

ステップワゴン後期型にマイナーモデルチェンジ、10月東京モーターショー出品

オーリス廃止2018年、TNGA-Cプラットフォームの次期カローラシリーズに統合

次期フェアレディZコンセプトが東京モーターショー2017発表の可能性

V37スカイラインがデトロイトモーターショーで公開、フルモデルチェンジ近し

スイフト ストロングハイブリッド、スイスポが2017年終盤に発売される見込み

次期アテンザは2018年春フルモデルチェンジ、スカイアクティブ2搭載

メーカー/車種別

お問い合わせ
プライバシーポリシー
Copyright © 自動車リサーチ. All rights reserved.