car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

カローラSPORTが2018年秋ごろ発売見込み、オーリス後継モデル

次期カローラはTNGA-Cに車格アップ、プリウスおよびC-HRとプラットフォーム共用

トヨタはカローラシリーズを2018~2019年にかけてフルモデルチェンジさせる計画となっている。これにはオーリスとの車種統合と、TNGA-Cプラットフォーム採用による車格アップが盛り込まれる。

(写真は現行オーリスハイブリッド)
オーリス ハイブリッド

カローラスポーツが新設されオーリスは統合、1.8Lハイブリッドと1.2Lターボ搭載

オーリス リアコンビネーションランプ

これまでカローラシリーズの国内向けモデルは、5ナンバー仕様の専用設計であった。次期型からはグローバル版との共通化によりTNGA-Cプラットフォームが採用され、全幅は1.7mを超えることになる。もはや国内市場においても5ナンバーに拘るよりも、ホンダ・シビック、マツダ・アクセラ、スバル・インプレッサと肩を並べるスペックを満たしたほうがニーズと合っているだろう。

(写真は現行カローラアクシオ)
カローラ セダン アクシオ カローラ アクシオ リアコンビネーションランプ

TNGA-Cプラットフォームは既にプリウスあるいはC-HRで市販車採用実績がある。この流れから、次期カローラのハイブリッドパワートレインについても1.8L THSⅡで共通化される見込みとなる。そして、C-HRと同じく8NR-FTS型1.2Lターボエンジン搭載モデルも用意される。

(写真は現行カローラフィールダー)
カローラ フィールダー カローラフィールダー リアコンビネーションランプ

ボディタイプ別には、5ドアハッチバックのカローラスポーツが実質的にオーリス後継モデルとして配置され、アクシオ後継のセダンも当然ラインアップされる。ステーションワゴンのカローラフィールダーについては、欧州仕様にあるオーリスツーリングスポーツの後継モデルと共通化される可能性も考えられる。

(写真は現行オーリスツーリングスポーツ欧州仕様)
オーリス ツーリングスポーツ 2012paris

なかでもカローラスポーツの開発が先行しており、2018年秋~年内にかけての国内発売が予想される。欧州を主力市場とするCセグメントハッチバックカーということで、2018年10月に開催されるパリモーターショーでのワールドプレミアが予想される。

#46 匿名さん2018/02/01(Thu)21:34:38
※45
オマエ以外が買うから、安心しろ!
#47 匿名さん2018/02/01(Thu)22:59:39
オーリスの姉妹車だったブレイドが結構好きだったんで、5ドアHBはそれを洗練させたようなデザインだと嬉しい(妄想)。
#48 匿名さん2018/02/01(Thu)23:03:39
♯45
老害は黙ってて欲しい
オマエみたいな奴がいたから、日本のカローラは、ジジイ専用車になっちまったんだろ?
次期モデルは、海外カローラと共通の若々しいイメージを取り戻すために変わるわけ
わかった?
#49 匿名さん2018/02/01(Thu)23:10:32

3ナンバーのカローラは、カローラじゃないと喚くやつ
それを決めるの、オマエじゃないから

まずは年末登場の次期オーリス=カローラスポーツを見てからだ
10月のパリサロン辺りで、新型がお披露目されるはずだ
#50 匿名さん2018/02/02(Fri)02:22:10
#48
若々しいイメージ取り戻したら売れるとか海外と共通化すればなんとかなると本気で思ってるなら馬鹿だな
そんなもんじゃカローラのイメージなんて変わらねぇよ
その程度の浅知恵、絵に書いた餅レベルにすらなってないわ
カローラのコンセプトもよくわかってないような無知は大人しく流行りのSUVにでも乗ってな
#51 匿名さん2018/02/02(Fri)08:10:27
※50
ザッツ老害!
ジジイ、じゃあ、カローラのコンセプトやらを教えてよ
#52 匿名さん2018/02/02(Fri)09:52:05
日本のカローラユーザーの平均年齢は70歳代に迫ろうとしている
♯50の「浅知恵」をそのまま踏襲していけば、本当に高齢者しか買わない車になってしまうし、「グローバルカローラ」とのイメージの乖離がどんどん広がっていってしまう

現行モデルは、以前に比べて大幅に販売台数を落とし、もはやオワコン、ジリ貧、夢が全く感じられないクルマになってしまった
ここらでイメージ刷新が必須だろう

「現状維持派」の無責任さは、どこにいっても相変わらずw
#53 匿名さん2018/02/02(Fri)10:00:58
湧いてきました「叩き屋」
他のサイトでやってくれ
#54 匿名さん2018/02/02(Fri)10:05:10
叩き屋 vs ニワカ煽り厨
他に行かないでいいよ
ここでやってくれ
#55 匿名さん2018/02/02(Fri)10:21:01
元々カローラは法人需要が多かったんじゃねーの
これも時代とともに、軽とかヴィッツ、アクア、プリウスに分散していった

#56 匿名さん2018/02/02(Fri)10:23:05
営業車とかレンタカー需要な
最近は、♯55の書いた通りだと思う
#57 匿名さん2018/02/02(Fri)13:02:40
レンタカー需要はカローラは激減したね。営業車は詳しくないけど軽に大半奪われたイメージ
でも、それなら全体の売上げももっとずっと下がってていい筈なんんだけど
順位は下がっても販売台数は今も非常に多い車種

ひょっとして一般オーナーは昔から横ばい?
#58 匿名さん2018/02/02(Fri)13:11:58
♯57
それは「フィールダー」が一般需要を支えているから

クルマに詳しくない人間は「カローラ=セダン」だと思いがち
しかし、実際の販売はこんな感じ、フィールダーが販売の主力なのだ
フィールダー2016年間販売台数 52,560台
アクシオ2016年間販売台数 32,140台

アクシオの大半が法人需要との調査
#59 匿名さん2018/02/03(Sat)21:54:54
カローラはセダン・ワゴン共、法人リースに支えて現在に至ってるんだよね。それ以外の一般オーナーは、セダンは高齢者、ワゴンは若者→エアロ装着率高い。次期型は今迄の流れを断ち切れるかが見もの。
#60 匿名さん2018/02/03(Sat)22:30:50
法人リース→アクア、プリウスに移行
高齢者→軽もしくはドライバー引退
若者→3ナンバーでもOK
よって、次期型はいよいよ若返りという判断なんだろな
販売台数は減ると思うが、これはプリウスなんかが吸収するから問題なし
#61 匿名さん2018/02/03(Sat)22:32:55
軽自動車でもあれだけ多彩なデザインがあるのに5ナンバーだからデザインに無理があるって言うのは詭弁だと思うな
サイズを大きくする前にもっとやることがあるんじゃないの?
#62 匿名さん2018/02/03(Sat)22:48:43
>>61
多彩かどうかは問題ではない
質感が大事でしょ
ドア厚で片側1センチ違えば質感の表現力はかなり違うでしょ
#63 匿名さん2018/02/03(Sat)22:50:29
♯31の通り
#64 匿名さん2018/02/03(Sat)22:54:19
♯61
軽自動車のデザインが多彩とは・・・
各社全く同じデザインだが・・・
#65 匿名さん2018/02/04(Sun)07:55:09
4A-GEみたいなエンジンはもう出ないだろうな。
老害すんません。
#66 匿名さん2018/02/04(Sun)09:26:23
セダンにも、GTがあった
#67 匿名さん2018/02/04(Sun)11:19:18
アクシオは法人リリース専用で残しても良さそう。
1.5NAとハイブリッドだけにして、あと10年くらいモデルチェンジ無しで戦える。
#68 匿名さん2018/02/04(Sun)11:52:11
自動車教習所用が発売された模様
5ナンバーカローラはしぶとく生き残り続ける
#69 匿名さん2018/02/04(Sun)17:49:32
先々週末にディーラーで聞いた話だと教習車かなにかと共通化させて、現行カローラセダンはフルモデルされても併売されると聞いたぞ。それを示すように先週教習車発表されてなかったっけ
#70 匿名さん2018/02/04(Sun)17:56:19
♯69
あのね、カローラアクシオのフルモデルチェンジは2019年の秋、あと1年半もあるのよね
併売も何も、当面現行モデルを販売するでしょうよ
#71 匿名さん2018/02/04(Sun)18:02:27
教習車が新型に変わったということは、次期モデル発売後も当面現行モデルを併売するんだろう
生徒に5ナン・3ナンの違いを理解させるためにも、良いベース車両だ

しかし、どうしても「5ナンバーじゃなきゃ嫌だ!」とかいう、面倒な輩がまだ一定数生息しているもよう、
トヨタもこんなの相手をするのは大変だよな・・・
#72 匿名さん2018/02/04(Sun)18:15:25
オーリスツーリングスポーツ欧州仕様、フィールダーとは比べくもないカッコ良さ
#73 匿名さん2018/02/04(Sun)18:49:02
そう、
日本でも売ってほしかった
次期モデルは、フィールダーがこっちに統合だろうから楽しみ
#74 匿名さん2018/02/04(Sun)19:12:21
現行フィールダーはかなりの無理してるからデザインは酷い皺寄せだな
先代はグッドデザイン賞取っただけでなく非常に影響力があって、マツダもホンダもその外見影響を認めてる程なのに、まさかの180度転換
トヨタ自身は、ユーザビリティの為の方向転換だとしてるが、乗ってみる気になれてないので本当なのか解らない
#75 匿名さん2018/02/04(Sun)22:42:45
1.2Lターボか・・・実際乗ってみないと何とも言えないが、スポーツとは程遠いイメージ
#76 匿名さん2018/02/04(Sun)23:22:09
搭載エンジンが1.2Lターボと1.8Lエンジンだけじゃなぁ...
せめて1.5Lハイブリットが無いと日本じゃ厳しいだろ
#77 匿名さん2018/02/04(Sun)23:25:35
♯76
×ハイブリット
〇ハイブリッド
ボディサイズが大きくアップするのを忘れているようだ
旧式の1.5Lハイブリッドでは、走りの面で役不足
次期カローラはもはや「安売り」のクルマではないのだよ
#78 匿名さん2018/02/04(Sun)23:27:48
♯76みたいな事いう奴、意外に多いかも
次期モデル登場後も、現行のアクシオが併売されるって話はホントかもな
#79 匿名さん2018/02/04(Sun)23:31:06
※75氏

1.2Lターボは欧州向けカローラ&オーリスに搭載されていた1.6Lの置き換え用に開発されたエンジンです。
いわゆる「ダウンサイジングターボ」ですから、従来1.6Lエンジン+αの性能と、至って普通のエンジンです。ことさらスポーティ方向には振っていません。
#80 匿名さん2018/02/05(Mon)13:26:00
#79氏
そうですか。ならカローラ「SPORT」などという、はったりな名前は付けないで欲しいです。
あ、でもそれ言ったらインプレッサSPORT、アクセラSPORTも一緒か(笑) スポーツエンジン積んでないし。

昔みたいに5ドアハッチバックってあんまり言いたくないんでしょう。
#81 匿名さん2018/02/05(Mon)14:49:02
#80
確かにスポーツなんて付けるぐらいならスプリンターの名前復活させたほうがよかったかもしれんな
#82 匿名さん2018/02/05(Mon)15:03:38
インプレッサスポーツ・アクセラスポーツと意味合いは同じ。
欧州で知名度が高まった「オーリス」の名前を敢えて廃し、
全世界で今一度「カローラ」というネーミングを浸透させるための
ネーミング。

スプリンターは「ダイムラー」が「メルセデス・ベンツ・スプリンター」
のネーミングで商用車を販売しているため、復活はあり得ない。
勉強が必要だ。
#83 匿名さん2018/02/05(Mon)15:23:23
日本人は「カローラ」に「スポーティ」なイメージがあったことを忘れてしまったんだろ
トヨタは新型カローラシリーズの圧倒的な商品力で、そういった層を見返すしかないわな

現行シビックが「日本でも復活!」との報道時にも、あーだこーだ外野が
うるさかったが、リリースされた新型の抜群の出来に、評論家もしろーとも押し黙ってしまったっけ
カローラが、シビックのようなブームメントを起こせるか大注目だ
#84 匿名さん2018/02/05(Mon)22:03:38
オーリスとの車種統合で一つだけ不安が。
「シャア専用仕様」とかはご勘弁願いたい。
#85 匿名さん2018/02/05(Mon)22:12:13
あれ、なんでオーリスがベースだったんだ?
#86 匿名さん2018/02/06(Tue)07:23:14
国内でさっぱり売れないオーリスが、苦肉の策で世のガンダム世代(おじさん)向けに出してみた。
自分はいままで5回くらい見かけた。
いったい何台売れたのだろう。
#87 匿名さん2018/02/06(Tue)10:06:56
日本人も目利きが増えてきたってこと
+100万円で良いクルマが買えるなら、輸入車選ぶのは当たり前だろな
#88 匿名さん2018/02/06(Tue)17:46:21
本格的なスポーツモデルはGRシリーズかな。
#89 匿名さん2018/02/06(Tue)18:16:16
「GR」は出るだろうね
ただ、トヨタはこのクラスのスポ車向けエンジンがないからな~
このあたりが、クルマ好きにはイマイチ響かないところ
パワーユニットはそのまま、ボディ・足回りの補強だけではつまんない
BMWから供給を受けるかな
#90 匿名さん2018/02/07(Wed)19:47:24
GRMNに2.0ターボ積んで
#91 匿名さん2018/02/07(Wed)23:06:59
♯90
8NR-FTS型の事か
NX・RXに搭載されている横置きFF用は、確かに載せられるかもな
NX・RX用は238psだが、搭載されるとしたら、どこまでチューンされるかな
#92 ♯912018/02/07(Wed)23:07:33
8AR-FTS型の間違え
#93 匿名さん2018/02/16(Fri)20:48:59
アゲ
#94 匿名さん2018/02/17(Sat)07:21:19
マイチェンされたアルファード・ヴェルファイア並みの力をカローラにも注いで欲しい待
輸入車からシェアを奪い返すチャンス
難しいけど、追える背中があるほうが面白い

アクセラ・インプ・シビック
日本のCセグハッチバックはどれも力作
#95 匿名さん2018/02/23(Fri)15:29:02
マイチェンされたアルファード・ヴェルファイア並みの力をカローラにも注いで欲しい待
輸入車からシェアを奪い返すチャンス
難しいけど、追える背中があるほうが面白い

アクセラ・インプ・シビック
日本のCセグハッチバックはどれも力作

名前(任意)
コメント

カローラSPORTが2018年秋ごろ発売見込み、オーリス後継モデル

オーリス廃止2018年、TNGA-Cプラットフォームの次期カローラシリーズに統合

次期カローラは車格アップ、トヨタのセダンラインアップは車種整理される

次期カローラは3ナンバー大型化の可能性、プレミオ/アリオンと統合

次期カローラ2019年フルモデルチェンジ見込み、TNGA-Cプラットフォーム採用

カローラ50周年特別仕様車、80点以上の出来で9月1日500台限定で発売

レビン ハイブリッドが上海で発表、中国製ハイブリッドシステムを搭載

カローラフィールダー、アクシオがマイナーモデルチェンジ、キーンルック採用

カローラが後期型へマイナーモデルチェンジ、新型1.5Lで燃費性能が大幅向上

カローラのマイナーチェンジを来春予定、フロントデザインはキーンルック採用

カローラが後期モデルへマイナーモデルチェンジ、新開発1.5Lガソリンエンジン

レビン復活、北京モーターショー2014でトヨタが新型カローラと同時発表

カローラハイブリッドの受注台数は約1ヶ月で2万2千台、JC08モード燃費33.0km/L

カローラ フィールダーがベースの派生SUV、クロスフィールダーをトヨタが計画中

カローラハイブリッド、アクシオ&フィールダーの車両価格、8月6日発売予定

カローラ ハイブリッドが予約開始、アクシオ&フィールダーともにラインアップ

カローラハイブリッドの発売日は2013年8月6日、JC08モード燃費は33.0km/L

カローラ ハイブリッドが2013年8月発売、JC08モード燃費35.4km/L

カローラハイブリッドの発売は2013年夏頃、1.5L ニッケル水素 THSⅡ搭載

カローラ ハイブリッド2013年秋に発売予定、JC08モード燃費35km/L超

カローラハイブリッドは2013年内の発売予定、小排気量ターボエンジンは遅れる

カローラルミオンの次期モデル計画は無し、ハイブリッド化対象外

カローラハイブリッドがマイナーチェンジで発売予定、1.5L THSⅡ搭載

カローラ・アクシオ&フィールダーが11代目へフルモデルチェンジ、小栗旬を起用

カローラアクシオ、フィールダーがフルモデルチェンジ、5月11日発表

次期カローラ(アクシオ&フィールダー)へのハイブリッド搭載が中止

カローラにハイブリッドが登場、2012年6月発売予定

次期カローラハイブリッドはプリウスと共通HVエンジン

米国カローラに初音ミクがCMキャラクター

カローラフィールダー新型2代目(E14型)の評判と実燃費レポート