car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

カローラ

カローラハイブリッドの発売は2013年夏頃、1.5L ニッケル水素 THSⅡ搭載

投稿日:2013/01/24 更新日:

新型カローラにハイブリッドモデルが追加発売

トヨタのカローラは昨年2012年にフルモデルチェンジを果たしたものの、待望されていたハイブリッドバージョンの投入が先送りとなっていた。これが2013年8月頃にも追加発売となりそうである。

(写真はカローラアクシオ、2012年フルモデルチェンジ版)
カローラアクシオ
カローラアクシオ 2012
新型カローラに搭載されるハイブリッドシステムは1.5LのTHSⅡで、これはアクアと共通のユニットとなる。ハイブリッド専用車として先行して発売されていたアクアの販売が好調であるため、後発のカローラへハイブリッドユニットを供給することができない問題がトヨタにはあった。特に駆動バッテリーの供給不足が深刻なようで、アクアの納期すら遅れ気味となっている。この問題が夏頃には改善し、カローラハイブリッドの発売が実現する見込みとなった。

カローラハイブリッドはアクアと同レベルの燃費性能を達成

カローラハイブリッドはアクアよりボディサイズが大きいため重量増となるが、更なるシステムの改良により、その燃費性能はアクアのJC08モード35.4km/Lと同水準を達成する可能性が高いとされている。ただし、リチウムイオンバッテリーの採用には至らず、従来通りニッケル水素バッテリーを使ったシステムとなるだろう。

まだフルモデルチェンジから一年と経っていない新型カローラであるが、先月2012年12月の販売台数は4758台と伸び悩む状況となっている。まだまだニューモデルイメージの強い時期でのハイブリッドグレード投入により、販売の巻き返しといきたいところだ。

コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント