car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

トヨタ

カローラフィールダー新型2代目(E14型)の評判と実燃費レポート

投稿日:2011/01/06 更新日:

カローラフィールダー

新型カローラフィールダーのエンジンは1.8Lの2ZR-FAEと1.5Lの1NZ-FEが用意されている。より大きなエンジンパワーを求めることよりも燃費性能や自動車税などの経済性を重視する最近の傾向で1.5Lの1NZ-FEを搭載したモデルの方が人気が高い。

新型カローラフィールダーの実燃費の口コミ評価

ユーザーからの燃費レポート

1NZ-FE搭載の1.5L,CVTモデルでは14~17km/Lぐらいの口コミが多いです。
2ZR-FAE搭載の1.8L,CVTモデルでは、燃費は悪化傾向が強く10~14km/L程度の評判となっています。

エンジン性能とCVTのバランスで低燃費を実現

新型フィールダーのトランスミッションはトヨタSuper CVT-iの採用となっている。
可変バルブタイミング機構は1NZ-FEは排気のみであるが、2ZR-FAEはデュアルVVT-iとして吸排気に採用されスポーティーなエンジン性能を楽しむことができる。

新型カローラフィールダーの新車と中古車相場

カーオークション相場

開催月(2010/10~2010/11)
NZE141G 1.5L CVT 2008年式 走行45,000km 評価5.0点 ホワイト ¥1,016,000-
ZRE142G 1.8L CVT 2008年式 走行36,000km 評価4.5点 ブラック ¥1,330,000-
NZE144G 1.5L CVT 2008年式 走行37,000km 評価4.5点 シルバー ¥1,130,000-

新古車の新型フィールダー、カーオークション相場

開催月(2010/10~2010/11)
NZE141G 1.5L CVT 2010年式 走行0km 評価S点 ブラック ¥1,555,000-
NZE141G 1.5L CVT 2010年式 走行3,000km 評価4.5点 ブラック ¥1,615,000-
NZE141G 1.5L CVT 2010年式 走行0km 評価S点 シルバー ¥1,503,000-

新車の価格帯

DBA-NZE141G-AWXNK(1.5L,FF,CVT)が最も販売されているタイプで¥1,595,000~という価格設定である。これにLEDスリットビームストップランプ付きリアスポイラー、運転席、助手席バニティミラー付きサンバイザー、オートエアコン、サイドターンランプ付きドアミラー等の装備が付いた1.5X G EDITIONが¥1,750,000~。専用フロントグリル、LED式テール&ストップランプ、カラードフロントスポイラーマッドガード、スポーツシートなどの装備が標準化された1.5X AEROTOURERが¥1,830,000~となる。

新型カローラフィールダーの長所

インテリアの品質

カローラーフィールダー2
このクラスで高級な雰囲気を出しているのは唯一このカローラフィールダーだけである。見た感じの手抜き箇所がなく、パーツごとの繋ぎ目もぴったり合っていて欠点が見えない。
シートも手抜きがなく、しっかり腰をサポートしてくれるため長時間の運転でも疲れない部類に入る。座面長も短いということはない。後席もウィングロードのようなスライドシートで極端に広くできるなど、若者が喜びそうな機能はないが、十分な広さで文句が出ることはないだろう。

新型カローラフィールダーの欠点、短所

営業車のイメージ

カローラフィールダー1
優れた燃費性能、広い荷室、恥ずかしくない内装、最もトラブルが少ないと噂される車種、これが低価格で手に入れられるとなれば、当然、社用車として使われるパターンが多く、決してカッコイイ車ではない。家庭向けのレジャー用途であれば、こういったイメージを少しでも払拭させるため、ボディ色にホワイトやシルバーではなく赤を選ぶ人も多い。あるいは、エアロツアラーなどの上級グレードの選択肢もある。

見えないところでコストダウン

サスペンション形式は前がマクファーソンストラットコイルで、後がトーションビームコイル式となっている。トヨタ以外のメーカーではこのクラスの車種にもより上位のサスペンション性能で対抗してきている。新型フィールダーはハンドリングに楽しさこそないが、昔のトヨタ車にありがちだったフワフワしたセッティングではないので、車酔いしやすかったり足回りが軟らかすぎて疲れるということはない。

コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント

-トヨタ
-


comment

関連記事

プリウスプラグインハイブリッド

プリウスPHV価格は320万円、JC08モード燃費61プラグインハイブリッド

プリウスPHV(プラグインハイブリッド)の予約を受付中 (写真は、東京モーターショーに展示されたプリウス・プラグインハイブリッド) ハイブリッドカーに続く次世代環境車の開発競争が各社で行われているが、 …

コペン セロ

パッソ2016年4月11日フルモデルチェンジ、姉妹車ブーンも同時デビュー

新型パッソ、ブーンが今春デビュー、ダイハツ開発生産モデル Aセグメントコンパクトカー、トヨタ・パッソおよびダイハツ・ブーンのフルモデルチェンジが2016年4月11日に実施される予定となっている。 (写 …

no image

トヨタ・アクアが6月19日マイナーモデルチェンジ、X-クロスオーバー追加

トヨタ後期型アクアはフェイスリフト実施、X-クロスオーバー発売 アクアのマイナーモデルチェンジが2017年6月19日に予定されている。 (写真は現行アクア) 2011年12月に発売されたアクアは販売期 …

G's プリウス

プリウスの2013年モデルはカラーバリエーションが増える

2013年プリウスはカスタマイズ性で勝負 現行の3代目プリウスは2009年にZVW30型としてデビュー。 既に二年半を過ぎる時期に来ているものの、2万台/月ペースで販売される勢いは衰えておらず、昨年2 …

no image

エスティマは2016年4月にビッグマイナーチェンジで延命、エクステリア一新

エスティマがビッグマイナーチェンジで2年間販売延長、エクステリア大幅変更 現行エスティマは2006年より販売されるロングセラーモデル。これまで何度かフルモデルチェンジの噂が立ったがいずれも延期となり、 …

新着コメント

Tjクルーザー

トヨタ・Tjクルーザーのワールドプレミアが予定、積載力の高い小型SUV

GR HVスポーツコンセプト

トヨタ・GR HV SPORTS conceptが東京モーターショーでワールドプレミア予定

ダイハツ DN トレック

ダイハツ・DNトレックが東京モーターショー出品予定、ビーゴ後継コンセプト

次期フォレスター VIZIV FUTURE CONCEPT

フォレスターのフルモデルチェンジは2017年秋発表、2018年春発売の予測

マークX

トヨタ現行マークXを2019年に生産終了予定、後継モデル計画は白紙

アリオン

トヨタのプレミオ&アリオンがマイナーモデルチェンジ、新エクステリア採用

WRC YARIS

ヴィッツ現行型でモデル名を廃止する可能性、ヤリスの車名を日本導入か

ヤリス GRMN フランクフルト2017

ヴィッツGRMN 2018年春発売へ、1.8L+スーパーチャージャー搭載で212hp

エレーヌ アウディ

アウディ・エレーヌ、レベル4自動運転スポーツEV、東京モーターショー出品予定

バモス

ホンダ・バモスに19年ぶりのフルモデルチェンジ計画、ミッドシップ廃止でFF化

オデッセイ アブソルート ハイブリッド

ホンダ・オデッセイが11月マイナーモデルチェンジ、東京モーターショー出品

クラウンコンセプト

クラウンコンセプト東京モーターショー出品確定、2018年夏発売予定

CX-8 インテリア

マツダ新型CX-8は今夏発表後先行オーダー開始か、秋発売のスケジュール

BMW8 コンセプト

BMW 8シリーズが約20年ぶりにフラグシップに復活、コンセプトモデル画像

デリカ D:5

三菱自動車D:5後継デリカD:6はエルグランドとプラットフォーム共用か

T-Roc フランクフルトモーターショー2017

フォルクスワーゲン・T-Roc、新型BセグメントクロスオーバーSUVが欧州発売

C-HR hy-power コンセプト フランクフルト2017

C-HR Hy-Powerコンセプト、新開発ハイブリッドパワートレイン搭載を予告

ポルトフィーノ マフラー

フェラーリ新型ポルトフィーノ画像、3855cc V8ターボは600psに進化

NX300 リアコンビネーションランプ

レクサスNXがマイナーモデルチェンジで後期型に、フランクフルト画像

ステップワゴン スパーダ ハイブリッド

ホンダ・ステップワゴン スパーダ ハイブリッド発売、約330万円より

CR-V ハイブリッド フロントグリル

ホンダ・CR-Vハイブリッド プロトタイプが欧州発表、日本発売の可能性はあるか

EV-STER

Nスポーツの市販プロトが東京モーターショーに出展される見込み、ビート後継車

ランドクルーザー プラド

ランドクルーザープラドがマイナーモデルチェンジ後期型、フランクフルト画像

レクサスCT200h

レクサスCT200hが今夏のマイナーモデルチェンジで後期型へ、FMCは2019年以降

北米仕様 インサイト

ホンダ・インサイト復活、3代目は居住性向上と新開発i-MMDハイブリッド搭載

BMW i ヴィジョンダイナミクス フランクフルト2017

BMW i Vision Dynamics画像、次世代4シリーズEVあるいはi5シリーズを提案

BMW X7コンセプト

BMWがコンセプト X7を発表、次世代型キドニーグリル採用で2018年市販化

コンセプト Z4 フランクフルトモーターショー2017

BMW コンセプトZ4がフランクフルトモーターショー2017で出品、画像

ポロ GTI リアシート

ポロGTI新型、フォルクスワーゲンがフランクフルトモーターショーで車両公開

aspark owl フランクフルトモーターショー2017

ASPARK OWLがフランクフルトショーデビュー、新興日系スーパーEVメーカー