car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

レビン ハイブリッドが上海で発表、中国製ハイブリッドシステムを搭載

レビンとカローラが中国でハイブリッド化、上海モーターショー2015

トヨタのレビンHEV、カローラセダンHEVが上海モーターショー2015でワールドプレミアを迎えた。

(写真はレビンHEV)
レビンハイブリッド

レビンは昨年の北京モーターショー2014で発表されたモデル。カローラレビンの車名が引き継がれ、セダン需要の高い中国市場へ投入された。また同時発表となったカローラセダンとは姉妹車種の関係にあり、それぞれ別のエクステリアデザインが与えられている。

これらレビンおよびカローラにハイブリッドモデルが計画されていることは、既に北京での発表時点で公表されていた。

(写真はカローラHEV)
カローラハイブリッド 中国仕様

そして今回の上海モーターショー2015で、レビンHEV、カローラHEVの発表に至ることになった。

(写真はレビン、北京モーターショー2014)
レビン 中国仕様

レビンHEVとカローラHEVに続き、今後も新たなハイブリッド車種を中国市場で投入予定

レビンHEVおよびカローラHEVに搭載されるハイブリッドシステムは、直4 1.5Lのアトキンソンサイクルガソリンエンジンをメインにモーターアシストが加わったものとなる。システム最高出力99hpということで、アクアやカローラハイブリッドの日本仕様とほぼ同タイプと思われるパワートレインが採用される。

1.5L THSⅡ

またハイブリッドユニットは日本から輸入されるのではなく、中国で生産され、ボディを含め一貫生産される計画となっている。今後は現地生産のハイブリッド車種を拡大していく方針で、2020年までには全ラインアップの3割程度の車種がハイブリッド化される見込みとなっている。

レビンHEVとカローラHEVの発売日は2015年秋頃になる見込み。現在のところ価格は未定となっている。

コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント