新型カローラ セダンが中国と北米で発表、日本仕様も2018年内発売予告

トヨタ
このページの情報は古いです
カローラの最新ニュースはこちらです
 NEW  【カローラクロス】価格199.9万円から、正式発売、日本仕様の最新情報/燃費/内装

新型カローラ セダン発表、中国では姉妹モデルのレビンも同時デビュー

トヨタは新型カローラのセダンモデルを開催中の広州国際モーターショー2018でワールドプレミアさせた。

(写真は新型カローラ中国仕様)
カローラ中国仕様

トヨタカローラセダン中国仕様
中国市場ではレビンの車名を使ったスポーツ志向の強い姉妹車種も用意されている。

(写真は新型レビン中国仕様)
レビン レビン中国仕様

新型カローラセダンのデザインは、大きく2タイプに分かれる

12代目となる新型カローラは、5ドアハッチバックモデルのスポーツが先行して販売されてきた。TNGA-Cプラットフォームを採用し、これはC-HR、プリウス、レクサスUXと基本構造を同じくする。車格的には従来型オーリスの後継モデルとしての役割も果たす。そしてスポーツに続き、今回発表されたのがセダン。最もカローラらしい標準的なボディタイプが姿を表した。

一方でトヨタは、米国市場に向けても新型カローラセダン北米仕様を発表している。

(写真はカローラ セダン北米仕様)
カローラ 米国仕様 フロントグリル カローラ 米国仕様 トヨタ

グローバル販売されるカローラシリーズであるが、今回の新型も市場の好みに合わせて様々なエクステリアデザインが与えられる。ただしデザインの系統としては大枠で2タイプとしており、1つ目は北米カローラ、中国レビンのスポーティモデルで、日本仕様もこれに属する。2つ目は中国カローラ、欧州カローラのプレステージモデルとなる。

カローラ北米仕様 カローラ北米仕様リアコンビネーションランプ

日本市場向けに出されたアナウンスもある。日本の道路環境に最適化したモデルのセダンとワゴンが2019年内にも発売されるとのこと。これは、以前から噂されていたナローボディ仕様を指していると思われる。日本仕様は全幅を抑えた専用設計モデルとなることが期待される。

このページの情報は古いです
カローラの最新ニュースはこちらです
 NEW  【カローラクロス】価格199.9万円から、正式発売、日本仕様の最新情報/燃費/内装
タイトルとURLをコピーしました