カローラアクシオ、フィールダーがフルモデルチェンジ、5月11日発表

カローラが11代目へとFMC

トヨタの主力車種、カローラが2012年5月11日にフルモデルチェンジすることになった。
初代から現行の10代目カローラまでは、ボディサイズの拡大と居住性の向上を繰り返してきた。
今回で11代目となる新型カローラでは、ボディサイズを初めて小型化。流行のダウンサイジングを受けることになる。
セダンのカローラアクシオが全長4360mm×全幅1695mm×全高1455mm、ワゴンのカローラフィールダーが全長4360mm×全幅1695mm×全高1465mm。
ともに全長が4.4mオーバーだった現行カローラを下回るものになる。
ホイールベースは現行カローラと変わらない2600mmを確保し、車体がコンパクトになりながらも現行モデルと同水準の居住空間が保たれる。

(写真は、現行の10代目カローラのアクシオ)
カローラアクシオ

新型カローラはアイドリングストップ搭載

新型カローラのエンジンは、アクシオが1.3Lと1.5L、フィールダーが1.5Lと1.8Lというラインアップになる。
現行モデルとの変更点は、次期アクシオからは1.8Lエンジンの採用が無くなり、新たに1.3Lが追加する。
また、新型のアクシオ、フィールダーとも、1.5Lモデルに関しては、トヨタではスマートストップと呼んでいるアイドリングストップシステムが設定される。
これにより、新型カローラのJC08モード燃費は、アクシオ1.3Lが20.6km/L、アクシオ1.5Lが20.0km/L、アクシオ1.5L+スマートストップが21.4km/L、フィールダー1.5Lが19.6km/L、フィールダー1.5L+スマートストップが21.2km/L、フィールダー1.8Lが16.6km/Lとなる。
また4WD車は、アクシオ、フィールダーとも、1.5Lモデルのみに設定され、スマートストップが装備できないほか、新エコカー減税とエコカー補助金の対象外となる。

また、噂のあったカローラハイブリッドに関しては、現在の計画は白紙に戻っている。
途上国を含めたグローバルで販売されるカローラだけに、ハイブリッド化への障壁は高かったと想像する。

トヨタでは現行カローラアクシオよりもコンパクトなセダン車種として、ベルタをラインアップしているが、ダウンサイジングした新型アクシオ1.3Lの登場により、このベルタの廃止が噂されている。
特に、1.0Lと1.3Lとラインアップされるベルタのエンジングレードのうち、1.3Lが消える可能性は極めて高いと考える。

関連するレポート

[ 2012/02/26 ]
コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント
コメント投稿

トヨタNEWハイラックスが9月12日発売スケジュール、新型ピックアップトラック

マークXはカムリ発売後もしばらく販売継続、低価格V6 FRセダン最終モデル

スズキ・ハスラーワイド計画中、オシャレなシティSUVの居住性が向上

ホンダ・アコードがフルモデルチェンジ、北米で今秋の先行発売がスケジュール

三菱・エクリプス クロス2018年1月発売見込み、新型クロスオーバーSUV

レヴォーグがマイナーモデルチェンジ、ツーリングアシストを搭載

カムリがフルモデルチェンジ日本発売、ハイブリッドのみで約329万円から

ホンダ・ステップワゴン後期型は8月予約受付開始、ハイブリッドモデル追加

N-BOXが8月31日に正式フルモデルチェンジ発売、プレオーダー好調

トヨタ、日産、ホンダ、マツダ、三菱、スバルのメーカーごとの特徴

スカイラインが地味にカッコイイ、東京オートサロン2017日産ブース

スズキ新型スイフトハイブリッド発売、JC08モード燃費32.0km/Lを達成

マツダ・CX-3 ガソリン車 7月21日発売、SKYACTIV-G 2.0を搭載

ホンダ・グレイスがマイナーモデルチェンジ、小型セダンはやっぱり売れない

フォルクスワーゲン車の弱点と選ばれる理由

レクサスCT200hが今夏のマイナーモデルチェンジで後期型へ、FMCは2019年以降

スイフトスポーツは新開発の1.4Lストロングハイブリッドを搭載、7月発売見込み

NX300h、NX300が後期型へマイナーモデルチェンジ、9月14日に日本発売

ジェイドに2列シート5人乗りモデルが追加予定、2017年マイナーモデルチェンジ

ホンダ・アコード次期モデルの日本発売は無し、Sport Hybrid i-MMDに貢献

ステップワゴン ハイブリッドの発売が予想より遅れる、2017年秋頃か

スペーシアが2018年春フルモデルチェンジ、マイルドハイブリッドも進化

ランドクルーザープラドが2017年秋マイナーモデルチェンジ予定、後期型へ

スズキ・SX4 S-CROSSがマイナーモデルチェンジ、新エクステリアで7月6日発売

レクサスUXは2018年秋のワールドプレミア予測、TNGA-C クロスオーバーSUV

ノア、ヴォクシー、エスクァイアが7月3日にマイナーモデルチェンジ

日産セレナe-POWER、2018年初頭発売へ延期、モーターは増強される可能性

フィットが予想以上の売れ行きで増産体制、派生セダン発売スケジュールに遅れ

ホンダ・フィットがマイナーモデルチェンジ、後期型はホンダセンシング採用

アルファロメオ・ジュリア、新型FRセダンの2017年内の日本発売が公式発表

ステップワゴン後期型にマイナーモデルチェンジ、10月東京モーターショー出品

オーリス廃止2018年、TNGA-Cプラットフォームの次期カローラシリーズに統合

次期フェアレディZコンセプトが東京モーターショー2017発表の可能性

V37スカイラインがデトロイトモーターショーで公開、フルモデルチェンジ近し

スイフト ストロングハイブリッド、スイスポが2017年終盤に発売される見込み

次期アテンザは2018年春フルモデルチェンジ、スカイアクティブ2搭載

スープラ復活、市販プロトタイプが2017年秋の東京モーターショーに出品予想

マツダ新型CX-8は今夏発表後先行オーダー開始か、秋発売のスケジュール

フォレスターのフルモデルチェンジは2017年秋発表、2018年春発売の予測

後期型アクア、マイナーモデルチェンジで6/19発売、クロスオーバー約206万円

メーカー/車種別

お問い合わせ
プライバシーポリシー
Copyright © 自動車リサーチ. All rights reserved.