次期カローラは車格アップ、トヨタのセダンラインアップは車種整理される

トヨタ
このページの情報は古いです
カローラの最新ニュースはこちらです
 NEW  【カローラクロス】価格199.9万円から、正式発売、日本仕様の最新情報/燃費/内装

次期カローラはボディサイズ拡大で、プレミオ/アリオンと統合される

(写真は現行カローラ アクシオ)
カローラ アクシオ

トヨタでは次期カローラ アクシオ/フィールダーの開発が進められており、2019年のフルモデルチェンジデビューが予想される。

カローラアクシオ フロントグリル カローラアクシオ リアコンビネーションランプ

一方でアクシオの上位セダンとしてラインアップされるプレミオ/アリオンは廃止されることになる。次期カローラ アクシオはこれらの販売枠も引き継ぐことになり、フィールダーとともに車格アップされ、エクステリア違いの姉妹モデルが設定される見込みとなっている。

(写真は現行アリオン)
アリオン アリオン リアコンビネーションランプ

次期カローラのプラットフォームには、プリウスと共通のTNGA-Cが採用されることになりボディサイズは拡大される。従来のプレミオ/アリオンのユーザー層も満足できる車格に仕上げられることが期待される。

(写真は現行プレミオ)
プレミオ プレミオ リアコンビネーションランプ

次期カローラはTNGAプラットフォームで車格アップ、1.8L THSⅡ採用

TNGA-Cは、既に発売されているプリウスやC-HR、そして次期オーリスでも採用されることになり、プラットフォームの共通化によるローコストでハイクオリティーな商品作りが目指される。

(写真はプリウス)
プリウス

次期カローラに採用されるハイブリッドシステムはプリウスと共通の1.8L THSⅡの採用となり、現行の1.5L THSⅡからグレードアップされる。通常のガソリンエンジンモデルは1.5Lと1.8Lの2タイプが用意され、1.3Lは廃止となる可能性が高い。

(写真はマークX)
マークX

近年、国内のセダン市場はトヨタ一人勝ちの状況であった。しかし、競合車種が減ったことで一段とセダン離れが加速する結果を生み出したのではないだろうか。いよいよトヨタもセダン車種を整理せざるをえなくなり、プレミオ/アリオンの他にも、マークXに次期モデルが設定されないことが決まりつつある。

このページの情報は古いです
カローラの最新ニュースはこちらです
 NEW  【カローラクロス】価格199.9万円から、正式発売、日本仕様の最新情報/燃費/内装
タイトルとURLをコピーしました