car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

日本車名はカローラスポーツ、2018年6月26日正式発表

カローラスポーツ1.2Lターボには6MTモデルも用意される

カローラシリーズがフルモデルチェンジを受ける。ボディタイプ別では5ドアハッチバックが先行導入され、既に北米車名のカローラハッチバックを仮称として日本市場に向けてもプロモーションされている。これは2018年6月26日にカローラスポーツとして正式発表される見込みとなった。

カローラ ハッチバック フルモデルチェンジ

カローラスポーツのパワートレインは前回お伝えした通り。まずは1.2Lターボ車として、CVTと6MT、FFと4WDがそれぞれ用意される。

8NR-FTS

カローラスポーツ ハイブリッドは1.8Lを搭載、FFのみがラインアップ

一方でハイブリッドの方は、欧州発表された最新型の2.0L THSⅡ搭載モデルの日本発売は見送られた。プリウスと同じ1.8L THSⅡのFF車のみがラインナップされ、JC08モード燃費は最高で34.2km/Lとなる。4WDモデルの追加を期待したいところだが、構造上の問題でプリウスのE-Fourシステムを載せることは難しいようだ。

カローラ ハッチバック トヨタ カローラ ハッチバック リアコンビネーションランプ

カローラシリーズは本モデルからワンクラス上のプリウスとTNGA-Cプラットフォームが共用される。一車種あたりの開発コストを抑えながらも上級な基本性能を得られるのがプラットフォーム共用のメリットであるが、専用設計でないためこういった妥協点が出てくるのも致し方ない。どちらかといえばTNGA-Cはプリウスに最適化されているのだろう。

カローラ ハッチバック インテリア カローラ ハッチバック シート

もう一つ妥協点となりそうなのが、後席スペースである。全長4370mm、ホイールベース2640mmというボディサイズのわりには、後席レッグスペースは控えめとなる。

#1 匿名さん2018/06/09(Sat)22:54:44ID:ExNTM3NzDO
イメージとしてはTNGA‐Cはプリウスを基礎として、SUV版のCHR、ハッチ版のカローラスポーツ、よりセダンらしい新型カローラ、ワゴン版にカローラフィールダーみたいな感じで展開していくということか?
オーリスの車名が良かったな!
#2 匿名さん2018/06/09(Sat)23:19:35ID:IwZWMwN2jN
フィールダーがどんなになるのか楽しみ。期待してます。4WD。
#3 匿名さん2018/06/09(Sat)23:34:40ID:Y5YmFiMDGN
カローラの名前で出すということはカローラ店専売だろうが、
オーリスからの乗り換えを考えた時、ネッツやトヨペット店での受け皿がなくなるから
カローラ店以外からはオーリスとして姉妹車を設定すればいいのに
#4 匿名さん2018/06/09(Sat)23:42:30ID:YyNTRjZjDO
だっさい!
#5 匿名さん2018/06/09(Sat)23:48:40ID:EwZWUwYzGM
#3
なるほど一理あるね
#6 匿名さん2018/06/10(Sun)07:22:20ID:E0Mjc1ZWGN
ヴィッツはヤリスになるのに、オーリスはカローラになるか。
#7 匿名さん2018/06/10(Sun)14:46:45ID:MxNDM1MjDM
カローラの心が分かってないなー
トヨタは
#8 匿名さん2018/06/10(Sun)20:28:52ID:U0NWM1NjDY
再びカローラ店専売になるのか?まっ売れなきゃオーリスみたいな道を歩むだろうなあ。
#9 匿名さん2018/06/10(Sun)21:35:55ID:FlZGYwMDGY
#6
もうオーリスはトヨタの製品情報に存在しとらん。オーリスで出すなら旧機種販売終了後もページは残っとる。いつもお世話になっとるネッツに「オーリス終了したけど、次のカローラハッチバッグは売るん?」と聞いたら、「ネッツでカローラ売り出したら…」と嘆いてたわ。

ただ、ネッツは売る車種がどんどん消えとるから、カローラ名で売ることになるんだろうね。
ウィッシュ、アベンシスも消えたし、bBやistもおらん。オーリスまで消えてほんまラインナップが昔のネッツと比べたら嘘やろというレベル。
幸いRAV4が復活しそうじゃが、ネッツ専売というわけじゃなさそうだしな
#10 匿名さん2018/06/11(Mon)17:26:34ID:E0ZjYwOTjM
シビック、インプレッサ、アクセラに対して販売台数でどれだけ勝るのか、それとも劣るのか。結果を見てみよう。
#11 匿名さん2018/06/11(Mon)18:31:57ID:Q0NTAzMzTM

日本市場なんてオマケだぜ
日本がミニバンを筆頭にしょうもないクルマしか売れないのを、トヨタはよ~くわかってる。
このクルマはは海外、特に欧州が主戦場。
あちらで評価されれば、日本で売れなくても全然ok
#12 匿名さん2018/06/11(Mon)19:52:08ID:ViYTliZTTM
11
しょうもない人間が、そういうこといってもな・・・。
説得力はゼロ。
まったく意味のない書き込みは邪魔だから出てくるなよ。
#13 匿名さん2018/06/11(Mon)20:24:07ID:Q0NTAzMzTM
12
また出た!
ビンボーひがみミニバン乗り!
#14 匿名さん2018/06/11(Mon)23:03:25ID:M0M2U1MDmN
11
やっと欧州ブランドへの挑戦権を獲得
!といったところででしょうね。
来年、ゴルフの新型がでちゃいますけどね・・・
#15 匿名さん2018/06/12(Tue)23:19:45ID:EwYjQxOTzY
今度のカローラは出来が良すぎて、もうゴルフはダメだな。
故障ばかりで信頼性が低いし、ハイブリッドはないし。走りも大したことはない。もうターボでごかましも無理だろうし、ディーゼルは完全アウト。
ヨーロッパでもトヨタのハイブリッド車はバカ売れ。
欧州でしか売れないゴルフと世界中で売れるカローラでは、勝負にならん(笑)。明らかにカローラの圧勝だな。

#16 匿名さん2018/06/13(Wed)21:50:33ID:VkMjM0YzmN
#15
んなことはないよ。
#17 匿名さん2018/06/13(Wed)21:52:19ID:NkZTJhMT2M
#16
んだねー
#18 匿名さん2018/06/13(Wed)22:42:18ID:Q2MDAxMTjN
15
現実をよく考えてみろよ。
バカなこと書くから、袋叩きになるんだよ。
#19 肥溜めストーリー2018/06/14(Thu)17:43:37ID:E1ZTVlM2zM
今回の12代目カローラの開発コンセプトは「BLOOMING COROLLA」です。もともとカローラの名前には花冠という意味があり、その花冠を今一度咲き誇らせたいという想いを込めて開発しました。
→ついにフロントグリルから「C」マークが消えますね。

#20 南 祐斗2018/06/14(Thu)20:53:52ID:k2ZDZmMGGN
新生カローラハッチバックから指導
#21 南 祐斗2018/06/15(Fri)18:45:41ID:NmNTdlYWTN
ハイブリッド車 は エコカー減税車 取得税 重量税 免税 でしょう
#22 匿名さん2018/06/17(Sun)09:25:48ID:VjMTNlNGDZ
※15
カローラが圧勝って・・・
マイノリティ過ぎるよ、その意見
#23 匿名さん2018/06/17(Sun)13:03:28ID:QxZWY1YTTO
※4
あの酒は旨いよ
#24 華僑院護吉2018/06/26(Tue)18:08:51ID:RmNmQwYjzM
8月発売のi MTはちょっと気になるぞ!
#25 匿名さん2018/06/26(Tue)18:30:21ID:hkOTI5Nz2Z
iMTは新開発の2.0Lエンジンとの組み合わせ
#26 肥溜めストーリー2018/06/27(Wed)06:26:57ID:VhYjg2OTzN
技術の日産さん、差が開く一方で遺憾であります。
#27 匿名さん2018/06/27(Wed)20:09:55ID:FlYTY5YjzO
日産の欧州Cセグ車は「パルサー」がある。
売ってることを知らない人が多くて涙。
#28 肥溜めストーリー2018/06/27(Wed)22:08:08ID:VhYjg2OTzN
知ってますけど、パルサー以外にも沢山ある。
買いたくても国内では買えない。
#29 匿名さん2018/06/28(Thu)17:09:49ID:ZhMDBhZD2O
iMTに対してジャーナリストはどんな評価を下すか。

名前(任意)
コメント