カローラ50周年特別仕様車、80点以上の出来で9月1日500台限定で発売

トヨタ カローラシリーズ販売50周年、特別仕様車HYBRID G “50 Limited”

トヨタはカローラの販売50周年特別仕様車を2016年9月1日に販売する予定となっている。

(写真はカローラアクシオ特別仕様車 HYBRID G “50 Limited”)
カローラ特別仕様車アクシオ ハイブリッドG 50リミテッド

トヨタの主力モデル、カローラは1966年発売の初代型を祖とし、以降モデルチェンジを経て現在販売されるのが11代目モデル。セダンのカローラアクシスと、ステーションワゴンのカローラフィールダーがラインアップされる。

カローラ アクシオ ハイブリッド G 50 Limited カローラ 50th

今回の特別仕様車、カローラアクシオ HYBRID G “50 Limited”(ゴーマルリミテッド)は、カローラ初代型のインテリアカラーを現行型で再現したモデルに仕上げられた。

カローラ 50 リミテッド 内装

アクシオ ハイブリッド Gをベースにレッド内装と復刻エンブレムを装備

カローラシリーズは、トヨタ自らもが80点主義と評するモデルであるわけだが、それでも初代型にはアグレッシヴなレッド系カラーをインテリアに採用することで、スポーツイメージが付加されたモデルであった。50 Limitedはアクシオ HYBRID Gがベースとなっており、パワートレインや足回りの変更はないのだが、初代型を彷彿させるレッド内装を採用することで、スポーツイメージが与えられた。

カローラ エンブレム カローラ 50 リミテッド シート

花冠エンブレムも復刻され、シートおよびトランクリッドに設置される。

(写真は初代カローラ)
カローラ 初代型 1966年 カローラ初代 インテリア

50 Limitedは車両価格240万円にて限定500台で販売される。ちなみに通常版アクシオHYBRID Gは220万7127円であるから、特別な思い入れのあるファンにしか買ってもらえそうにない。

関連するレポート

[ 2016/07/14 ]
コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント
コメント投稿

レクサスがスピンドルグリルに見切り、次期モデルから新型グリルデザインの可能性

次期スカイラインクーペ ハイブリッドのコンセプトモデルが発表、500ps超

アウディ・Q8スポーツコンセプトのワールドプレミア画像、新型クーペSUV提案

トヨタが新型コンパクトクロスオーバーSUVコンセプトをパリモーターショーで公開

アテンザ ハイブリッドがテスト中

トヨタが新型i-TRILをジュネーブモーターショーで発表、i-ROAD後継4輪

アルファード&ヴェルファイアのマイチェン後期型が東京モーターショー出展か

レクサスLS500hがワールドプレミア、ラグジュアリー内装のフラグシップセダン

トヨタ・ハリアーがマイナーモデルチェンジ、3列シート車追加の可能性

メルセデスAMG GTコンセプト画像、4ドアスポーツクーペをジュネーブで提案

スカイライン プロパイロットの発売日は近い、改良型インフィニティQ50発表

日産欧州キャシュカイが後期型へ、新Vモーショングリルとプロパイロット採用

マクラーレン新型720S ジュネーブショー画像、日本価格は3338万3000円から

トヨタ・ヤリスGRMNがジュネーブショーで発表、1.8Lスーパーチャージャー搭載

ボルボ新型XC60画像、ジュネーブモーターショーでワールドプレミア

フォルクスワーゲン新型アーテオンがワールドプレミア、ジュネーブショー画像

フィットがマイナーモデルチェンジ予定、RSで1.0L VTEC-TURBO導入の可能性

ホンダ・バモスに19年ぶりのフルモデルチェンジ計画、ミッドシップ廃止でFF化

三菱エクリプス クロスをワールドプレミア、ジュネーブモーターショー画像

ホンダ新型シビックタイプRの量産型が世界初公開、ジュネーブモーターショー

ホンダ新型NSX 米国生産モデルが横浜港到着、日本向け納車スタート

日産、可変圧縮比エンジン搭載のスカイラインクロスオーバーを開発中

NSX後継?ホンダの新型スポーツカー

スバルが新型レヴォーグのティザー画像を公開、インプレッサとの違いは?

ノア、ヴォクシー、エスクァイア三姉妹モデルがマイナーモデルチェンジを計画

新型スバルXVが世界発表、ジュネーブモーターショー2017画像

メルセデスベンツ CLA45 AMGを発表、Aクラス4ドアクーペの高性能モデル

QX50(スカイラインクロスオーバー)がNYショーでマイナーモデルチェンジ発表

トヨタ・ヴィッツハイブリッド発売、マイナーチェンジでフェイスリフト後期型

N-BOXのフルモデルチェンジが今夏予定、ホンダセンシングを軽自動車に初採用

新型V37 スカイラインは2013年発売予定

クラウン アスリート/ロイヤルのフルモデルチェンジは2018年に延期

シビック タイプRが1.6Lターボ搭載で2014年発売、日本導入の可能性高い

新型インプレッサ WRX STIの発売は延期、7月の改変でGR、GV型最終モデルへ

次期ノートは3ナンバーの可能性、8月下旬発売予定

スズキ新型スイフトは、Bセグメントハッチの中で完成度が高い

三菱アウトランダーがマイナーモデルチェンジ、フェイスリフト画像

ホンダ・シビックタイプR量産型がジュネーブモーターショーで初公開予定

VW新型アーテオンがジュネーブモーターショーでワールドプレミアされる予定

ステップワゴン ハイブリッドの発売が予想より遅れる、2017年秋頃か

メーカー/車種別

お問い合わせ
プライバシーポリシー
Copyright © 自動車リサーチ. All rights reserved.