ポロ(ABA-9NBJX)Polo GTI vs フィット(DBA-GE9)Fit RS 比較評価

コンパクトカーのスポーツ仕様の2台、フォルクスワーゲン VW Polo GTI CUP editionとホンダ HONDA フィット RSを比較研究してみた。どちらもノーマルバージョンに対して、エンジンの排気量アップ、タイヤのインチアップなどのほか外観にもスポーティーさをプラスしたもので、トランスミッションは5MTとなっている。

とことんスポーツを追及したいならVWポロGTIカップエディション

フィットRSより100万高い polo GTI CUP edition であるが、それに相応しい存在感、スポーティーな雰囲気がある。
限定200台の特別仕様であり、色も赤と黒の2色のみとなる。レースカーのデザインテイストがいい。

インチアップしたタイヤは17インチ

ハンドリングのよさは確実にいい。意のままに操れる感覚があり、高速コーナーも不安感がない。
タイヤ剛性が上がっている反面、振動をよく拾い荒れた路面では気になる場面もある。

エンジンは1.8Lのターボ

ノーマル車では1.4LのNAなのに対し大幅なグレードアップがはかられた。
1.5LフィットRSに対しても動力性能面ではおおきなアドバンテージとなっている。
ただし、スポーツな加速感を味わうには適正なシフトダウンが必要が出てくる。
エンジン形式はBJX、直列4気筒DOHCターボで1780ccであり最大150psの出力となっている。

運転の楽しさフィーリング

ポロの5MTのシフトフィーリングは個人的には非常に心地よい。
シフトのノブの形状もよく、クラッチの重さも渋滞でも苦にならない。
エンジン音は聴かせるタイプで、エンジンの爆発がはっきり聴こえるのがスポーティーさを演出している。
スポーティーさとコンパクトさを兼ね備えた運転の楽しさがある。
ただし、惜しいのは、リアのローター径が小さいことである。当然、実用では十分すぎるぐらいの性能があるが、ドレスアップ的な要素としてはもう一声欲しいところである。

スポーツ性に加え実用性、経済性も兼ね備えたフィットRS

実際fitは積載能力も高く、このクラスでトップクラスの燃費性能もある。
スポーツさもほどほどで、女性が乗っても不満が出ない乗り心地がポロに対して優れた点とも言える。
ノーマル車は街じゅうで見かけるのがエクステリア面での特別感を喪失させている。

エンジンは1.5LのNA

ノーマル仕様の1.5LエンジンのL15A直列4気筒SOHCと同じである。
ノーマルとの違いはインチアップした足回りと、トランスミッションの違い、そしてスポーティーな外観である。

ポロとのドライブフィーリングの違い

乗り心地はポロに対してしなやかである。
パワフルなエンジンに引っ張られる感じのPOLO GTI に対し、転がり抵抗が少なく加速が乗る感じで出足は軽い。
エンジンの回転フィールがよく、ふけ上がりもスムーズでホンダの得意分野であることがわかる。
ハンドリングもグリップ感がしっかりありよい。ポロの方が路面のインフォメーションをしっかり伝える傾向がある。
また、シフトストロークのフィールはポロの方がよい。

どちらも貴重なマニュアルトランスミッション車

実際、この2台で悩むとすれば、金銭的な問題である。poloはFitに対し100万高い価格設定であり、今後のメンテナンス費用も二割増ぐらいに考えなければならない。

関連するレポート

[ 2010/12/27 ]
コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント
コメント投稿

C-HRの初期受注が月間目標の8倍、トヨタ新型コンパクトクロスオーバーSUV

スカイラインが地味にカッコイイ、東京オートサロン2017日産ブース

トヨタ・ヴィッツハイブリッド発売、マイナーチェンジでフェイスリフト後期型

トヨタ新型カムリがワールドプレミア、北米国際オートショー2017開催

S660 Bruno Leather Editionが2017年春に発売、東京オートサロンにも出品

スズキ スペーシアカスタムZ プレミアムを東京オートサロンで出品、画像

トヨタ、日産、ホンダ、マツダ、三菱、スバルのメーカーごとの特徴

ヴィッツハイブリッド2017年1月12日発売、後期型へマイナーチェンジ

ホンダ新型シビック日本仕様は、セダン、ハッチバック、タイプRの3種類あり

レクサス新型LSが3.5Lツインターボ搭載でワールドプレミア、デトロイトショー2017

レクサスが新型コンセプトカー、LF-SAをジュネーブモーターショーで発表

ダイハツ・ミラは2017年秋フルモデルチェンジ、安全運転支援システム充実

スバルXVは2017年1月生産終了予定、3月ジュネーブで次期型発表の可能性

レクサスUX、プレミアムC-HRを独自デザイン、別チャンネルで販売予定

フィット2017年春マイナーモデルチェンジで直3 1.0Lターボを導入か

スズキ・スペーシア次期モデル開発中、2017年夏のフルモデルチェンジ予測

トヨタは次期プリウスαを開発していない、新プリウスは通常版とPHVだけ

2017年はジュークがフルモデルチェンジか、新デザインとe-POWERで人気モデルに

三菱がジュネーブモーターショーでコンパクトクロスオーバーSUVを発表予定

ヴィッツハイブリッドの車両価格は181万9800円から、1月12日に発売予定

スズキ・スペーシア カスタムZが12月26日に発売予定、新エクステリアに期待

次期15代目クラウン開発中、2017年東京モーターショーでエクステリア発表予想

日産・ノート e-POWERの初期受注が好調、シリーズ合計月販15784台で首位

新型スイフト2017年1月4日発売、スズキのニューモデルラッシュ

スペーシア カスタム Zが発売予定、押し出し感の強い新エクステリアが追加

トヨタ新型プリウスPHVは326万1600円から、2017年2月に発売延期

スズキ・ワゴンRのフルモデルチェンジは年明け早々、2016年内は難しそう

スズキ新型スペーシア カスタムZを149万0400円から発売、燃費30.6km/L

トヨタ次期カムリ、北米仕様は2.5Lターボ有り、日本仕様はハイブリッド専用

スズキ・スイフトのフルモデルチェンジ発表は2016年12月27日、134万3520円から

三菱eKスペース、カスタムがマイナーモデルチェンジでフェイスリフト

バモスが一部改良を受けて販売継続、N BOXと共存する価値はあるのか?

新型スイフトのエンジンは1.2Lマイルドハイブリッド、1.0Lターボ、1.2L NA

スズキがハスラーのワイド版を計画、オシャレなクロスオーバーSUVが登録車に

新型セレナに1.2LレンジエクステンダーEVの可能性、2017年初旬追加発売か

次期カローラは車格アップ、トヨタのセダンラインアップは車種整理される

レクサスが次期LSを予告、コンセプトカーのLF-FCを東京モーターショーで発表

ヴェゼルの受注が好調、ハイブリッド納期は消費税増税後、将来はターボ追加

ヴィッツハイブリッドの発売日は2017年1月12日、先行予約12月開始

日産オッティ&三菱eKワゴン後継車、2013年6月の発売に向けて準備中

メーカー/車種別

お問い合わせ
プライバシーポリシー
Copyright © 自動車リサーチ. All rights reserved.