カローラ・フィールダー/アクシオ、2019年春発売へ、3ナンバー化の可能性

トヨタ
このページの情報は古いです
カローラの最新ニュースはこちらです
 NEW  【カローラクロス】価格199.9万円から、正式発売、日本仕様の最新情報/燃費/内装

新型カローラにもワゴンとセダンはある、全幅1.7m超えへ

トヨタではカローラフィールダー、カローラアクシオのフルモデルチェンジに向けた準備が進行中。2019年春の発売日が予想される。2018年6月に発売された5ドアハッチバックのカローラスポーツに続き、先代からのワゴン、セダンもラインアップされる。

(写真は新型カローラスポーツ)
カローラ フロントグリル

フィールダーとアクシオもTNGA-C採用、従来型Bプラットフォームから車格アップ

既に発売されたカローラスポーツのボディサイズは全長4375mm×全幅1790mm×全高1460mm、ホイールベースは2640mm。VW・ゴルフと直接対抗する欧州Cセグメントハッチバックど真ん中のサイズ感で、グローバルモデルと呼ぶに相応しい仕様となった。

カローラ スポーツ リアコンビネーションランプ カローラ スポーツ トランク

一方で、フィールダー、アクシオについては、従来型同様に国内の需要に応えるため、全幅をなるべく狭めた専用設計となる見込み。それでも、新型からはついに全幅1.7m台前半の3ナンバー車となる可能性が高い。日本専用設計の部分は外板パネルなどいくらかの部分に限られ、ほとんどがグローバルモデルと共用される。従来型はBセグメント向けプラットフォームを使った別設計であった。

新型カローラは、スポーツイメージあるいは車格アップといったネガティブイメージを感じさせないプロモーションがなされているが、実質的には伝統ある国内カローラを消滅させてグローバルモデルに統合させたというのも一つの見方となる。

(写真は従来型カローラアクシオ)
カローラ セダン アクシオ

(写真は従来型カローラフィールダー)
カローラ フィールダー

パワートレインは、カローラスポーツと同じく、1.2Lターボと1.8Lハイブリッドがラインアップされる見込み。1.5L NAあるいは1.3L NAガソリンエンジン搭載モデルも期待したいが、今回からTNGA-Cプラットフォーム採用で車格が上がっており、エンジンパワーの小さい低価格モデルは設定されないかもしれない。

このページの情報は古いです
カローラの最新ニュースはこちらです
 NEW  【カローラクロス】価格199.9万円から、正式発売、日本仕様の最新情報/燃費/内装
タイトルとURLをコピーしました